トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 情報リテラシーB
   Information Literacy B
授業科目区分
共通教育科目・基礎科目
担当者 山木 和(教授),宮崎 裕(教授),崔 舜星(准教授),鈴木 聡(准教授),大島 淑恵(講師),宝利 剛(講師)
グレード G1
テーマ 情報リテラシー(情報通信技術(ICT)の活用能力)
キーワード 情報リテラシー,コンピュータ,情報通信ネットワーク,情報モラルと情報セキュリティ,ワープロソフト,表計算ソフト,プレゼンテーションソフト,P検
開講年度
2017
開講時期
配当年次
経済学部・法学部1
単位数
2

授業の目的及び概要 春学期開講の「情報リテラシーA」の後続科目です。本科目では「情報リテラシーA」で学修した情報通信技術(ICT)に関する基礎的な知識とスキルを土台に、ビジネスアプリケーション(ワープロ・表計算・プレゼンテーションソフト)に関するより実践的な能力の修得を目指します。

例えば、ワープロソフトであれば、単に操作ができるというだけではなく、ビジネス文書の書式を学びながら、自分のアイデアを企画書としてまとめる能力、また表計算ソフトも同じく、データの意味に応じて適切な表とグラフを作成し、報告書としてまとめる能力などの修得を目指します。

このような能力は、社会の隅々にまでICTが浸透している情報化社会にあっては、大学生としても、社会人としても重要な汎用的技能だといえます。本科目を修了することで、ICTの活用能力の基礎を身につけることが可能です。

以上の学修目標に基づき、本科目では、応用演習に取り組みます。その一つとして、特定のストーリーのもと実践的な課題に取り組む「ストーリー演習」を行います。また授業後半では、コンピュータや情報通信ネットワーク、情報モラルと情報セキュリティに関する基礎知識について学修します。

これらの学修の到達度を評価する基準として、ICTの利活用能力を評価する資格試験である「P検3級」を学期末に受験し、合格を目指します。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) ・本科目は、共通教育・基礎科目です。経済学部・法学部1年生の秋学期履修指定科目で、全1年生が履修します。
・本科目は、経済学部の学位授与の方針(DP)に定める「情報活用能力」を身につけるための基礎科目です。
・本科目は、法学部の教育課程編成・実施の方針(CP)に定める「社会人基礎力の基盤形成となる基礎学力の養成」に対応する科目です。
学修の到達目標 本科目を修了することで、下記のようなICTの活用能力を身に付けることができます。
具体的には以下の項目です。

1)キーボードを使って文字入力ができる(5分間で日本語300文字以上)。
2)ワープロソフト、表計算ソフト、プレゼンテーションソフトを用いて、目的に応じた文書や資料、プレゼンテーション資料を作成できる。
3)コンピュータ(ハードウェア、ソフトウェア)、情報通信ネットワーク、情報モラル、情報セキュリティに関する基礎知識について説明できる。
4)上記学修目標の集大成として「P検3級」試験に合格できる。

これらの学修目標の到達度を評価する基準として、ICT(情報通信技術)の利活用能力を評価する資格である「P検3級」の合格を目指します。同試験に合格することで、資格取得につながり、自らの能力を客観的に評価することが可能です。
授業の方法 ・春学期までの学修到達度に応じて、習熟度別にクラスを編成します。
・E号館のPC教室で、コンピュータを使った実践形式で実施します。
・授業は基本的にはテキストに沿って進めます。
・学修資料等は授業WEBシステムに掲載するので、任意に閲覧・ダウンロードしてください。P検試験対策の動画教材も公開します。
・課題の提出・管理は授業WEBシステムを使います。
・学期末に実施するP検試験は、終了後すぐに結果がフィードバックされます。不合格だった場合は再試験の機会も設定しますので、再度チャレンジしてください。
授業外の学修(予習・復習等) ・各回の授業で課題(ワープロ課題、プレゼンテーション課題、表計算課題など)を指定します。期限までに提出してください。成績評価の対象となります。
・授業の演習課題に関する教材、資料、提出課題の説明等は全て授業WEBシステムに掲載します。これらを使って、必要な予習や復習を行ってください。
・春学期(情報リテラシーA)のタイピングテスト、ワープロ実技テスト、表計算実技テストに合格できなかった方は、授業外で補習・再試験の機会を設定します。その機会を利用して、これらの試験を受験し、合格を目指してください。
テキスト・参考書 「P検合格シリーズ P検3級テキスト」(P検事務局編)
春学期のテキストを継続して使用します。

その他必要な資料は、授業にて配布し、授業WEBシステムにも掲載します。
成績評価の基準・方法 課題および学期末テスト、授業への積極的参加度などを総合して行います。

