トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 ビジネスリテラシー
   Business Literacy
授業科目区分
共通教育科目・総合科目(学際分野)
担当者 廣本 寿夫(講師)
グレード G2
テーマ 本講座では、ビジネスパーソンとして必要な基本行動を習得します。
毎回、ぺワーク・グループワークを行い、各人の基本行動を変革します。
キーワード ビジネスリテラシー,コミュニケーション,テクニカルライティング,お客様満足度,交渉力,影響力によるリーダーシップ,ハーバード流交渉学,行動経済学,三方良しの交渉学
開講年度
2018
開講時期
春・秋
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 この授業ではグローバルに活躍するビジネスパーソン・ビジネスリーダーに要求される能力を身につけることを目標とする。
具体的には、
・影響力によるリーダーシップ
・ビジネスパーソンの基本行動
・敬語・ビジネスコミュニケーション
・ビジネス文書(社内文書、電子メール、報告書、依頼書 等)
・テクニカルライティング(明確・簡潔・理解されやすい文章)
・交渉と行動経済学
等を学びます。
※ビジネス(テクニカル)ライティングの演習をかなり行いますので、日本語で文章を記述する能力が必要となります。
履修条件 ◇初回の授業で、学修意欲を確認した後、ワークとテストにて、20名程度の受講者を確定します。

◆受講条件◆
・積極的(いつも笑顔で、明るく、元気)に演習に参加する。
・予習・復習を確実に行う。
・授業は、遅刻しない。毎回参加する。
※毎回グループ・ペアワークを行います。
★反転型の授業ですので、事前にeラーニングでの予習が必要です。
科目の位置づけ(DPとの関連) この科目は学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて修得する知識や能力のうち、幅広い教養を身につけることに役立ちます。
学修の到達目標 ビジネスパーソンとして行うべき基本行動を習得する。
特に、ビジネス文書にフォーカスしますので、日本語の記述能力が前提となります。
※日本語での文章が普通(大学入試レベル)
インターンの事前学修として推奨します。
e-Learningで事前・事後の学修ができる「反転型の講義」です。
授業の方法 講義・例示・ワーク・発表・フィードバックを繰り返し、行動レベルでノウハウを習得します。
授業外の学修(予習・復習等) 毎回、後半に課題を提出します。
レポートの提出は、1週間以内に電子メールで行います。
基本パソコンメールに、WORD文書の添付とする。
テキスト・参考書 「ビジネスリテラシー」テキスト ㈱ワイドブック発行(1,000円)

「e-Learning(行うべき基本行動)」
成績評価の基準・方法 ◆評価方法◆
・授業への参画度合い。(50%)
・授業中に行う演習の達成度合い。(50%)
この科目の履修にあたって 毎回、グループ討議、ペアワーク、個人演習を行います。
毎回、後半に課題を提出します。
レポートの提出は、1週間以内に電子メールで行います。
基本パソコンメールに、WORD文書の添付とする。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

これからの授業の進め方について説明する。また、ビジネスにおける基本行動の重要性を討議する。
選抜テスト実施

第2回 第一印象の重要性

第一印象や身だしなみについて考える。
自己アピールとストーリーテリング
人脈の作り方(ネットワーキング)

第3回 挨拶の基本

正しい立ち姿勢や挨拶の仕方、お辞儀のポイントなどについて習得する。接遇行動 おもてなし!
ワーク

第4回 コミュニケーションの重要性

報告・連絡・相談など、社内におけるコミュニケーションのあり方について考える。
ワーク

第5回 話し方・敬語の基本

敬語の基本的概念や間違えやすい敬語の使い分けなどについて学修する。
ワーク

第6回 社内業務の進め方

指示の受け方から報告の仕方まで、社内業務の流れとポイントについて解説する。
電話応対の流れとポイントを、ロールプレイ形式で習得する。

第7回 クレーム対応

クレーム対応は重要です。
クレーム電話の対応を含め、心構えと押さえなければならないポイントを習得する。
クレームをチャンスに変える方法

第8回 来客応対・セールスプロモーションとサービスプロモーション

訪問客に対する受付からお見送りに至るまでの業務の流れとポイントについて解説する。名刺交換の仕方と紹介のルール等を習得する。
接客におけるサービスの概念とお客様満足を向上するノウハウについて解説する。

第9回 ビジネス文書の書き方

基本的なビジネス文書(社内文書・社外文書)の書き方について学修する。

第10回 テクニカルライティング演習Ⅰ

ビジネスシーンで、指示書、マニュアル、ビジネスメールを作成するノウハウを習得します。

第11回 テクニカルライティング演習Ⅱ

ビジネスシーンで、指示書、マニュアル、ビジネスメールを作成するノウハウを習得します。

第12回 テクニカルライティング演習Ⅲ

ビジネスシーンで、指示書、マニュアル、ビジネスメールを作成するノウハウを習得します。

第13回 交渉と人脈形成

ハーバード流交渉学の基本を取得します。
「三方よし(相手・自分・世の中良し)」の交渉学を習得します。
本当に役立つ人脈形成の方法を学びます

第14回 行動経済学

行動経済学のエッセンスを事例演習で学びます。

第15回 講義のまとめ

これまでの講義の総括とフィードバックを行います。