トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 数的推理(確率と図形)
   Mathematical Reasoning
授業科目区分
共通教育科目・一般教養科目(学際分野)
担当者 森澤 理之(客員教授)
グレード G2
テーマ 公務員採用試験における数的推理分野の確率や図形に関する基本
キーワード 公務員採用試験,数的推理
開講年度
2017
開講時期
春・秋
配当年次
経済学部・法学部1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 公務員採用試験では、数的処理能力を問う問題や数学そのものが出題されるため、将来のキャリアを切り開く上で数的処理能力の向上は必要である。
本科目では、公務員採用試験における数的推理分野の対策科目として、確率や図形に関する基本的な出題に対応する力を養う。
履修条件 「数的処理IIA」「数的処理IIB」をともに優秀な成績で修めた者または、授業初回の選考テストにおいて、公務員採用試験の対策学習に対応できる数的処理能力を有すると判定された学生を対象とする。

選考を行うので、初回の授業には必ず出席すること。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 経済学部経済学科・経営学科のDPの
1. 日本語及び外国語の活用能力、数的処理能力、情報活用能力とともに幅広い教養及び国際感覚を身につけている。
における数的処理能力、および、法学部法律学科のDPの
4. 論理的な思考力と豊かな表現力とともに幅広い教養および実践感覚を身につけている。
における論理的な思考力に関する科目である。
学修の到達目標 公務員採用試験の数的推理分野における確率や図形に関する基本的な問題を解くことができる。
授業の方法 2週を1サイクルとし、ポイントを解説する講義と問題演習を交互に行い定着を図る。

資料の配布にIT's classを使用することがある。
授業外の学修(予習・復習等) 2週毎の問題演習に参加するためには、その回の演習問題を事前に解いておかなければならない。
テキスト・参考書 プリント資料を使用する。
その他副次的な資料については授業内で案内する。
成績評価の基準・方法 期末試験(90%)を行い、確認テストの成績(10%)を加味して総合的に評価する。
履修上の注意事項など 「数的処理IIA」「数的処理IIB」をともに優秀な成績で修めた者または、授業初回の選考テストにおいて、公務員採用試験の対策学習に対応できる数的処理能力を有すると判定された学生を対象とする。

選考を行うので、初回の授業には必ず出席すること。
この科目の履修にあたって 数的処理能力は反復練習の積み重ねによって磨き上げるしかない。
飽きず、諦めず、自分のキャリアを切り開くべく努めること。
オフィスアワー


第1回 数的推理(確率と図形)の学修法について

ガイダンス、選考テスト

第2回 図形問題の基本(1)講義

図形問題の基本単元(1)のポイント解説

第3回 図形問題の基本(1)演習

図形問題の基本単元(1)の問題演習と確認テスト

第4回 図形問題の基本(2)講義

図形問題の基本単元(2)のポイント解説

第5回 図形問題の基本(2)演習

図形問題の基本単元(2)の問題演習と確認テスト

第6回 図形問題の基本(3)講義

図形問題の基本単元(3)のポイント解説

第7回 図形問題の基本(3)演習

図形問題の基本単元(3)の問題演習と確認テスト

第8回 図形問題の基本(4)講義

図形問題の基本単元(4)のポイント解説

第9回 図形問題の基本(4)演習

図形問題の基本単元(4)の問題演習と確認テスト

第10回 図形問題の基本(5)講義

図形問題の基本単元(5)のポイント解説

第11回 図形問題の基本(5)演習

図形問題の基本単元(5)の問題演習と確認テスト

第12回 確率問題の基本(1)講義

確率問題の基本単元(1)のポイント解説

第13回 確率問題の基本(1)演習

確率問題の基本単元(1)の問題演習と確認テスト

第14回 確率問題の基本(2)講義

確率問題の基本単元(2)のポイント解説

第15回 総まとめ

確率問題の基本単元(2)までの全単元の問題演習と確認テスト