トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 韓国語Ⅰ
   Korean Ⅰ
授業科目区分
共通教育科目・基礎科目(一般外国語コース)
担当者 金 成秀(教授),仲島 淳子(講師)
グレード G2
テーマ はじめての韓国語
キーワード ハングル,隣の国,親しみやすい言語,入門
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 この授業は、初修外国語としての、韓国語の基本的な知識を修得することを目標とする。まず、韓国語の文字であるハングルの表記と発音を中心に学修し、韓国語の音、リズム、文法、表記等に親しみながら韓国語の構造の理解を図る。ハングルで書かれた簡単な文を読みながら、発音練習とディクテーションを中心とした聴解能力の向上を図る。また、ペアワークやグループワークを用いて簡単な会話練習を重ね、韓国語で挨拶や自己紹介等ができるようにする。
履修条件 特になし
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて修得する知識や能力のうち、幅広い教養と豊かな国際感覚を身につけることに役立つ。
学修の到達目標 ① 韓国語の基本的な知識を修得する。
② 韓国語の構造を理解する。
③ 韓国語の聴解能力の向上させる。
授業の方法 授業は、ポイントとなる文法や語彙を学んだ後、ペアワークやグループワーク等を中心に行われる。
授業外の学修(予習・復習等) 教科書を用いて予習・復習を行うこと。
テキスト・参考書 『ことばの架け橋』(生越直樹他、白帝社)
成績評価の基準・方法 授業への積極的参加度及び課題(40%)、期末テスト(40%)、小テスト(20%)
履修上の注意事項など
この科目の履修にあたって
オフィスアワー 金 成秀
火 13:00~14:30 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、英語の基礎、メンタル支援


第1回 科目紹介、韓国語について

本科目に関する概要説明
韓国朝鮮語の特徴

第2回 第1課(1)

単母音(ㅏ、ㅓ、ㅗ、ㅜ、ㅡ、ㅣ、ㅐ、ㅔ)

第3回 第1課(2)

子音(ㄴ、ㄹ、ㅁ、ㅅ、ㅎ)

第4回 第1課(3)

重母音(ㅑ、ㅕ、ㅛ、ㅠ、ㅒ、ㅖ)

第5回 第2課(1)

子音(ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ)

第6回 第2課(2)

子音(ㅋ、ㅌ、ㅊ、ㅍ) 

第7回 第2課(3)

子音(ㄲ、ㄸ、ㅃ、ㅆ、ㅉ)

第8回 第2課(4)

重母音(ㅘ、ㅙ、ㅝ、ㅞ、ㅚ、ㅟ、ㅢ)

第9回 第3課

終声、連音化

第10回 まとめ(1)

第1課~第3課の復習、小テスト

第11回 第4課(自己紹介をする①)

鼻音化、名詞+です、名詞+ですか

第12回 第4課(自己紹介をする②)

助詞(~는/은)

第13回 第5課(場所をたずねる:どこにありますか①)

指示詞、あります、ありません

第14回 第5課(場所をたずねる:どこにありますか②)

助詞(~가/이, ~에, ~도)

第15回 第6課(月日をたずねる:レポートはいつ出しますか①)

用言+です、用言+ですか

第16回 第6課(月日をたずねる:レポートはいつ出しますか②)

助詞(~를/을、~에서)、漢語系数詞

第17回 まとめ(2)

第4課~第6課の復習、小テスト

第18回 第7課(否定文を作る:そんなに高くはありません①)

激音化、用言文の否定形(1)

第19回 第7課(否定文を作る:そんなに高くはありません②)

名詞文の否定形

第20回 第7課(否定文を作る:そんなに高くはありません③)

固有語数詞、助数詞

第21回 第8課(尊敬文をつくる:お母さんも一緒に来られますか①)

口蓋音化、尊敬(시)

第22回 第8課(尊敬文をつくる:お母さんも一緒に来られますか②)

特殊な尊敬形、名詞の尊敬形

第23回 第8課(尊敬文をつくる:お母さんも一緒に来られますか③)

助詞(~부터、~까지、~의)

第24回 第9課(動詞を活用させる:プレゼント開けてみてください①)

ㅎの無音化、~してください

第25回 第9課(動詞を活用させる:プレゼント開けてみてください②)

~してみてください

第26回 第10課(해요体の文章をつくる:学校に何時に行きますか①)

해요体(用言)

第27回 第10課(해요体の文章をつくる:学校に何時に行きますか②)

해요体(体言)

第28回 第10課(해요体の文章をつくる:学校に何時に行きますか③)

用言文の否定形(2)

第29回 まとめ(3)

第7課~第10課の復習

第30回 授業の総括

授業の総括