1)授業への積極的参加度(10点)
2)ワープロソフト課題(10点)
3)表計算ソフト課題(10点)
4)プレゼンテーションソフト課題(10点)
3)期末試験(60点)

合計60点以上が合格基準です。
履修上の注意事項など
この科目の履修にあたって 基本的には毎回の授業にしっかり出席し、課題に取り組めば、P検3級試験に合格することが可能です。特に授業前半期の「ストーリー演習」の課題に着実に取り組むこと、後半期のプリント教材をしっかり復習することが肝要です。
また、春学期にタイピング、ワープロ、表計算の各試験に不合格だった方は、秋学期の期間で復習・再試験の機会を設けます。その機会を積極的に活用して、これらのスキル修得を目指してください。
オフィスアワー


第1回 ガイダンス・P検3級模擬試験

■授業内容
1)本科目の授業ガイダンス
2)P検模擬試験や春学期の復習等

第2回 ストーリー演習(1)

■授業内容
1)ICTに関するトピックス紹介(授業最初5分程度)
2)ストーリー演習(ワープロソフト編)
 ・ワープロソフトを用いた文書課題の作成

■課題
 ・文書課題の作成

第3回 ストーリー演習(2)

■授業内容
1)ICTに関するトピックス紹介(授業最初10分程度)
2)ストーリー演習(ワープロソフト編)
 ・授業WEBシステムの電子掲示板を使ったグループワーク
 ・文書課題の完成と提出

■課題
 ・文書課題の提出

第4回 ストーリー演習(3)

■授業内容
1)ICTに関するトピックス紹介(授業最初10分程度)
2)ストーリー演習(表計算ソフト編)
 ・表計算ソフトを用いたデータ集計と報告書の作成

■課題
 ・データ集計と報告書の作成

第5回 ストーリー演習(4)

■授業内容
1)ICTに関するトピックス紹介(授業最初10分程度)
2)ストーリー演習(表計算ソフト編)
 ・授業WEBシステムの電子掲示板を使ったグループワーク
 ・データ集計と報告書の完成と提出

■課題
 ・データ集計と報告書の提出

第6回 ストーリー演習(5)

■授業内容
1)ICTに関するトピックス紹介(授業最初10分程度)
2)ストーリー演習(プレゼンテーションソフト編)
 ・プレゼンテーションソフトを用いたプレゼン資料の作成。

■課題
 ・プレゼン資料の作成

第7回 ストーリー演習(6)

■授業内容
1)ICTに関するトピックス紹介(授業最初10分程度)
2)ストーリー演習(プレゼンテーションソフト編)
 ・授業WEBシステムの電子掲示板を使ったグループワーク
 ・プレゼン資料の完成と提出

■課題
 ・プレゼン資料の提出

第8回 コンピュータ知識(1)

■授業内容
1)ICTに関するトピックス紹介(授業最初5分程度)
2)コンピュータ知識(教科書Lesson3)
 ・入力装置の種類と特徴
 ・出力装置の種類と特徴
 ・記憶装置の種類と特徴

第9回 コンピュータ知識(2)

■授業内容
1)ICTに関するトピックス紹介(授業最初10分程度)
2)コンピュータ知識(教科書Lesson3)
 ・デジタルデータの処理の概念
 ・デジタル化の利点や問題点
 ・コンピュータを利用したデータの管理や分析
 ・利用者サービスの種類

第10回 情報ネットワーク

■授業内容
1)ICTに関するトピックス紹介(授業最初10分程度)
2)情報通信ネットワーク(教科書Lesson4)
 ・情報通信システムの基本的な仕組み
 ・ホームページの仕組み
 ・電子メールの機能
 ・ネットワーク資源の基本的な活用
 ・ログオン/ログオン
 ・ソーシャルネットワークサービス

第11回 情報モラルと情報セキュリティ

■授業内容
1)ICTに関するトピックス紹介(授業最初10分程度)
2)情報モラルと情報セキュリティ(教科書Lesson5)
 ・情報モラルの重要性と注意事項
 ・個人情報保護の重要性と注意事項
 ・情報セキュリティの重要性と注意事項
 ・コンピュータウイルスに対する基本的な対処
 ・知的財産権や肖像権の重要性と注意事項

第12回 ICTを活用した問題解決

■授業内容
1)ICTに関するトピックス紹介(授業最初10分程度)
2)ICTを活用した問題解決(教科書Lesson6)
 ・グラフの読み取り
 ・フローチャート
 ・データベース
 ・トラブル対応

第13回 総合学習・復習(1)

■授業内容
1)これまでの復習とP検3級試験対策

第14回 総合学習・復習(2)

■授業内容
1)これまでの復習とP検3級試験対策

第15回 まとめ

授業のまとめ