トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 判断推理(図形)
   Judgment and Inference (Figure)
授業科目区分
共通教育科目・一般教養科目(学際分野)
担当者 山木 和(教授)
グレード G2
テーマ 公務員試験「判断推理」における数理・幾何問題
キーワード 判断,推理,図形,道順推理,一筆書き
開講年度
2017
開講時期
春・秋
配当年次
経済学部・法学部1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 「判断推理」は、公務員試験特有の科目で、公的な業務に必要な条件処理能力の適正を見るものである。たとえば、複数の場合が存在するときには正確に場合分けをする。あらゆる場合を検討し確実に言えること言えないことをはっきり判断する。このように、「判断推理(図形)」は、クイズ・パズル的とも言える問題に接して「柔軟な思考力と迅速な判断能力」を身につける授業である。
国家公務員、地方公務員、警察官、消防官などの大卒レベルの過去問が解けることを目指す。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目では、学位授与の方針(DP)を踏まえて、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、「数的処理能力」を身につけます。
この科目は、汎用的能力、論理的思考を養うための共通教育科目の「一般教養科目(学際分野)」に位置づけられています。
この授業は、公務員を目指す学生が初めて学ぶ段階の科目である。この科目では、公務員試験における「判断推理」問題のうち、数理・幾何分野を扱う。この授業と論理・言語分野を扱う「判断推理(論理)」とで、「判断推理」の全ての基礎を網羅する。この科目は、公務員試験対策科目であり、法学部の公務員コースの推奨科目に位置づけられている。
学修の到達目標 公務員として仕事を遂行する際には、諸課題を論理的に分析判断し、その解決に向けて業務を論理的に計画し、図形を用いながら論理的にまわりに説明し、実行していかねばならない。この科目を学ぶことにより上記の図形処理・論理的能力が身につく。実践的には、公務員試験でのこの分野における問題が60%以上解けることを目標とする。
授業の方法 この授業は、演習を伴った講義授業であり、実際に受講生が問題を解くことによって、図形処理能力、判断能力を身につけるようにする。最初に講義形式でその単元の考え方の基本を解説し、続いて受講生が5題程度の練習問題を実際に解く。その後、教員がその問題の学術的な関連事項の説明とともに、解法のポイント・テクニックの解説を行う。それにより受講生は当日のテーマの基本的考え方を理解する。さらに3題程度の問題が宿題として出され、次週の授業で宿題のチェックと解説を行う。
解説のためにスクリーンを利用したりして、積極的にICTを活用する。また、Web(IT's class等)で授業中に使用したプリント資料等を配布する。
授業外の学修(予習・復習等) 毎回の単元では必ず宿題を課します。その日に学んだ内容は宿題をすることによって、理解が深まり自分のものになります。ゆえに授業以外で単元の復習や宿題を必ずやり遂げて、授業に臨んで下さい。
テキスト・参考書 テキスト(教科書)は、『絶対決める 数的推理判断推理 公務員試験合格問題集』新星出版社 1,200円。本テキストは、判断推理(論理)、判断推理(図形)の2科目の共通テキストである。本テキストは授業時に毎回使用するので必ず携行すること。
成績評価の基準・方法 判断推理(図形)問題に関する知識を有しているだけでは学習目標を達成したとはいえない。実際に問題を解く能力を評価する。中間試験と学期末試験を実施する。基本的に毎回宿題が出る。成績評価のおおよその配分は、授業への積極的参加度15%、宿題の採点15%、中間試験30%、学期末試験40%である。
履修上の注意事項など 宿題は授業の復習と理解度のチェックに大いに役立つので、真剣に取り組むことが大事である。正解は一つであるが解き方は様々であるので、積極的に前に出て発表する等の能動的な授業参加を心がけてほしい。
この科目の履修にあたって
オフィスアワー 月 12:10~13:00 花岡コモンズ 授業の質問、数学の基礎、公務員試験対策、その他(ITパスポート関連科目、情報系資格試験対策、判断推理(論理)、判断推理(図形))
木 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 


第1回 授業ガイダンス

授業概要の説明をはじめとした授業ガイダンスを行う。

第2回 道順推理

道路をたどるような問題で、最短経路がいくつあるかを問う問題である。数値を記入して解く方法と順列を利用して解く方法がある。

第3回 位置推理(方位)

位置関係と距離に関する問題である。問題の意図を読み取ってうまく図示することが大事である。

第4回 一筆書き

点と線からなる図形が与えられた時、すべての線をちょうど一度ずつ通る行き方(一筆書き)があるかどうかを問う問題を扱う。

第5回 軌跡推理(1)

図形がある線に沿って滑ることなく移動する時、その図形上の一点がどのような図形を描くかを問う問題である。ここでは図形として多角形を扱う。

第6回 軌跡推理(2)

軌跡推理(1)と同様な問題であるが、ここでは図形として円も扱い、難易度が高くなる。

第7回 展開推理

与えられた立体を展開する問題です。面の移動方法と対称な面の位置関係を把握する方法(ルール)を習得する。

第8回 中間試験

これまでに学習した範囲(第2回から第7回の内容)で、中間試験を行う。

第9回 対称推理

紙を折りたたんでから、一部を切り落としたり、一部に穴をあけたりした後再び広げた時、どのような図形になっているかを問う問題である。線対称を理解すれば容易に解ける問題である。

第10回 平面推理(1)

平面図形を分割したり、並べ替えたりするような問題である。図形の持つ特徴を考え、できるだけ論理的に調べながら解答を導くようにする。

第11回 平面推理(2)

与えられた平面図形の中に含まれる、三角形や四角形の個数を数えるするような問題である。

第12回 立体推理

小さな立体を積み上げて大きな立体を作ったものを積木と呼んでいます。積木の構成状況を知るには「1段スライス」と呼ばれる有名な方法がありますので、これをはじめとする「平面化」テクニックをしっかりと学びます。

第13回 投影推理(1)

投影図とは、ある立体に対して平行に光を当てた時にできる影のような図形である。投影図と実際の立体との関係を問う問題である。

第14回 投影推理(2)

立体を正面から見た図とか、側面から見た図から立体を頭の中でイメージする力を養っていきます。

第15回 授業の総括

授業内容の総まとめ