トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 総合演習a
   Seminar in General Science a
授業科目区分
共通教育科目・総合科目(学際分野)
担当者 石田 友梨(助教)
グレード G2
テーマ 世界三大宗教(仏教、キリスト教、イスラーム教)
キーワード 宗教学,地域研究,仏教,キリスト教,イスラーム教
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 この授業は、様々なテーマに基づき調査を行い、発表を行うことで、特定のテーマに関する知識の修得や理解を深めることを目的とする。授業での取組を通して、これまでの学修で身につけた、情報収集・分析・考察を行い、文章や口頭で発表するといった技能のさらなる向上を目指す。社会で起こる様々な事象への関心を持たせ、自主的かつ能動的に課題を発見し、他人またはグループとの協働を通して、その課題を検討する力を涵養することを目指して授業を行う。
履修条件 2年生以上。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、共通教育科目・一般教養科目(学際分野)です。経法スタンダードで身につける力のうち、以下に該当します。
 ③幅広い教養や異文化・多文化理解等を通じた“豊かな人間性と国際感覚”
学修の到達目標 ①グローバル化する現代社会の一員にふさわしい、異文化を肯定的に受け入れ、多文化共生を尊重する姿勢を養う。
②世界三大宗教について説明ができるようになる。
③宗教について自分で調べ、学んでいく方法を習得する。
授業の方法 ①ディベート、ペア・ワーク、グループ・ワークなどのアクティブ・ラーニングを行います。
②課題については講評を行います。レポートなどの記述課題については添削した上で返却し、優秀な回答は授業中に紹介します。
③映像教材、PowerPointを使用します。
授業外の学修(予習・復習等) 授業において課された課題に取り組み、学修した内容の理解が深められるように努めること。毎回の講義で取り上げる内容について、自分なりの意見をまとめ、自分でさらに調べるという作業を繰り返してください。
テキスト・参考書 テキスト:使用しない。
参考書:自分の興味関心の高いものから読み進め、授業外の学習(予習・復習)を行うこと。
①島薗進・中村圭志(監修)『宗教学大図鑑』三省堂、2015年。
②井上順孝『要点解説 90分でわかる! ビジネスマンのための「世界の宗教」超入門』東洋経済新報社、2013年。
③『週刊東洋経済』第6585号(2015年4月4日)、東洋経済新報社、2015年。
成績評価の基準・方法 課題への積極性や貢献度(50%)、課題達成度(50%)
履修上の注意事項など 選考は行ないませんし、必要な関連科目もありませんが、異文化理解の基本となる他者を尊重する態度で授業に臨んでください。
この科目の履修にあたって 現代社会はグローバル化が進む一方で、ローカル化が進んでいます。さまざまな人々との接触が、自分の価値観を見つめ直す機会を増やしたともいえるでしょう。価値観の形成に大きな役割を果たす宗教についての知識は、世界情勢を理解する鍵となります。
オフィスアワー 月 16:30~18:00 国際部(E号館1階) 授業の質問、レポート作成支援、大学院進学(人文)


第1回 導入

本演習についての説明。演習の進め方や成績評価の方法について確認する。また、演習で取り上げる項目の要望についても受け付ける。

第2回 発表練習

受講生同士の自己紹介をかねて、宗教のどの側面に関心をもっているのか、その理由は何かについて5分程度の発表を行なう。ピア・レビューで講評する。

第3回 仏教①

三大宗教のひとつである仏教についての概説を行なう。重要な語句について、グループ・ワークで調べる。

第4回 仏教②

仏教について文献調査を行い、その結果について発表を行なう。ピア・レビューで講評する。

第5回 仏教③

映像資料を通じて仏教について学ぶ。仏教を信仰する地域の実態について調べ、理論や文献との相違についてグループ・ディスカッションを行う。

第6回 キリスト教①

三大宗教のひとつであるキリスト教についての概説を行なう。重要な語句について、グループ・ワークで調べる。

第7回 キリスト教②

キリスト教について文献調査を行い、その結果について発表を行なう。ピア・レビューで講評する。

第8回 キリスト教③

映像資料を通じてキリスト教について学ぶ。キリスト教を信仰する地域の実態について調べ、理論や文献との相違について議論する。

第9回 復習

仏教とキリスト教についての基本的知識を確認するための課題レポートに取り組み、ピア・レビューを行う。

第10回 イスラーム教①

三大宗教のひとつであるイスラーム教についての概説を行なう。重要な語句について、グループ・ワークで調べる。

第11回 イスラーム教②

イスラーム教について文献調査を行い、その結果について発表を行なう。ピア・レビューで講評する。

第12回 イスラーム教③

映像資料を通じてイスラーム教について学ぶ。イスラーム教を信仰する地域の実態について調べ、理論や文献との相違についてグループ・ディスカッションを行う。

第13回 ディベート

「三大宗教に共通する普遍性は何か」、「現代社会において宗教は必要か」などのテーマについてディベートを行う。

第14回 ディスカッション

前回のディベートに基づき、自分の意見を深めるためのグループ・ディスカッションを行い、自分の意見を課題レポートとしてまとめる。

第15回 総括

課題レポートをピア・レビューで講評する。本演習で学んだ宗教に関連する知識のまとめを行なう。