トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 ソフトウェア論
   Software
授業科目区分
共通教育科目・一般教養科目(情報分野)
担当者 宮崎 裕(教授)
グレード G2
テーマ ソフトウェアの基礎を理解する
キーワード ソフトウェア,ソフトウェア開発プロセス・手法,プロジェクトマネジメント,サービスマネジメント,OR・IE,マルチメディア,知的財産権,アルゴリズムとプログラミング,データベース,情報セキュリティ対策
開講年度
2017
開講時期
春・秋
配当年次
1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 この授業では、ソフトウェアとその開発に関する知識の修得を目標とする。まず、ソフトウェアの種類や特性、データベースの設計に関する基礎的知識を学修する。ソフトウェアに関する基礎的知識に基づき、ソフトウェア開発のプロセスやテスト手法、プロジェクトマネジメントのプロセスやプロジェクト・スコープ・マネジメント、サービスサポートやファシリティマネジメントの基本的な役割や構成、システム環境整備の考え方等について理解を深める。
履修条件 特に予備知識は仮定しない. コンピューターの動作原理に興味をもつ学生, コンピューターを自在に動かして仕事をさせたい学生にとっては必要な事柄を学ぶことができる. 下にもあるようにこの科目はITパスポート試験の受験準備をしたい学生にとって, それを効率よく手助けするように計画されており, 将来ITパスポート試験を受験することを推奨しているが, ITパスポート試験の受験を考えていない学生の受講も歓迎する.
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目では学位授与の方針(DP)に定める, 学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち, 「情報活用能力」を身につける科目である.
共通教育科目のうち, 一般教育科目の情報分野に属する科目の1つであり, ITパスポート試験の出題範囲の大部分をこの科目がカバーする. 学生が将来(IT系であれ非IT系であれ)会社に就職して社会人となったとき, 職業人として身につけておくべき最低限の情報通信分野の知識と技術を修得するための科目のうちの1つである.
学修の到達目標 ITパスポート試験のソフトウェア関連分野の問題に正解するのに十分な程度の知識と技術を身につけることが具体的な到達目標である.
授業の方法 教科書を使用して進行する. 内容の理解を深め,知識を定着させるため,毎回レポート問題を出題する. 問題はITパスポートおよび初級シスアドの過去問から出題する.
授業外の学修(予習・復習等) 毎回出題されたレポート問題に取り組み, 次の授業のはじめまでに作成して提出することを求める. 提出されたレポートは随時採点の上返却する.
テキスト・参考書 「平成29年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室」 (技術評論社)

- この教科書を 「情報システム論」,「ソフトウェア論」, 「ハードウェア論」, 「ネットワーク論」,「情報
 科学演習」 の5科目で共通に使用する.
- 毎回の講義で参照するので必ず準備し持参すること.
成績評価の基準・方法 レポート点(40%)+期末試験(60%) で評価する。
履修上の注意事項など
この科目の履修にあたって
オフィスアワー 火 13:00~14:00 花岡コモンズ 数学の基礎、英語の基礎


第1回 ガイダンス

授業に関するアナウンス ITパスポート試験について
ソフトウェアについて

第2回 ソフトウェア

OS, ファイルの管理, 開発ツール,OSS

第3回 ヒューマンインタフェース・マルチメディア・情報に関する理論

GUI, マルチメディア技術, 情報量の単位, ディジタル化
文字コード

第4回 データベース

データベースのモデル, リレーショナルデータベース,
正規化, データ操作

第5回 アルゴリズムとプログラミング

データとデータ構造, アルゴリズム, プログラミング・プログラム言語, マークアップ言語

第6回 システム開発技術

システム開発のプロセス, システムの評価指標,
ソフトウェアの見積り

第7回 ソフトウェア開発技術

ソフトウェア開発プロセス・手法

第8回 プロジェクトマネジメント①

経営・組織, プロジェクト, プロジェクトマネジメント

第9回 プロジェクトマネジメント②

プロジェクト・スコープ・マネジメント

第10回 OR(オペレーションズリサーチ)・IE(インダストリアルエンジニアリング)

業務の把握, 業務分析と業務計画, 意思決定, 問題解決手法

第11回 サービスマネジメント①

サービスサポート, サービスデリバリ, ファシリティマネジメント

第12回 サービスマネジメント②

システム監査, 内部統制

第13回 知的財産権

著作権, 産業財産権関連法規, 不正競争防止法, ソフトウェアライセンス, その他の権利

第14回 情報セキュリティ管理

情報セキュリティマネジメントシステム, 情報セキュリティポリシ, 情報セキュリティマネジメントの三大要素,
個人情報保護

第15回 情報セキュリティ対策・情報セキュリティ実装技術

人的セキュリティ対策, 技術的セキュリティ対策, 物理的セキュリティ対策, 暗号化技術