トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 キャリアデザイン演習A
   Seminar on Carrier Design A
授業科目区分
共通教育科目・総合科目(学際分野)
担当者 大島 淑恵(講師),太田 結花(講師),樋口 くみ子(准教授),廣本 亜矢子(講師),藤村 佳子(助教),山本 桂子(講師)
グレード G2
テーマ 将来の生き方・働き方(キャリア)を考え描く(デザイン)
キーワード キャリア,社会人基礎力,自己分析,働く,ワークスタイル,業界
開講年度
2017
開講時期
配当年次
経済学部・法学部2
単位数
2

授業の目的及び概要 この授業では、これに続くキャリアデザイン演習Bとともに、自分の将来の生き方・働き方を自分の興味や強みなどを見極めながら考え描き、その未来像を実現するために必要な技能と態度・姿勢について身につけることを目標とする。演習の特性を生かして、グループワークとその成果の発表を中心に授業を進める。授業の概要としては、まず社会人基礎力とそれを構成する3つの力、すなわち「考える力」「行動する力」「チームで働く力」について、社会人の方々の行動を観察することなどを通して理解し、表現する。そして、自己診断に取り組み、これから伸ばしていかなければならない力、さらに伸ばしていく力について理解し、そのために必要なことについて計画し実行できるようにする。
次いで、自己理解にどのように向き合うかについて確認した上で、マインドマップなどのツールを用いて、自己の振り返りと自己分析を進め、理解を深める。
また、就職試験、さらには社会人として活躍するために必要なコミュニケーションスキルや数量的スキルなどの汎用的技能について、自分の現在のスキルを見極め、各自のスキルアップに向けた取り組みへとナビゲーションする機会を設定する。
履修条件 特になし
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 〇この科目は、経済学部経済学科の学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当する。
4.他の人々と協働し、社会の一員として活躍できる能力を身につけている。
〇この科目は、経済学部経営学科の学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当する。
4.他の人々と協働し、企業をはじめとする組織の一員として活躍できる能力を身につけている。
〇この科目は、法学部法律学科の学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当する。
3.グローバル化する現代社会の一員として、他者と協調・協働できる能力を身につけている。
4.論理的な思考力と豊かな表現力とともに幅広い教養および実戦感覚を身に着けている。
学修の到達目標 〇「社会人基礎力」についての内容を把握し、自分にとってスキルアップする必要があることをまとめ説明することができる。
〇「自分自身」について理解するとともに、将来の目標を実現するために必要なことをまとめ説明することができる。
〇「調べる」「書く」「まとめる」「話す」「伝える」「聴く」「協働する」力を向上させることができる。
〇「汎用的技能」について、自分の現在のスキルを見極め、スキルアップに向けて取り組むことができる。
授業の方法 この授業は、上記「授業の概要」で掲げた内容に取り組むために、少人数クラス編成による演習形式で授業を進める。ここではグループワークを基本とし、「調べる」「書く」「まとめる」「話す」「伝える」「聴く」「協働する」という「7つの力」を身につける。そのために授業では、ディスカッション、プレゼンテーションを取り入れ、この「7つの力」を身につける訓練をする。さらに、自身の汎用的技能について見極め、スキルアップに向けた取り組みへとナビゲーションする機会を設ける。また、他クラス交流の機会ともなる合同授業について、状況に応じて企画していきたい。
授業外の学修(予習・復習等) 〇事前学修として、社会での出来事や事件に関するニュースに留意し、時事問題への関心を高めておくこと。
〇授業で配布したワークシート、プリントを読み直し、疑問点等を洗い出して、次回の授業で質問できるようにしておくこと。
テキスト・参考書 〇テキストは使用せず、動画の視聴やプリントを配布し、授業を進める。
〇参考図書:「CAREER ROAD 2017(キャリアセンター発刊)」
成績評価の基準・方法 期末や授業内でのレポート(50%)、授業内のグループワーク・グループディスカッションへの貢献度(50%)で総合的に評価する。
履修上の注意事項など この授業は、少人数による演習形式のため、事前申込(定員)制となっている。
この科目の履修にあたって この授業での学修は将来の進路選択において重要な指標となるため、授業内で積極的に発言し、課題に取り組むことを期待する。
オフィスアワー


第1回 ガイダンス・オリエンテーション

社会人基礎力をはじめ将来のキャリアデザインに必要な素養・技能を修得することの意義を確認し、授業の概要を紹介する。
※なお、以下の授業計画は科目の性質上、変更される場合がある。

第2回 社会人に求められる諸要素について考える(観察とディスカッション)①

仕事の現場で奮闘する社会人をとりあげた動画を視聴し、仕事に向き合う姿勢や価値観について観察し、グループでディスカッションすることで、社会人に求められる諸要素を考える。

第3回 社会人に求められる諸要素について考える(観察とディスカッション)②

仕事の現場で奮闘する社会人をとりあげた動画を視聴し、仕事に向き合う姿勢や価値観について観察し、グループでディスカッションすることで、社会人に求められる諸要素を考える。

第4回 社会人に求められる諸要素について考える(観察とディスカッション)③

仕事の現場で奮闘する社会人をとりあげた動画を視聴し、仕事に向き合う姿勢や価値観について観察し、グループでディスカッションすることで、社会人に求められる諸要素を考える。

第5回 社会人とコミュニケーション・スキルについて考える

社会人として必要不可欠な①就活と美文字、②文章の書き方等について、実践形式で学修する。

第6回 事例から学ぶ「社会人基礎力」の意義①

新入社員・若手社員の仕事ぶりに関する動画を視聴し、グループディスカッションを行いながら、社会人基礎力の意義について考える。

第7回 事例から学ぶ「社会人基礎力」の意義②

新入社員・若手社員の仕事ぶりに関する動画を視聴し、グループディスカッションを行いながら、社会人基礎力の意義について考える。

第8回 事例から学ぶ「社会人基礎力」の意義③

新入社員・若手社員の仕事ぶりに関する動画を視聴し、グループディスカッションを行いながら、社会人基礎力の意義について考える。

第9回 「自己」を理解し表現する①(自己分析にどう向き合うか)

就活生の行動の観察とディスカッションを通して、自己分析のあり方について考える。

第10回 「自己」を理解し表現する②(自分の興味・関心・強みの認識)

各種ツールを使って、自己の経験を棚卸し、自己を分析する。

第11回 「男女の働き方」について考える①(合同授業)

「ワークライフバランス」や「ダイバシティ」をテーマに、講義とグループワークを通じて、「男女の働き方」を考える。

第12回 「男女の働き方」について考える②(合同授業)

「ワークライフバランス」や「ダイバシティ」をテーマに、講義とグループワークを通じて、「男女の働き方」を考える。

第13回 自己を理解し表現する③(自分の弱みの認識・克服)

社会人基礎力について再確認を行い、これに自身がどのように向きあい、培っていくかを計画する。


第14回 自己を理解し表現する④(自分の弱みの認識・克服)

就業力に求められる汎用的技能(コミュニケーション・スキル、数量的スキル)について再確認を行い、これに自身がどのように向きあっていくか計画する。

第15回 まとめ

これまで学修してきた内容について総括する。