トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 日本の水産業と世界の水産業
   Fisheries in Japan and in the World
授業科目区分
共通教育科目・総合科目(学際分野)
担当者 池田 良穂(客員教授)
グレード G2
テーマ 21世紀の水産業と国際漁業協力のあり方を論理的に考える力を涵養する。
キーワード 排他的経済水域,漁村と里山・里海,資源管理型漁業,養殖,遠洋漁業と沿海漁業,漁業権と流通システム
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 この授業は、漁業資源、国際条約、各国の漁業と食生活、各国の歴史的背景等について学修するとともに、これらの関係について理解することを目標とする。グローバルイシューとして各国で漁業への関心が高まる中、世界人口の増加、漁業技術の発展、海洋生物の保護、海洋開発と海洋汚染等、漁業を取り巻く環境は新しい国際的な枠組の構築を必要としている。特に漁業はその国の食生活に深く関係しており、国家間に複雑な利害関係を生じさせている現状を理解する。
履修条件
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 幅広い専門知識を身につけ、自ら考える力をつけます。
学修の到達目標 漁業資源、国際条約、各国の漁業と食生活、各国の歴史的背景に関する知識を修得し、これらの関係について理解すること。
授業の方法 ・配布資料およびパワーポイント等を使った講義を行う。 
・毎回、授業内容についてのレポートの作成を行い、理解度を高める。
・自ら調査し、分析をして、その結果をレポートにまとめ、さらに発表する。
授業外の学修(予習・復習等) 毎回レポートの充実
テキスト・参考書 ・テキストは使わない予定だが、水産に関する書籍、新聞記事等に目を通しておくこと。
成績評価の基準・方法 ・毎回の授業レポート等(30点)、授業における積極性(10点)、試験(60点)
履修上の注意事項など
この科目の履修にあたって
オフィスアワー


第1回 日本と世界の漁村と漁業

・15コマの講義内容の概要の説明。
・魚、水産業についての受講生の知識レベルの調査。
・日本の漁村の成立過程
・食料として水産物
・水産物と健康

第2回 漁業と流通

・漁業権
・漁協とは
・水産物の流通
・6次産業化

第3回 水産物の種類と漁法

・水産物の種類
・各種漁法
・漁船の種類と使用法
・漁船の安全性

第4回 漁業と海洋法

・国連海洋法条約
・領海、排他的経済水域、公海
・漁業協定

第5回 日本と世界の水産業の現状

・漁業生産と消費構造
・水産物の輸出入

第6回 水産資源の変動

・変動の原因
・大規模環境変動の影響
・資源管理の必要性

第7回 資源管理の事例

・サケマス
・マグロ
・イワシ、カニ、スケトウダラ、ハタハタ等

第8回 絶滅に瀕する海洋資源

・日本うなぎ
・大西洋クロマグロ

第9回 栽培漁業と養殖漁業

・栽培漁業
・養殖漁業
・海洋牧場
・広がる養殖魚の種類:まぐろ、クエ

第10回 漁業経営

・経営規模
・採算性
・労働環境の改善
・株式会社化

第11回 水産加工業

・浮かぶ缶詰工場; 蟹工船
・缶詰、瓶詰、真空パック
・塩蔵製品
・干物・乾物・燻製
・練り製品・かまぼこ

第12回 漁船の建造

・漁船を建造する造船所
・適用される法律
・船の検査と修理
・地域産業としての造船業

第13回 水産の教育システム

・水産系大学
・水産高等学校・海洋高等学校
・練習船

第14回 水産の未来

・人類が持続的に生きるための食料の確保
・海の環境の保全

第15回 授業のまとめ

・講義全体のまとめ