トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 文章理解Ⅱ
   Reading and Comprehension Ⅱ
授業科目区分
共通教育科目・一般教養科目(学際分野)
担当者 吉田 廣(客員教授)
グレード G2
テーマ 公務員試験で出題されるような「文章理解」の問題を解きます
キーワード 要約,キーワード,主題,現代文,古文,漢文,英文,結論
開講年度
2018
開講時期
春・秋
配当年次
経済学部・法学部1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 公務員試験の「文章理解」の問題をスムーズに解ける力を培うことが目的です。単に公務員のみならず、一般の会社員にも必要な能力の涵養を目指します。
履修条件 全ての学年が対象です。既に「文章理解Ⅰ」を履修していることが望まれます。
科目の位置づけ(DPとの関連) この科目は学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて修得する知識や能力のうち、幅広い教養を身につけることに役立ちます。
学修の到達目標 単に文章理解力アップだけではなく、国語・英語の力の向上が到達目標でもあります。
授業の方法 各受講生が2~10分で問題を解きます。そのうえで担当者によって解説がなされます。2回の中間試験と学期末試験でフィードバックを行います。
授業外の学修(予習・復習等) よく準備をして試験(中間2回・学期末1回)に臨むべきです。
テキスト・参考書 用いられません。プリントが用いられます。
成績評価の基準・方法 第1回中間試験(25点満点)
第2回中間試験(25点満点)
定期試験(50点満点)
授業への積極的参加度も考慮されます。
この科目の履修にあたって 同上。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 文章速読の訓練①

現代文5問・古文1問・英文1問を解きます。

第2回 文章速読の訓練②

現代文5問・古文6問・英文2問を解きます。

第3回 文章速読の訓練③

現代文4問・漢文1問・古文1問・英文1問を解きます。

第4回 文章速読の訓練④

現代文5問・古文1問・英文2問を解きます。

第5回 第1回中間試験

第1回から第4回までが範囲で25点満点です。

第6回 文章速読の訓練⑤

現代文5問・古文1問・英文2問を解きます。

第7回 文章速読の訓練⑥

現代文4問・古文1問・漢文1問・英文1問を解きます。

第8回 文章速読の訓練⑦

現代文5問・古文1問・英文1問を解きます。

第9回 文章速読の訓練⑧

現代文5問・古文1問・英文2問を解きます。

第10回 第2回中間試験

第5回から第8回までが範囲で25点満点です。

第11回 文章速読の訓練⑨

現代文4問・古文1問・漢文1問・英文2問を解きます。

第12回 文章速読の訓練⑩

現代文5問・古文1問・英文2問を解きます。

第13回 文章速読の訓練⑪

現代文4問・古文1問・英文2問を解きます。

第14回 文章速読の訓練⑫

現代文3問・漢文1問・古文1問・英文1問を解きます。

第15回 まとめ

授業の総括