トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 現代社会と観光
   Tourism in Modern Society
授業科目区分
共通教育科目・一般教養科目(学際分野)
担当者 池田 良穂(客員教授),金 成秀(教授),森榮 徹(教授)
グレード G2
テーマ 「21世紀は観光の時代」を理解する
キーワード 観光,観光産業,ツーリスト,ツーリズム,観光と文化,観光と地域振興,おもてなし
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 平成19年の観光立国推進基本法施行以来、観光産業が21世紀のリーディング産業として、また地域振興の要として注目を集める一方、国際化の進展やライフスタイルの変化に伴い、観光に対する社会の需要と期待が増大している。
この授業は、観光に関わる様々な分野で経験を重ねた国内外のゲストを迎え、現在進行形で生起している観光(ツーリズム)現象を観光文化学の視点からとらえ、観光の仕組とバリエーション、観光産業と地域振興等について幅広く考察することにより、観光の文化的意義、観光事業がもたらす経済・社会効果とその課題を理解することを目標とする。
(オムニバス方式/全15回)
(森榮 徹/13回)
現代社会における観光の意義、観光産業の構造と動向、観光とグローバリゼーション、世界遺産とツーリズムのほか、観光の歴史、今求められる観光のあり方、観光と地域の文化、歴史、自然環境との関わり等について解説する。
(金 成秀/1回)
観光大国フランスの観光資源の多様性について解説する。
(池田 良穂/1回)
世界の客船観光について、事例を挙げて解説する。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 共通教育科目群・一般教養科目(学際分野)である。
学修の到達目標 1.観光の文化的意義とバリエーションを理解する。
2.観光産業の仕組みと「おもてなし」の本質を理解する。
3.観光と地域振興の関係を理解する。
授業の方法 1.教員とゲストスピーカーがオムニバス方式で行う。
2.配布プリントをもとに講義する。
3.パワーポイントや映像資料も積極的に使用する。
4.内容の理解度を把握するため、数回にわたって受講生に質問・感想を所定の用紙に記入・提出してもらう。適宜フィードバックする。
授業外の学修(予習・復習等) 授業内容をそのつど復習し、新聞などの政治・経済・国際、地域、社会、文化面に掲載される記事と関連付けて理解を深めてください。
現代社会における観光問題に対する興味と関心の深さが、コメントシートや記述式試験に大きく影響することになります。
テキスト・参考書 テキストはとくに指定しないが、プリントを毎回配布する。参考書は授業中必要に応じて紹介する。
成績評価の基準・方法 1.授業への積極的参加を重視するが、基本知識の有無、理解力、思考力に重点を置いて判断する。
2.コメントシートと授業中課題で50%、期末試験50%に加え、授業への積極的な参加度を加味して総合的に評価する。
3.詳細については、授業中説明する。
履修上の注意事項など ゲストスピーカーの講義は一回で完結するため、欠席して聞き漏らすと補うことが難しくなるので、積極的に授業に参加すること。
身近なところにある観光に関連した社会現象に関心を持ち、授業と照らし合わせて自分の考え方を養ってください。
この科目の履修にあたって 観光現象は、まさに現代社会の一側面として数多くの報道や情報発信、評論の対象となっています。観光に関心を持つことは、社会全般に関心を持つことと同じことです。法律や経済・経営、国際関係や文化、芸術を理解する手掛かりとして、多くの情報に触れるように心掛けてください。
オフィスアワー 金 成秀
火 13:00~14:30 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、英語の基礎、メンタル支援

森榮 徹
火 16:20~17:50 教務課(C号館1階) 授業の質問、国語の基礎(文章表現)


第1回 「観光立国」とは

ガイダンス:授業の趣旨、概要、達成目標などを説明する。
担当教員:森榮徹

第2回 観光の歴史

観光の誕生と変化、人間の行動としての観光、出掛ける観光、迎える観光を考える。
担当教員:森榮徹

第3回 観光産業論概説

観光産業論は何を説くのか。観光産業の仕組みと役割を概説。観光について何を考えるのかを聞き、理解を深める。
担当教員:森榮徹(ゲストスピーカーを招く)

第4回 観光産業の新展開

観光産業の新展開として注目されるクルーズビジネスを素材として、観光産業の新動向を聞き、理解を深める。
担当教員:池田良穂

第5回 日本人の海外観光(アウトバウンド)

日本人の海外観光について、旅行社のベテランから海外観光事業の展開と最近の動向、課題を聞き、理解を深める。
担当教員:森榮徹(ゲストスピーカーを招く)

第6回 観光大国フランスの取り組み

世界一の観光大国フランスにおける観光資源の多様性、国家的取り組みの展開と現状を聞き、理解を深める。
担当教員:金成秀

第7回 東アジア・東南アジアの観光戦略1

フィリピン(暫定)が展開する日本人観光客獲得の戦略と実績、タイ国からみた日本の外客獲得戦略と日本の魅力を聞き、理解を深める。
担当教員:森栄徹(ゲストスピーカーを招く)

第8回 東アジア・東南アジアの観光戦略2

マレーシア(暫定)が展開する日本人観光客獲得の戦略と実績、中国からみた日本の外客獲得戦略と日本の魅力を聞き、理解を深める。
担当教員:森栄徹(ゲストスピーカーを招く)

第9回 東アジア・東南アジアの観光戦略3

韓国が展開する日本人観光客獲得の戦略と実績、韓国からみた日本の外客獲得戦略と日本の魅力を聞き、理解を深める。
担当教員:森栄徹(ゲストスピーカーを招く)

第10回 東アジア・東南アジアの観光戦略4

台湾が展開する日本人観光客獲得の戦略と実績、台湾からみた日本の外客獲得戦略と日本の魅力を聞き、理解を深める。
担当教員:森栄徹(ゲストスピーカーを招く)

第11回 大阪の観光戦略(インバウンド)

大阪観光局が発足して4年目。その実績と、これからのなにわの観光ビジョンを、同局役員から聞き、理解を深める。
担当教員:森栄徹(ゲストスピーカーを招く)

第12回 日本の観光戦略(観光カリスマ)

奈良・燈花会を企画・実行、定着させた観光カリスマが考える持続可能な観光イベントのあり方と現状への意見を聞き、理解を深める。
担当教員:森栄徹(ゲストスピーカーを招く)

第13回 八尾の観光戦略

八尾市・魅力創造室長から、地域振興、観光促進に取り組む地方自治体の活動と成果を聞き、理解を深める。
担当教員:森栄徹(ゲストスピーカーを招く)

第14回 奈良の観光戦略

観光促進を軸に地域振興を考えるとき、教育や行政を総合的にアレンジする地域デザインという新たな視点を聞き、理解を深める。
担当教員:森栄徹(ゲストスピーカーを招く)

第15回 まとめ

授業の総括、質疑応答、成果の確認。
担当教員:森栄徹