トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 情報科学演習
   Seminar in Information Science
授業科目区分
共通教育科目・総合科目(情報分野)
担当者 山木 和(教授)
グレード G2
テーマ 国家資格である「ITパスポート資格」の取得を目指す
キーワード ITパスポート,ストラテジ,マネジメント,テクノロジ
開講年度
2017
開講時期
春・秋
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 インターネット社会に住む私たちにとってICT(情報通信技術)は必須のアイテムになっており、今やビジネスはICTによって牽引されているといっても過言ではない。
この科目は、時代をリードし生き抜くために“職業人として備えておくべき、ICTに関する共通的な基礎知識を習得した者”を目指した国家試験である「ITパスポート試験」の合格を目標としている。
そのために必要な、ストラテジ(情報戦略)系の企業と法務、経営戦略、システム戦略、マネジメント(情報管理)系の開発技術、プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント、テクノロジ(情報技術)系の基礎理論、コンピュータシステム、技術要素に関する知識の解説および演習を行う。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目では、学位授与の方針(DP)を踏まえて、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、「情報活用能力」を身につけます。この科目は、共通教育科目の「総合科目(情報分野)」に位置づけられています。
この科目は、ITパスポート試験対策科目であり、本科目を履修する前に、共通教育科目・一般教養科目(情報分野)の「情報システム論」、「ハードウェア論」、「ソフトウェア論」、「ネットワーク論」を履修していることが望ましいです。
学修の到達目標 ITに関する知識にとどまらず、企業活動、経営戦略、会計や法務など、ITを活用する上で前提となる幅広い知識がバランス良く習得する。
①情報セキュリティや情報モラルに関する知識を身に付ける
②企業コンプライアンス・法令遵守に貢献する正しい知識が身に付ける
③経営戦略、財務など、経営全般に関する基礎知識が身に付ける
④業務に必要なITの基礎知識が身に付ける
上記知識を身に付け、国家試験である「ITパスポート試験」が合格するレベルに到達することを目標とする。
授業の方法 ITパスポート試験に出題される問題の答案練習を中心に行う演習です。使用テキストは、「情報システム論」、「ハードウェア論」、「ソフトウェア論」、「ネットワーク論」と共通で、これらの科目を受講することにより、ITパスポート試験に必要な知識を習得することができる。ある程度のITパスポート取得に必要な知識を、習得していることを前提として授業を行うので、その知識がなければ演習で取り扱う内容を理解することは困難である。演習では、まず資格を取得するために必要な基本事項を説明する。次にいくつかの例題に挑戦していただき、知識の定着を図る。国家資格の合格のためには、本試験形式の問題に慣れることが重要なので、過去問題を中心に作成したチェックテスト、実力テスト等を定期的に行うことによって理解度の進捗を計る。また、授業では宿題レポート、小テストも実施する。
授業外の学修(予習・復習等) テキストを用いて予習・復習を行っておくこと。
テキスト・参考書 ITパスポート試験 対策テキスト&過去問題集 平成28-29年度
(FOM出版)
成績評価の基準・方法 授業の到達目標の達成度を評価基準にする。達成度は、授業への積極的参加態度(15%程度)、レポート・小テスト(15%)および実力テスト(30%程度)、総括テスト(40%程度)などによって総合的に評価する。
履修上の注意事項など 「情報システム論」、「ハードウェア論」、「ソフトウェア論」、「ネットワーク論」の他にも「表計算実践」や「プログラミング実践」などの他の情報関連科目を履修することを推奨します。国家試験合格を目標としている授業なので、かなり勉強しなければ取り残されてしまいます。高いモチベーションを持って授業に望むようにしてください。
この科目の履修にあたって
オフィスアワー 月 12:10~13:00 花岡コモンズ 授業の質問、数学の基礎、公務員試験対策、その他(ITパスポート関連科目、情報系資格試験対策、判断推理(論理)、判断推理(図形))
木 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 


第1回 授業オリエンテーション

授業の概要、ITパスポート試験の概要を説明し、続いてチェックテストを実施します。

第2回 ストラテジ(情報戦略)系1

ストラテジ系の企業と法務、経営戦略分野をストラテジ系1とし、サンプル問題の演習と解説を行う。

第3回 ストラテジ(情報戦略)系2

ストラテジ系のシステム戦略分野をストラテジ系2とし、サンプル問題の演習と解説を行う。

第4回 テクノロジ(情報技術)系1

テクノロジ系の基礎理論、コンピュータシステム分野をテクノロジ系1とし、サンプル問題の演習と解説を行う。

第5回 テクノロジ(情報技術)系2

テクノロジ系の技術要素分野をテクノロジ系2とし、サンプル問題の演習と解説を行う。

第6回 マネジメント(情報管理)系

マネジメント系の開発技術、プロジェクトマネジメント、サービスマネジメントのサンプル問題演習と解説を行う。

第7回 実力テスト1の実施

理解度を把握するために、模擬試験形式の問題(50問)で実力テストを実施する。

第8回 実力テスト1の分析と解説

実力テスト1の結果分析と解説を行う。4つのテーマ(3つの分野と中問)の正答率および弱点を把握し、今後の学習の重点ポイントを明確にする。

第9回 実力テスト2の実施

理解度を把握するために、模擬試験形式の問題(50問)で実力テストを実施する。

第10回 実力テスト2の分析と解説

実力テスト2の結果分析と解説を行う。4つのテーマ(3つの分野と中問)の正答率および弱点、実力テスト1との比較を行い、今後の学習の重点ポイントを明確にする。

第11回 要点解説1

テクノロジ系1(基礎理論、コンピュータシステム分野)の重点解説とe-learningによる演習を行う。

第12回 要点解説2

テクノロジ系2(技術要素分野、特にネットワーク技術)の重点解説とe-learningによる演習を行う。

第13回 要点解説3

ストラテジ系・マネジメント系の重点解説とe-learningによる演習を行う。

第14回 実力テスト3の実施

理解度を把握するために、模擬試験形式の問題(50問)で実力テストを実施する。

第15回 授業の総括

実力テスト3の結果分析と解説を行う。これまでの3回の実力テストの得点分布、正答率および弱点の累計データ分析比較を行い、今後の学習の重点ポイントを明確にすることによって授業内容の振り返りを行う。