トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 初級簿記
   Fundamental Bookkeeping
授業科目区分
経済学専門教育科目・会計学
担当者 井上 謙仁(講師)
グレード G1
テーマ 日商簿記検定3級の取得を目指すために必要となる最低限の簿記技能の習得
キーワード 簿記,会計学
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
4
コース 1年生 (経営)会計ファイナンスコース基本科目(2014年度以降入学生)
2年生 (経営)会計ファイナンスコース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経営)会計ファイナンスコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経営)会計ファイナンスコース基本科目(2014年度以降入学生)

授業の目的及び概要 日商簿記検定3級レベルに相当する簿記技能の習得を目指します。
履修条件
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 会計は、ビジネスの「言語」であり、簿記は、その基礎部分に位置づけられるものです。簿記は、経済学部で学ぶ皆さんにとって、必ず学ぶべき科目のひとつとなります。税理士や公認会計士を目指す人はもちろん必須となりますが、民間企業に就職する人、あるいは公務員試験を受験する人にとっても、簿記の習得は、経済社会の動向の理解に役立ち、実際のビジネス活動に資することになります。なお、この科目は、学位授与方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
2. 経営学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
学修の到達目標 日商簿記検定3級を取得するために必要となる最低限の簿記技能の習得が到達目標となります。試験では、以上の技能が備わっているのかについて判断するための問題を出題します。
授業の方法 講義は、①論点の解説、②例題の解説、③問題の演習、の順番で行います。論点や例題の解説を聞くだけでなく、問題の演習を行ってこそ、簿記技能を身につけることができます。具体的な講義の流れは、①問題を解くために必要な論点について解説し、②その論点から例題を解く方法を提示し、③実際に問題を解く、というものになります。なお、ICTは使用しません。
授業外の学修(予習・復習等) 簿記を理解するための近道は、問題を地道にひたすら解くということです。予習は必要ありませんが、講義後は必ず復習を行ってください。
テキスト・参考書 テキスト:「よくわかる簿記シリーズ 合格テキスト日商簿記3級 Ver.9.0」TAC出版、2,160円(税込)。
問題集:「よくわかる簿記シリーズ 合格トレーニング日商簿記3級 Ver.9.0」TAC出版、1,620円(税込)。

テキストと問題集はできるだけ早めに購入してください。また、テキストと問題集に加えて、電卓も毎回忘れずに持参してください。その他に、適宜プリントを配布します。
成績評価の基準・方法 本講義は、小テスト:30%+中間試験:20%+期末試験:50%で評価します。期末試験100%で評価することも可能ですので、諸事情により期末試験のみの評価を希望する学生は初回の講義時に申し出てください。なお、講義中に私語をしたり騒音をたてたりなどの他の学生に迷惑のかかる行為をした場合には、大幅に減点します。
履修上の注意事項など 講義中の私語、携帯電話での通話、騒音を立てるなどの意欲的な学生の邪魔となる行為は、絶対に行わないでください。これらの行為が悪質であると判断した場合は、大幅な減点、あるいは単位認定を行わないこともあります。
この科目の履修にあたって 簿記は、コツコツと勉強することで習得できるものです。はじめのうちは難しく思うかもしれませんが、日々コツコツと問題に取り組んでみてください。知識が身についてくると、簿記を学ぶことが楽しく感じるようになるでしょう。
オフィスアワー


第1回 ガイダンスと簿記の基礎

1. 授業計画・評価方法について
2. 簿記について
3. 財務諸表と簿記の5要素
4. 会計期間と簿記の手続き

第2回 記帳のルール 1

1. 記帳のルール
2. 仕訳と勘定記入

第3回 記帳のルール 2

1. 仕訳の練習
2. 記帳手続①(日常の手続き〜帳簿への記録)

第4回 記帳のルール 3・簿記一巡の手続き

1. 記帳手続②(期末の手続き〜決算)
2. 記帳演習
3. 簿記一巡の手続き(まとめ)

第5回 商品売買Ⅰ(記帳方法)・商品売買Ⅱ-1(掛け・手付金等)

1. 商品売買取引
2. 分記法による商品売買取引の記帳
3. 三分法による商品売買取引の記帳
4. 現金による代金の受け払い
5. 掛けによる売買

第6回 商品売買Ⅱ-2(掛け・手付金等)・商品売買Ⅲ(返品・値引き)

