トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 ドイツ語Ⅱ
   German Ⅱ
授業科目区分
共通教育科目・基礎科目(一般外国語コース)
担当者 堀内 泰紀(客員教授),ルベ・エマニュエル(教授)
グレード G2
テーマ ドイツ語初級。ドイツ語と日本語の表現を比較し、各々特有の言い回しを持つ文章を学生みずからが行き来し、さらには活用できるようにする。
キーワード ドイツ語の発音,文法の基礎力,コミュニケーションのためのドイツ語,ドイツ語の作文,変貌するドイツと日本
開講年度
2018
開講時期
配当年次
経済学部・法学部1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  春学期の「ドイツ語 Ⅰ」で掲げた目的及び概要をさらに深化させることを目指します。授業のレベルは、中学で学ぶ「英語」(義務教育)修了程度になります。就業力育成の面では、仕事で「ドイツ語」を使う職業に就くことはほとんど考えられませんので、「ドイツ語」を学ぶことを通じて、論理的で筋の通った日本語を使えるようになる、何よりも「書けるようになる」こと、そしてドイツ語が象徴するように「律儀」に仕事に取り組む姿勢と習慣を身に付けていただきたいです。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連)  「ドイツ語 Ⅰ」での位置づけを、さらに定着させたものになります。
学修の到達目標  「ドイツ語 Ⅰ」で習得した知識や技能にさらに磨きをかけ、「大学でドイツ語を選択し、学んでよかった」と、受講生それぞれが納得できるレベルに到達することが学修の目標です。1.「ドイツ語 Ⅰ」よりも難度の高い「和文独訳」と「独文和訳」ができる。2.ドイツ語を使ったコミュニケーションが「ドイツ語 Ⅰ」よりも円滑に行える。3.ドイツ語の発音が上達し、ドイツ語の聞き取りがうまくできる。
授業の方法  「ドイツ語 Ⅰ」での授業の方法を踏襲します。文法事項を説明した後、その練習問題と習得した文法事項を使った対話練習などに取り組みます。練習問題は、教科書以外にも必要に応じ担当者がコピーして配布します。教科書の予習、何よりも復習を怠らないで下さい。「ドイツ語 Ⅰ」と同じく、「レポートや授業のコメントペーパーについては、担当者がコメントを書いた上で返却します。」「小テストなどのテスト類については、採点し、模範解答を付けた上で返却します。」ドイツ文化に親しむ時間も、映像などを有効に活用し、「ドイツ語 Ⅰ」と同じく設けます。
授業外の学修(予習・復習等)  インターネット(You Tube)などを積極的に使って、「自学自習」の習慣を身に付けて下さい。ネットの世界は「英語」経由の情報であふれていますが、「英語」以外の視点から「世界」を見ることは、今後ますます重要になってきます。ドイツでは、紆余曲折を経て「新しい政権」が発足しました。それは、今後のEUの方向性や在り方を決めると言っても過言ではありませんので、授業外では特に注目して学修してください。
 「予習・復習」については、特に「復習」を重視し、疑問点などを自ら「発見」し、次回の授業での「理解と定着」に努めることが求められます。発音を反復して練習することも怠らず、少なくとも毎日20分程度は「ドイツ語」の勉強を継続してください。「継続は力」です。復習や繰り返し練習をしながら、着実にドイツ語を身につけていきましょう。
テキスト・参考書  堀内もルベも「ドイツ語Ⅰ」で使用したテキストを続けて使います。その他、補足として、和文独訳・独文和訳や文化紹介などには担当者が用意したプリントを配布して使います。
 参考書や文献などは、受講生の興味や関心に応じて適切なものを紹介しますので、「自学自習」に役立てて、能動的に勉強してください。
 
成績評価の基準・方法  「ドイツ語Ⅰ」と同様に、授業中に実施する中間・期末試験(30%)、およそ1か月に1~2回のペースで実施する小テスト(20%)、そして授業への「能動的参加」の度合い(50%)を「総合」して評価します。従って、たとえ出席していても、教室で眠っていたり、黙って座っているだけでは成績評価には何のプラスにもならないことを銘記しておいてください。その他の注意点も「ドイツ語 Ⅰ」のこの項目で明記したのと同じですので、「ドイツ語 Ⅰ」の単位を取ることができた人には自明のことです。
この科目の履修にあたって  「ドイツ語 Ⅰ」の履修にあたってで書いたことを、再度確認してください。この科目は、「ドイツ語 Ⅰ」の単位を取ることができた学生しか履修できません。従って、夏休み中の「自学自習」と「復習」を怠らず、春学期に「単位」が取れたことを励みにして、継続してこの科目を「能動的に」履修してください。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 はじめに

「ドイツ語Ⅰ」春学期最終試験の講評とオリエンテーションなど

【事前学習】「ドイツ語 Ⅱ」に臨む心構えを記述できるようにしておく
【事後学習】「講評」を聞いて、「弱点」を確認しておく

第2回 「ドイツ語Ⅰ」の復習(1)

文法事項の要点チェックと練習問題(1)。

【事前学習】指定した「ドイツ語 Ⅰ」の文法事項をよく読んでおく
【事後学習】「練習問題」の復習をしておく

第3回 「ドイツ語Ⅰ」の復習(2)

文法事項の要点チェックと練習問題(2)

