トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 視聴覚英語(基礎)
   Audio-Visual English
授業科目区分
共通教育科目・基礎科目(一般外国語コース)
担当者 C・ルーデンクロー(講師),グレン・マイケル・ブラウン(講師)
グレード G2
テーマ 英語でのコミュニケーション
キーワード
開講年度
2017
開講時期
春・秋
配当年次
経済学部・法学部1
単位数
2

授業の目的及び概要 基礎レベルの授業。情報の分析、コミュニケーションの能力の向上を目指す。なお、インターネット等の使用によって、英語の資料の検索、文章を作成する。
履修条件 -
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目では、学位授与方針(DP)に定める。学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力に掲げられている「外国語活用能力」を身につける。
また、共通教育科目の「基礎科目」に位置付けられている。
「英語」の読解教材や、その他副教材を読み解きながら、国内外で起こっている諸課題や多様な文化について学ぶ機会を豊富に提供する。また、英語学修を通して、学生が将来必要とする、コミュニケーション能力や異文化に対する寛容性、理解力育成の素地を築く。
学修の到達目標 コミュニケーションのストラテジーを身につけて、高度のリスニングやコミュニケーション・スキルの向上を図る。
インターネットやソフトウェアの使用によって、書式が整っている英語の文章・課題を作成する。
教科横断的学習の環境のなかで、コンピュータ能力を向上する課題が多く入っている。

授業の方法 このコースの「視覚的」な要素は、双方向のコンピュータを使用する課題である。「聴覚的」な要素は、教科書に関連するビデオ・オーディオの資料を含める。この二つの要素によって、学生が英語のコミュニケーション能力を向上する。
ワークシートも利用される。
授業内のスピーキング・アクティビティは、ペアワークとグループワークを基本とする。
また、個別に課題の提出が必要である。課題については適宜フィードバックする。

授業外の学修(予習・復習等) 教科書を利用して予習、復習する。
また、課題に取り組むこと。
テキスト・参考書 教科書:『Interchange Book Intro B (Full Contact)』(第4版)
著者:Jack C. Richards
出版社:Cambridge University Press
成績評価の基準・方法 課題40%
レビュークイズ等40%
授業の参加・貢献20%
履修上の注意事項など 必ずプレースメントテストを受験すること。
授業には、必ず英和辞典もしくは、電子辞書を持参すること。
授業中は、携帯電話、スマートフォン、及び通信機能を持つ機器のアプリ使用は、一切禁止する。(カバンのなかにしまった状態)。
*「授業計画」は、学生の学修状況に応じて変更することがある。
この科目の履修にあたって 特になし。
オフィスアワー


第1回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 1

コースの概要。情報の確認。

第2回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 2

自己紹介とあいさつ。

第3回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 3

食生ピラミッド、よくある食べ物、デザート、食事に関する表現。

第4回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 4

好き嫌いや食べる習慣に関する表現。頻度を表す副詞。

第5回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 5

スポーツ、特技などに関する表現。

第6回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 6

特技やスキルについての質問。WH語と「can」を使う質問。

第7回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 7

特技や能力を説明する表現。数量を表す副詞。

第8回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 8

特技や能力について聞き方、答え方について。

第9回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 9

予定を立てるときの表現。確定した予定とあり得る予定について。

第10回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 10

将来の時間に関する表現。習慣について。

第11回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 11

月、曜日、時間などの表現。未来を表す「be going to」、「yes」と「no」の使い方について。

第12回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 12

バカンス、イベントや行事に関する表現。WH語と「be going to」を使う表現。将来を表す時間の表現。

第13回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 13

身体の部分、健康問題について。積極性・消極性を帯びる形容詞について。命令形の使い方。

第14回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 14

健康問題やアドバイス、薬の名前について。

第15回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 15

店の種類や説明。場所を描写する表現。

第16回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 16

買い物、買いたいものの説明、値段について。

第17回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 17

観光地を説明する表現。場所に関する前置詞について。

第18回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 18

場所の説明や、命令形を使った道案内の表現。

第19回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 19

週末や暇の活動についての表現。

第20回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 20

現在の活動についての聞き方と答え方。

第21回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 21

日課と趣味についての表現。

第22回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 22

バカンスと夏休みの活動。過去と将来のアクティビティについて。

第23回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 23

個人情報の聞き方と答え方。

第24回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 24

学校の生活について。個人情報の聞き方と答え方。

第25回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 25

年の言い方。過去の経験や思い出についての説明。

第26回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 26

人のいる場所を説明する表現。前置詞句。主語と目的語の代名詞。

第27回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 27

招待をするとき、承諾や拒否するときの表現。気持ちを説明する表現。

第28回 スピーキングとリスニングの練習及び関連タスク 28

伝言を伝えるとき、言い訳をするとき、理由を説明するときの表現。

第29回 復習

学期で学習した内容の復習。

第30回 発表・課題

最終の発表、課題の提出。