トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 基礎体育A
   Basic Physical Education A
授業科目区分
共通教育科目・基礎科目
担当者 朴 永炅(教授),勝 健真(助教)
グレード G1
テーマ スポーツを通して人間関係を構築し、様々なスポーツを楽しむ。
キーワード 体力,運動,人間関係
開講年度
2018
開講時期
配当年次
1
単位数
1

授業の目的及び概要 この授業は、種々のスポーツ実践を通じて身体運動を行い、体力の向上と健康の増進を図ることを目的としています。また、大学生活がスムーズにスタートできるよう、心身の適応を促す健康教育という側面から、学生同士の相互理解を深め人間関係の構築も目指します。
授業では、屋外スポーツ(ソフトボール、サッカー)と室内スポーツ(バスケットボール、バドミントン、卓球、バレーボール)等の中から2種目を選び、ルール確認、基本技術練習、試合等を行いながら、対象とするスポーツのルールを正確に理解し、運動技術・技能を修得するとともに、スポーツを通してライフスキルの向上を図ります。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) この科目では、学位授与方針(DP)を基に、学生が本学における学修と経験を通じて身につける能力のうち「幅広い教養」を身につけます。
共通教育科目の「基礎科目」に位置付けられています。
学修の到達目標 ・様々な人とのコミュニケーションを取り、大学内での友人を増やす。
・みんなでスポーツを楽しむ力を身につける。
・体を動かす重要性を理解する。
授業の方法 この授業は実技科目であることから、基本的には体育館、もしくはグラウンドで実施します。実施種目は2種目で、前半6回と後半6回に分け、基本練習を交えながら、ミニゲームや試合を行います。
授業の中で、それぞれのレベルに応じて修正すべき点について指摘し、その部分を練習し、レベルアップを目指します。
授業外の学修(予習・復習等) インターネットの動画サイトなどを見て、現在行っているスポーツのイメージを膨らませ、授業で実践できるよう工夫してください。
テキスト・参考書 「イラストでみる最新スポーツルール2016」(大修館書店)
成績評価の基準・方法 積極的な授業参加:50%
技術習得の到達度:20%、
他の受講生との協調性:20%
マナーや礼儀:10%
この科目の履修にあたって スポーツをすることは、体の健康はもちろん、心の健康にも良い影響をもたらします。
体を動かす人が大好きな人や最近運動不足だと感じている人、ストレス発散をしたい人などは、積極的に受講してください。また運動が苦手な人も大歓迎です。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 基礎体育A(ガイダンス)

ガイダンスを総合体育館内で実施
運動服は不要

第2回 体作り(軽い身体運動)

軽い身体運動(ストレッチ、軽い筋力トレーニングを中心に)

第3回 体力測定

体力測定(反復横跳び、垂直跳び、背筋力、握力、伏臥上体そらし、立位体前屈、踏み台昇降運動)

第4回 スポーツ種目①-1

球技スポーツ1種目を開始
用具に馴染み基本技術の習得

第5回 スポーツ種目①-2

模擬試合実践とルール理解

第6回 スポーツ種目①-3

基本技術の応用発展と試合

第7回 スポーツ種目①-4

基本技術の応用発展と試合

第8回 スポーツ種目①-5

基本技術の応用発展と試合

第9回 スポーツ種目①-6

基本技術の応用発展と試合

第10回 スポーツ種目②-1

球技スポーツ2種目を開始
用具に馴染み基本技術の習得

第11回 スポーツ種目②-2

模擬試合実践とルール理解

第12回 スポーツ種目②-3

基本技術の応用発展と試合

第13回 スポーツ種目②-4

基本技術の応用発展と試合

第14回 スポーツ種目②-5

基本技術の応用発展と試合

第15回 スポーツ種目②-6

基本技術の応用発展と試合