【事前学習】同上
【事後学習】同上

第4回 前置詞(1)Kleidung und Mode(1)

衣服や身の回り品について述べることができる。
ドイツ語の名詞の「性と格」の復習。前置詞の格支配について。

【事前学習】同上
【事後学習】疑問点を見つけ、次回の授業で質問できるようにしておく

第5回 前置詞(2)Kleidund und Mode(2)

衣服や身の回り品について述べることができる。
3格支配の前置詞。

【事前学習】指定したテキストの箇所をよく読んでおく
【事後学習】同上

第6回 前置詞(3)In der Stadt(1)

位置関係を述べることができる、道案内ができる。
4格支配の前置詞。

【事前学習】同上
【事後学習】同上

第7回 前置詞(4)In der Stadt(2)

位置関係を述べることができる、道案内ができる。
3・4格支配の前置詞。
【事前学習】同上
【事後学習】同上

第8回 複合動詞(1) In der Stadt(3)

位置関係を述べることができる、道案内ができる。
分離・非分離動詞。
【事前学習】同上
【事後学習】同上

第9回 複合動詞(2)In der Stadt(4)

位置関係を述べることができる、道案内ができる。
分離・非分離動詞。時刻の表現。
【事前学習】同上
【事後学習】同上

第10回 話法の助動詞(1)Ferien(1)

休暇について述べることができる。
話法の助動詞。
【事前学習】同上
【事後学習】同上

第11回 話法の助動詞(2)Ferien(2)

休暇について述べることができる。
話法の助動詞。
【事前学習】
【事後学習】

第12回 話法の助動詞(3)Ferien(3)

休暇について述べることができる。
話法の助動詞。
【事前学習】同上
【事後学習】同上

第13回 未来形  Ferien(4)

休暇について述べることができる。
未来形
【事前学習】同上
【事後学習】同上

第14回 zu不定詞 Ferien(5)

休暇について述べることができる。
zu不定詞
【事前学習】同上
【事後学習】同上

第15回 再帰代名詞と再帰動詞(1)Koerper(1)

身体にかかわること、体調について話すことができる。
中間試験(予定)
再帰代名詞と再帰動詞。

【事前学習】同上
【事後学習】同上

第16回 再帰代名詞と再帰動詞(2)Koerper(2)

身体にかかわること、体調について話すことができる。
再帰代名詞と再帰動詞。

【事前学習】同上
【事後学習】同上

第17回 従属接続詞と従属文(1)Koerper(3)

身体にかかわること、体調について話すことができる。
従属接続詞と従属文。

【事前学習】同上
【事後学習】同上

第18回 従属接続詞と従属文(2)Koerper(4)

身体にかかわること、体調について話すことができる。
従属接続詞と従属文。

【事前学習】同上
【事後学習】同上

第19回 従属接続詞と従属文(3)Koerper(5)

身体にかかわること、体調について話すことができる。
従属接続詞と従属文。

【事前学習】同上
【事後学習】同上

第20回 現在完了形、過去形(1)Aktivitaeten(1)

過去の出来事や思い出について話すことができる。
現在完了形(1)

【事前学習】同上
【事後学習】同上

第21回 現在完了形、過去形(2)Aktivitaeten(2)

過去の出来事や思い出について話すことができる。
現在完了形(2)

【事前学習】同上
【事後学習】同上

第22回 現在完了形、過去形(3)Aktivitaeten(3)

過去の出来事や思い出について話すことができる。
過去形(1)

【事前学習】同上
【事後学習】同上

第23回 現在完了形、過去形(4)Aktivitaeten(4)

過去の出来事や思い出について話すことができる。
過去形(2)

【事前学習】同上
【事後学習】同上

第24回 非人称構文 Wetter und Statistik(1)

天気や日付の表現ができる、統計資料を読んで判断できる
非人称のesとその用法。

【事前学習】同上
【事後学習】同上

第25回 形容詞の格変化(1)Wetter und Statistik(2)

天気や日付の表現ができる、統計資料を読んで判断できる。
形容詞の格変化(1)

【事前学習】同上
【事後学習】同上

第26回 形容詞の格変化(2)Wetter und Statistik(3)

天気や日付の表現ができる、統計資料を読んで判断できる。
形容詞の格変化(2)、形容詞の比較級と最上級(1)

【事前学習】同上
【事後学習】同上

第27回 形容詞の格変化(3)Wetter und Statistik(4)

天気や日付の表現ができる、統計資料を読んで判断できる。
形容詞の比較級と最上級(2)

【事前学習】同上
【事後学習】同上

第28回 文法補足 Ergaenzung zur Grammatik

その他の重要な初級文法事項の補足。

【事前学習】同上
【事後学習】同上

第29回 まとめ

授業中最終試験への「練習問題」と「ドイツ語学習」の総括。

【事前学習】同上
【事後学習「練習問題」を使っての「弱点補強」

第30回 おわりに

ドイツ語の初級から、さらにドイツ語の勉強を継続するための勉強のアドヴァイスなど。ドイツ語学習へのモチベーションを高めるためのドイツ語圏への旅行の勧めなど。

【事前学習】大学で「ドイツ語」を履修した感想や意見を記述できる準備
【事後学習】ドイツやEUに関心を持って、「自学自習」を継続すること