トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 環境フィールドスタディⅠ
   Field Studies of Environmental Problem Ⅰ
授業科目区分
共通教育科目・総合科目(学際分野)
担当者 川瀬 成吾(准教授)
グレード G2
テーマ 地域の自然環境を考える
キーワード 里山,生物多様性,絶滅危惧種,外来種,高安山山麓
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 この授業では、生態系の基本的な原理について解説し、生態系をモデルにした環境保全の方法とは何かを身近なフィールドでの体験を通して学び、環境問題の現状を理解する。地域の自然環境を実地調査し、現状を把握することで、自然を保護することや環境を改善することの意味を考察する。これらの実地調査・検討を通じて、フィールドを観察する目、資料を分析し、問題を発見する能力、そしてそれらをまとめて発表する能力を養うことを目標とする。
履修条件 野外生物調査や環境保全活動を実践的に行ないます。普段の授業は花岡キャンパス内で行ないますが、森林整備は高安山へ移動して実施します。したがって、各期に1回、日曜日に授業を実施します。移動のための交通費(ケーブル代:1100円)は自費での参加となります。本授業は、体験実習を重視しますので、森林整備に参加可能な学生のみ履修してください。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、学位授与の方針を実現するため、社会人として必要な環境市民の知識と能力を身に着けるための共通教育科目の「学際分野」に位置づけてられています。
学修の到達目標 社会人として必要な環境市民としての知識・能力を実施活動を通して、身につけることを目標とします。
授業の方法 基本的な内容についての説明は、ビデオ鑑賞やプリントを配布して行ないます。実地調査の際には、調査の結果をまとめ、レポートを作成し、発表討論を行ないます。レポート作成、発表を個人でするか、グループ単位でするかは履修状況を見て判断します。キャンパス内、地域の自然保護・保全活動については調査の結果を踏まえながら実施します。
授業外の学修(予習・復習等) 生活上の環境問題に関心を持ち、大学や地域において実施されている実践的な環境保全活動などにボランティアとして参加してほしい。
テキスト・参考書 <参考書>
『自然再生』 鷲谷いづみ著 中公新書
『里山資本主義』 藻谷浩介・NHK広島取材班共著 角川新書

<教科書>
使用しません。
成績評価の基準・方法 レポート(50点)と授業(フィールドワーク)への参加度(50点)の合計で成績を評価します。期末試験は実施しません。
履修上の注意事項など この科目は野外調査や環境保全活動を実践的に行ないます。体験実習を重視しますので、自然再生活動としてのため池の調査や森林整備および有機栽培などの実習に参加可能な学生のみ履修してください。
この科目の履修にあたって 自然再生活動や環境保全活動に強く関心のある学生に履修を進めます。野外調査など危険を伴う場合がありますので、指導教員やティーチングアシスタントの指示によく従ってください。
オフィスアワー 月 14:40~16:10 花岡コモンズ 授業の質問、その他(自然・生物のこと)


第1回 ガイダンス

フィールドワークの基本や環境保全活動の紹介を行なう。

第2回 水辺の生態に関する学習(1)

魚類の行動やため池のプランクトンなどの観察方法を解説する。

第3回 水辺の生態に関する学習(2)

魚類や植物プランクトンの生態を解説し、ため池調査方法を紹介する。

第4回 地域の実態調査

キャンパス内の自然環境の観察会を実施する。キャンパス内ふれあい池におけるニッポンバラタナゴの行動観察とビデオ撮影を実施する。

第5回 実地調査に関する協議

キャンパス内の自然再生の意義・価値について議論する。

第6回 調査準備

調査用備品の整理や水質分析器の使用方法を解説する。

第7回 実地調査

キャンパス内ふれあい池の生態調査実施

第8回 資料整理

データ整理方法と資料作成演習

第9回 中間報告

水辺の生態と自然再生について報告会実施

第10回 実地調査(保全活動)

里山の雑木林と森林調査実施

第11回 資料整理

写真や資料の整理

第12回 中間報告

高安山の森林生態の現状と自然再生について発表会実施

第13回 レポート作成

高安地域の里地・里山の環境保全についてレポートを作成する。

第14回 発表討論

高安地域の里地・里山の観光保全について発表会を実施する。

第15回 総括

今後の地域の地場産業と共生する自然再生方法について総括する。