トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 キャリア演習B
   Seminar on Career B
授業科目区分
共通教育科目・総合科目(学際分野)
担当者 呉 紅敏(教授),大島 淑恵(講師),太田 結花(講師),笠田 真由美(講師),廣本 亜矢子(講師),山本 桂子(講師)
グレード G2
テーマ 希望進路の実現に向けて、就業力の向上をはかる
キーワード キャリア,PBL(課題解決型授業),社会理解,自己表現,グループディスカッション,面接
開講年度
2017
開講時期
配当年次
経済学部・法学部3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 キャリア演習は、卒業後の進路を主体的かつ能動的に決定するために必要な就業力を養成することをねらいとし、演習の特性を活かしてグループワークを中心に授業を進める。このうち本科目では、就職活動に際しての実践力養成を行う事を目的とし、以下の内容を実施する。
①授業における双方向型実践形式、課題解決型授業(PBL)を行う。例えば、グループディスカッション、集団面接、個人面接など、様々な面接形式を実践を通して学ぶ。
②授業後半には進路を決定した4年生がメンターとして参画する。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 〇この科目は、経済学部経済学科の学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当する。
4.他の人々と協働し、社会の一員として活躍できる能力を身につけている。
〇この科目は、経済学部経営学科の学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当する。
4.他の人々と協働し、企業をはじめとする組織の一員として活躍できる能力を身につけている。
〇この科目は、法学部法律学科の学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当する。
3.グローバル化する現代社会の一員として、他者と協調・協働できる能力を身につけている。
4.論理的な思考力と豊かな表現力とともに幅広い教養および実戦感覚を身に着けている。
学修の到達目標 本科目を履修する事により、キャリア演習Aでの学修内容を、面接選考をはじめとした様々な局面で活用する実践力を養い、自らの進路決定を能動的に行う意欲と行動力を身に着ける。
授業の方法 ①少人数の強みを活かしたPBL(課題解決型授業)の中で、論理的表現方法のトレーニング等を行うことによって表現力を高める。
②就職活動や公務員採用試験に不可欠な時事問題を、基本的に毎回取り上げ知識を深める。
③配布資料を綴じるファイルとメモ用ノートを準備する。
授業外の学修(予習・復習等) 次回の授業についてNicePortal掲示板に掲載する。これを毎回確認の上、資料等を必ずダウンロード印刷し、掲示板に記載のとおり授業前準備を行うこと。
テキスト・参考書 テキスト「CAREER ROAD」、授業時間およびNicePortal掲示板にて配布される資料
成績評価の基準・方法 ①授業への参加度(50%)、
②課題の提出・蓄積状況・内容(30%)、
③総合評価(20%)
履修上の注意事項など 「キャリア演習B」は「キャリア演習A」とともに、少人数による演習形式を採用しているため、事前申込(定員)制となっている。第1回目の授業でガイダンスおよびクラス編成を実施する。
この科目の履修にあたって 本科目の学修にあたっては、出席が不可欠である。しっかり出席し授業に取り組んでいれば、就職活動や公務員採用試験に必要な基礎力が自然と身に付いてくる。
オフィスアワー


第1回 ガイダンス

就職活動や公務員採用試験までの間に今から準備できる事柄を理解する。
キャリア演習Aの春学期末課題返却およびフィードバックを中心に、キャリア演習Aの復習を行う。
(なお、この科目の性質上、以下の授業計画は変更する場合がある)

第2回 今後のスケジュール、情報収集

時間管理や情報収集の重要性を認識させる。

第3回 就職活動および公務員採用試験で必要な書類の把握①

就職活動に必要な書類について理解する。
エントリーシートの概要および記述目的を理解する。
丁寧な文字(いわゆる「美文字」)や「適切な言葉遣い」について学ぶ。

第4回 就職活動および公務員採用試験で必要な書類の把握②、筆記試験の概要

先輩学生達とのパネルディスカッションを通じて具体的経験に学ぶとともに、グループディスカッションを通じ男女共同参画に関するテーマについての理解を深める。

第5回 進路決定学生(4年生)によるパネルディスカッション:女性キャリアプログラム(合同授業)

グループディスカッションをおこなう
テーマを設定したグループディスカッションをおこなう

第6回 ビジネスマナーの基本①挨拶・お辞儀、 ビジネスマナーの基本②コミュニケーションツール(電話)

コミュニケーションの基本となるビジネスマナーについて理解する。
電話の受け答えの練習などを通して、言葉遣いや敬語の使い方を理解する。

第7回 ビジネスマナーの基本③コミュニケーションツール(郵送、メール、SNS)

応募の際などに作成する送付状など、郵送に関するビジネスマナーを理解する。
メールやSNSを使用する際に知っておくべきルールやマナーを理解する。
SNSの危険性を理解し、有効な活用方法を学ぶ。

第8回 ビジネスマナーの基本④身だしなみ(合同授業)

プロの写真家である講師が、証明写真における表情・髪型・襟・ネクタイ等による印象の違いや、証明写真の書類選考における重要性、業界や企業の特徴を知って「印象」に活かす面白さについて、具体的に解説する。

第9回 グループディスカッション①マトリクスを使用したメリット・デメリット分析

採用選考でよく実施されるグループディスカッションについて、その実施意図や評価ポイントを理解する。
グループディスカッションのうち、マトリクスを使用してメリットやデメリットを分析するタイプのテーマに取り組む。これを通してグループディスカッションの進行方法を理解し、対話する力をつける。

第10回 グループディスカッション②提案型テーマ

提案型テーマに取り組むことを通して、グループディスカッションの進行方法を理解し、対話する力をつける。

第11回 集団面接①

採用選考でよく実施される「集団面接」について、その意図や評価ポイントを理解する。
実践練習を通して集団面接における対話力をつける。

第12回 集団面接②

実践練習を通して集団面接における対話力をつける。

第13回 個人面接①

採用選考で実施される「個人面接」について、その意図や評価ポイントを理解する。
実践練習を通して集団面接における対話力をつける。

第14回 個人面接②

実践練習を通して個人面接における対話力をつける。

第15回 まとめ

これまで学んできたことについて総括するとともに、これまでの学修において苦手な分野や課題点、不安要素を除去し、今後の就職活動や公務員採用試験をはじめとする進路決定への準備に繋げる。