トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 現代社会とメディア
   Media in Modern Society
授業科目区分
共通教育科目・一般教養科目(学際分野)
担当者 森榮 徹(教授)
グレード G2
テーマ 現代社会におけるメディアの在り方について考える
キーワード メディアの発展と社会的機能,マスメディア,デジタルメディア,ソーシャルメディア,新聞とテレビ
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 この授業は、現代社会におけるメディアの現状や課題について解説し、メディアの役割とあり方について学び、伝えられる情報にどう向き合うべきかを考えることを目的とする。
様々なメディアと、その担い手が信頼できるか否かという観点に立って社会を観察し、現代のメディアが抱えるさまざまな問題を自分自身の問題として考える力を育成する。
その前提として、メディアの発展・普及、報道のあり方の変遷、メディアによるオピニオンの形成、新聞報道の現状と課題等について多様な視点から考える。
履修条件 履修条件は特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 共通教育科目・一般教養科目(学際分野)です。
多くのジャーナリズム経験者をゲストスピーカーとしてに招きます。
グレードはG2。
学修の到達目標 授業では以下の到達目標を掲げます。
1 メディアを、信頼できるかできないかという視点に照らしたうえで、社会を見つめることができる。
2 現代のメディア社会が抱えるさまざまな問題を自分自身の問題として考えることができる。
3 メディアとの向き合い方について自らの考えを持つ。
4 現代社会の変化や動向に興味・関心を持つ。
5 授業で学んだ事柄を自らのキャリアデザインに生かすことができる。
授業の方法 本学の教員と客員教授による講義で、学外からさまざまなメディアの現場で深い経験を重ねた方々を、ゲストスピーカーとして招へいします。
毎回の授業のテーマに沿った資料を適宜配布し、視聴覚教材の活用等も含め、わかりやすくかつ興味・関心が抱けるような授業運営を行います。
事前学修として、日常的に新聞やテレビ、その他のメディアに触れ、問題意識を持って日常的に社会の変化や動向をチェックしてください。
授業を受けた後は、必ず配布された資料に目を通して、内容を復習するようにしてください。
スライドや動画などマルチメディアを授業内容の理解の向上に使用します。コメントシートについては適宜フィードバックする。
授業外の学修(予習・復習等) 新聞などを日常的に読んで、メディアを取り巻く社会的な動きを把握するように努め、授業に臨むようにしてください。
テキスト等で復習をし、スマホやテレビなどで気付いたニュースが新聞のどの面に、どのような扱いで掲載されているか確認することを習慣づけてください。
テキスト・参考書 レジュメを配布し、必要に応じて参考文献を紹介します。
成績評価の基準・方法 基本知識の有無、理解力、思考力に重点を置いて判断します。
小テストやコメントシートなど授業への積極的参加態度(50%程度)、およびレポート(50%程度)によって総合的に評価します。
履修上の注意事項など ゲストスピーカーの講義は一回で完結するため、欠席して聞き漏らすと補うことが難しくなるので、積極的に授業に参加すること。
新聞の政治・経済・企業・国際・地域面を読み、同時代に起きている様々な社会問題に対して興味関心を持ちながら、授業に臨んでください。
この科目を受講することによって、それぞれのキャリア形成を考えるきっかけとしてください。
この科目の履修にあたって 春学期邂逅の共通教育科目・一般教養科目(学際分野)「マスコミ論」と密接に関連する科目です。
この授業では、より幅広く、多くのジャーナリストの経験に基づく講義を受けることになります。
オフィスアワー


第1回 ガイダンスと趣旨説明

授業の概要を説明します。

第2回 メディア発展の歴史と危機

メディアの発展・普及について解説します。

第3回 写真が伝えるもの

新聞報道における写真の役割りについて解説します。
(ゲストスピーカーを招きます)

第4回 動画と音声で伝える臨場感

テレビ報道における動画の役割りについて解説します。
(ゲストスピーカーを招きます)

第5回 テレビ報道の説得力と限界

テレビ報道のネットワークと地域における多様性について解説します。
(ゲストスピーカーを招きます)

第6回 メディアが媒介する社会的議論

メディアによるオピニオンの形成などについて解説します。
(ゲストスピーカーを招きます)

第7回 報道の信頼性へのまなざし

報道の視点や信頼性などについて解説します。
(ゲストスピーカーを招きます)

第8回 報道が伝える社会のほころび

報道の視点や信頼性などについて解説します。
(ゲストスピーカーを招きます)

第9回 報道に対する嫌悪と反発

新聞報道の現状と課題について解説します。

第10回 メディアの求心力と虚報1

メディアが取り組む社会変容への対応について解説します。

第11回 メディアの求心力と虚報2

報道機関の歴史的成り立ち、多メディアに展開する現況について解説します。

第12回 テレビネットワークの現状

新聞社・放送局の経営的成り立ちと、電子新聞、電子書籍と既存ビジネスモデルの関係について解説します。
(ゲストスピーカーを招きます)

第13回 新聞を支えた個別宅配制度

新聞社と地域社会の結びつきを日本に特有な個別宅配制度と結びつけて解説します。
(ゲストスピーカーを招きます)

第14回 現代社会における理想のメディア

メディアと社会の総合的な関係について解説します。

第15回 総括

現代社会におけるメディアとの向き合い方をまとめます。