トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 デジタルプレゼンテーション
   Digital Presentation
授業科目区分
共通教育科目・一般教養科目(情報分野)
担当者 文本 陽雲(教授),光山 寛(講師)
グレード G2
テーマ PowerPointによるプレゼンテーション作成の技法
キーワード プレゼンテーション,Microsoft PowerPoint 2010,アニメーション,スライドショー
開講年度
2017
開講時期
春・秋
配当年次
1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 この授業は、プレゼンテーションソフトの操作方法やプレゼンテーション技術の修得を目的とする。具体的には、スライドの作成、グラフィックやマルチメディア要素の操作、グラフや表の作成、画面切り替えやアニメーションの適用、プレゼンテーションの共同作業や配布等について学修する。授業の到達目標は、スライドの作成、図や図形の挿入、画面切り替えやアニメーションの適用等の基本操作ができ、表現力のあるプレゼンテーション資料を作成することができるようになることである。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、情報副専攻の科目表に指定された科目である。
レベルはMOS PowerPoint 2010スペシャリスト試験を想定しており、これから資格取得を目指す学生を対象としている。
この科目は、卒論発表などあらゆる場面でプレゼンテーション能力が求められるニーズに即して、スムーズにプレゼンテーションが作成できる基礎知識をマスターする実践科目である。
学修の到達目標 1.スライドの作成、図や画像の挿入、アニメーションの適用など、PowerPointの基本操作が修得できる。
2. 訴求力や表現力のあるプレゼンテーション資料を作成することができる。
3. 効果的なプレゼンテーションの方法論を学び、実施・評価ができる。
4. マイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS) PowerPoint 2010スペシャリスト試験に合格できるレベルの知識を習得できる。
授業の方法 テキストに沿って、まず、教員がモニターおよびホワイトボードを用いて説明を行う。次に受講生もモニターを見ながら一緒に演習問題を解くことにより、知識の定着を図る。期末テストとして、MOS PowerPoint 2010スペシャリスト試験(本試験)を実施する。
授業終了10分前にコメントシートを配布し、授業の感想や質問・疑問点を書いてもらう。それらのいくつかをピックアップし、翌週の授業の初めにコメント・解説する。
授業外の学修(予習・復習等) 次回の授業範囲を予習し、テキストのCD-ROMにある模擬試験にもチャレンジしておくこと。
テキスト・参考書 「Microsoft Office Specialist PowerPoint 2010 対策テキスト& 問題集」(FOM出版)
毎回の授業で、テキストおよび付属CD-ROMのデータを利用するので、必ず購入すること。
成績評価の基準・方法 授業への積極的参加度(15%)、確認テストおよび本試験の結果(85%)で成績評価する。
履修上の注意事項など 分からないところはそのままにせず、質問する等して理解するように努めること。テキストに沿って進行するので、毎回テキストを持参すること。
履修希望者が端末数を上回った場合、初回ガイダンスでアンケートによる選抜を行う。欠席すると履修取り消しになるので注意すること。

この科目の履修にあたって Microsoft Office Specialist PowerPoint 2010試験は世界認定試験であり、合格すれば就職にも有利になるので、合格を目指して頑張ってください。これを機にさらに、Microsoft Office Masterの取得を目指して欲しい。
オフィスアワー


第1回 ガイダンス

授業説明(授業内容、授業方法、成績評価など)
但し、履修希望者が端末数を上回った場合、アンケートによる選抜を行う。

第2回 スライドの作成(1)

フォトアルバムを作成する、編集する
スライドのサイズとスライドの向きを適用する
スライドを追加する、削除する
スライドを書式設定する

第3回 スライドの作成(2)

テキストを入力する、書式設定する
テキストボックスを書式設定する

第4回 グラフィックやマルチメディア要素の操作(1)

グラフィック要素を操作する
画像を操作する
ワードアートや図形を変更する

第5回 グラフィックやマルチメディア要素の操作(2)

SmartArtを操作する
ビデオやオーディオコンテンツを編集する

第6回 グラフや表の作成

第1回模擬試験の実施(早い時期に模擬試験に慣れる)
表を作成する、変更する
グラフを挿入する、変更する
グラフの要素を適用する
グラフのレイアウトを操作する
グラフの要素を操作する

第7回 画面切り替えやアニメーションの適用

組み込みのアニメーションやユーザー設定のアニメーションを適用する
効果と軌跡のオプションを適用する
アニメーションを操作する
スライドの画面切り替え効果を適用する、編集する

第8回 プレゼンテーションの共同作業

プレゼンテーションのコメントを管理する
文章校正ツールを適用する

第9回 プレゼンテーションの配布準備

プレゼンテーションを保存する
プレゼンテーションを共有する
プレゼンテーションを保護する

第10回 プレゼンテーションの配布

プレゼンテーションツールを適用する
スライドショーを設定する
スライドショーのタイミングを設定する
プレゼンテーションを記録する

第11回 PowerPoint環境の管理

表示を調節する
PowerPointの画面を挿入する
クィックアクセスツールバーを設定する
PowerPointのファイルオプションを設定する

第12回 授業の総括(1)

第2回模擬試験問題の確認テスト、解答解説、まとめ

第13回 授業の総括(2)

第3回模擬試験問題の確認テスト、解答解説、まとめ

第14回 授業の総括(3)

第4回模擬試験問題の確認テスト、解答解説、まとめ

第15回 授業の総括(4)

ランダム模擬試験の確認テスト、解答解説、これまでのまとめ