1. 手付金や内金の処理
2. 返品・値引き
3. 仕入側の処理
4. 売上側の処理

第7回 商品売買Ⅳ(当座取引)・商品売買Ⅵ(送料等)

1. 当座預金
2. 他人振出の小切手(通貨代用証券)
3. 商品の移動に必要な支払い
4. 立替払いの諸掛り

第8回 商品売買Ⅴ(手形)

1. 約束手形
2. 手形の譲渡

第9回 商品売買Ⅶ-1(帳簿)

1. 帳簿組織
2. 主要簿
3. 補助簿①(補助記入帳)
4. 補助簿②(補助元帳)

第10回 商品売買Ⅶ-2(帳簿)

1. 商品有高帳の記帳方法
2. さまざまな帳簿(まとめ)

第11回 その他の取引Ⅰ(小口現金等)

1. 小口現金制度
2. 普通預金と定期預金
3. 当座借越契約

第12回 その他の取引Ⅱ(貸付け・借入れ等)・その他の取引Ⅲ(商品券)

1. 金銭の貸付けと借入れ
2. 利息について
3. 手形の売却(値引き)
4. 商品券とは
5. 他店が発行した商品券を受け取ったとき
6. 当店が商品券を発行したとき

第13回 その他の取引Ⅳ(給料等)

1. 従業員の雇用
2. 一時的な立替払いや預り金の処理
3. 給料の支払い
4. 内容不明の支払いや入金の処理

第14回 その他の取引Ⅴ(固定資産等)

1. 固定資産
2. 有形固定資産の売却
3. 商品以外の代金の後払い
4. 租税公課

第15回 その他の取引Ⅵ(有価証券)

1. 有価証券
2. 株式の配当と公社債の利息

第16回 その他の取引Ⅶ(個人企業の資本)・その他の取引Ⅷ(訂正仕訳)

1. 個人企業(個人商店)の資本金
2. 元入れ
3. 資本の引き出し
4. 仕訳の誤り
5. 訂正仕訳

第17回 中間テスト

中間テストを実施します

第18回 試算表 1

1. 試算表とは

第19回 試算表 2

1. 試算表作成問題の解答手順

第20回 決算

1. 決算とは
2. 決算整理
3. 未処理事項等
4. 精算表

第21回 決算整理Ⅰ(現金過不足)・決算整理Ⅱ(消耗品)・決算整理Ⅲ(売上原価)

1. 現金過不足の処理(期中取引)
2. 現金過不足の整理(決算整理)
3. 決算日の現金実査にもとづく現金過不足の処理(決算整理)
4. 消耗品とは
5. 消耗品の購入(期中取引)
6. 消耗品の整理(決算整理)
7. 三分法の記帳
8. 売上原価および売上総利益の計算
9. 売上原価を算定するための仕訳(決算整理)

第22回 決算整理Ⅳ(貸倒れ)

1. 貸倒れとは
2. 貸倒れの見積り①(決算整理)
3. 売上債権の貸倒れ処理(期中取引)
4. 前期以前に貸倒れ処理した債権の回収(期中取引)
5. 貸倒れの見積り②〜差額補充法(決算整理)

第23回 決算整理Ⅴ(減価償却)

1. 有形固定資産の減価償却(決算整理)
2. 減価償却している有形固定資産の売却(期中取引)

第24回 決算整理Ⅵ-1(繰延べ・見越し)

1. 収益および費用の記録
2. 費用の繰延べ
3. 収益の繰延べ
4. 費用の見越し
5. 収益の見越し

第25回 決算整理Ⅵ-2(繰延べ・見越し)・精算表

1. 決算整理(まとめ)
2. 精算表

第26回 帳簿の締め切り(米英式決算)・損益計算書と貸借対照表

1. 帳簿(勘定)の締め切り
2. 財務諸表の作成
3. 簿記一巡の手続き

第27回 伝票

1. 証ひょう
2. 伝票とは
3. 三伝票制
4. 一部現金取引
5. 総勘定元帳への転記
6. 得意先元帳および仕入先元帳への転記

第28回 総合問題演習 1

簿記技能定着のための演習

第29回 総合問題演習 2

簿記技能定着のための演習

第30回 会計学と簿記

簿記が経済社会において果たす役割について