トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 情報科学演習
   Seminar in Information Science
授業科目区分
共通教育科目・総合科目(情報分野)
担当者 山木 和(教授)
グレード G2
テーマ 国家資格である「ITパスポート資格」の取得を目指す
キーワード ITパスポート,ストラテジ,マネジメント,テクノロジ
開講年度
2018
開講時期
春・秋
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 インターネット社会に住む私たちにとってICT(情報通信技術)は必須のアイテムになっており、今やビジネスはICTによって牽引されているといっても過言ではない。
この科目は、時代をリードし生き抜くために“職業人として備えておくべき、ICTに関する共通的な基礎知識を習得した者”を目指した国家試験である「ITパスポート試験」の合格を目標としている。
そのために必要な、ストラテジ(情報戦略)系の企業と法務、経営戦略、システム戦略、マネジメント(情報管理)系の開発技術、プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント、テクノロジ(情報技術)系の基礎理論、コンピュータシステム、技術要素に関する知識の解説および演習を行う。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DPとの関連) この科目では、学位授与の方針(DP)を踏まえて、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、「情報活用能力」を身につけます。この科目は、共通教育科目の「総合科目(情報分野)」に位置づけられています。
この科目は、ITパスポート試験対策科目であり、本科目を履修する前に、共通教育科目・一般教養科目(情報分野)の「情報システム論」、「ハードウェア論」、「ソフトウェア論」、「ネットワーク論」を履修していることが望ましいです。
学修の到達目標 ITに関する知識にとどまらず、企業活動、経営戦略、会計や法務など、ITを活用する上で前提となる幅広い知識がバランス良く習得する。
①情報セキュリティや情報モラルに関する知識を身に付ける
②企業コンプライアンス・法令遵守に貢献する正しい知識が身に付ける
③経営戦略、財務など、経営全般に関する基礎知識が身に付ける
④業務に必要なITの基礎知識が身に付ける
上記知識を身に付け、国家試験である「ITパスポート試験」が合格するレベルに到達することを目標とする。
授業の方法 ITパスポート試験に出題される問題の答案練習を中心に行う演習です。演習ではまず、資格を取得するために必要な基本事項を説明し、次に各単元の確認問題を解くことによって知識の定着を図る。国家資格に合格するためには、ITパスポート試験の出題範囲に出てくる基本的な用語・概念などを理解することが大事なので、連想ゲームみたいにキーワードをつなげることができることが理想である。そうすると大抵の問題は解ける。また、試験問題に慣れることが肝要なのでテキストに掲載されている確認問題224問をすべて解き、理解することを目標にする。授業では、コンピュータを使って毎回の授業で学んだ15個の重要語句解説をレポートとして宿題を課し、理解度を図るために次回の授業で宿題15個の用語のうち3個をピックアップして小テストを実施する。
授業外の学修(予習・復習等) テキストを用いて予習・復習を行っておくこと。また、宿題で課せられた重要語句解説のレポートを作成しながら、キーワード2つくらい使って用語解説ができるよう授業外の学修を30分以上をしてほしい。
テキスト・参考書 テキストは、平成30年度版「栢木先生のITパスポート教室」 (技術評論社)
参考書は、「ITパスポート試験 対策テキスト&過去問題集 平成30-31年度」(FOM出版)
成績評価の基準・方法 授業の到達目標の達成度を評価基準にする。達成度は、授業への積極的参加態度(15%程度)、レポート・小テスト(15%)および実力テスト(30%程度)、総括テスト(40%程度)などによって総合的に評価する。
この科目の履修にあたって
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 授業オリエンテーション

授業の概要、ITパスポート試験の概要を説明します。

第2回 第1章 ハードウェア

コンピュータの種類と特徴、入出力装置の種類と特徴を学びます。

第3回 第2章 ソフトウェア

OSの目的・機能・特徴、ファイル管理、ソフトウェアパッケージの特徴と基本操作、オープンソースソフトウェア(OSS)の特徴を学びます。

第4回 第3章 システム構成

システムの構成、クライアントサーバシステム、Webシステムの特徴、システムの性能・信頼性・経済性の考え方について学びます。

第5回 第4章 ネットワーク

ネットワークの種類と構成、IPアドレスやネットワーク機器、通信プロトコル、インターネットの特徴と基本的な仕組みに関する理解を深める。

第6回 第5章 セキュリティ

情報セキュリティの基本的な考え方、技術的セキュリティ対策、物理的・人的セキュリティ対策の考え方、認証技術の種類と特徴、暗号化技術の仕組みと特徴に関する理解を深める。

第7回 中間試験

理解度を把握するために、模擬試験形式の問題(50問)で実力テストを実施する。

第8回 第6章 データベース

データベース管理システム(DBMS)、データの分析・設計、データベースのモデルの特徴、操作方法、処理方法について学ぶ。

第9回 第7章 アルゴリズムとプログラミング

アルゴリズムとデータ構造の基本的な考え方,流れ図の表現方法、プログラミングの役割、HTML,XMLなどのマークアップ言語の種類とその基本的な使い方について学ぶ。

第10回 第8章 マネジメント1

システム開発のプロセスの基本的な流れ、見積りの考え方、代表的な開発モデルや開発手法に関する意義や目的について学ぶ。

第11回 第8章 マネジメント2

プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント、システム監査に関する理解を深める。

第12回 第9章 企業活動と法務

企業活動や経営管理に関する基本的な考え方、各種業務分析・課題解決手法、会計と財務の基本的な考え方、知的財産権、セキュリティ関連法規、個人情報保護法など身近な職場の法律、ソフトウェアライセンス、企業の規範に関する考え方を学ぶ。

第13回 第10章 経営戦略とシステム戦略

経営戦略マネジメント、技術戦略マネジメント、ビジネスインダストリ、システム戦略、システム企画等について理解を深める。

第14回 期末試験対策

テクノロジ系(基礎理論、コンピュータシステム分野、技術要素分野、特にネットワーク技術)、ストラテジ系・マネジメント系の重点解説とe-learningによる演習を行う。

第15回 授業の総括

理解度を把握するために、模擬試験形式の問題(50問)で実力テストを実施する。