トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 環境と社会
   Sustainable Society
授業科目区分
共通教育科目・総合科目(学際分野)
担当者 加納 義彦(教授)
グレード G2
テーマ 社会と環境を考える人(環境市民)になろう
キーワード 持続可能な社会,環境問題の実際,環境と経済の両立,暮らしと環境,環境との共生
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 この授業では、地球と自然環境、公害問題・大気汚染・森林破壊等の様々な環境問題の実態、環境をめぐる世界の動き、環境と社会との関わり、暮らしと環境等を学び、持続可能な社会を目指し、環境と共生するための具体的な行動について考えます。この授業を通じて、地球環境に対する幅広い知識を持つとともに、環境と社会との関わりについて考察する能力を身につけることを目標とします。また、社会における環境問題の基本的な知識を修得します。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、学位授与の方針を実現するため、社会人として必要な環境市民の知識と能力を身につけるための共通教育科目の「学際分野」に位置付けられています。
学修の到達目標 社会人として必要な環境市民としての知識・能力を身につけることを目標とします。その目標に達しているかどうかを判断する基準として、「環境社会検定試験」(eco検定)に合格できる知識と思考力を学修します。
授業の方法 「環境社会検定試験」(eco検定)の公式テキストを教材として使用し、地球と自然環境、環境問題の実態、環境をめぐる世界の動き、環境と経営、環境と商品、暮らしと環境などについて学びます。また、「eco検定」の過去問題・模擬問題について体系的に検討し、試験合格に向けた実践的な力をつけるようにします。授業の後半で確認テストを実施し、学修自己評価を行い、再度理解を深めるためのフィードバック学習を実施します。
授業外の学修(予習・復習等) 生活上の環境保全に関心を持ち、大学や地域において実施されている実践的な環境保全活動などにボランティアとして参加してほしい。
テキスト・参考書 改訂版『環境社会検定試験 eco検定公式テキスト』(JMAM) 
成績評価の基準・方法 期末試験の成績(70点)と授業への参加度(30点)の合計で成績を評価します。授業への参加度は、毎回授業中に行う小テスト(eco検定既出問題)などで評価します。期末試験問題は毎回行われる小テストから抽出して作成します。
履修上の注意事項など 実践的な関連科目の『環境フィールドスタディ』や、より専門的な『環境と生態』など履修するための基礎科目であるので、広く環境に関する知識を学修してほしい。
この科目の履修にあたって 毎回、解説した内容をeco検定の過去問などを利用して確認テストを実施する。この確認テストを繰り返すことによって、eco検定に合格できるように計画しているので、授業への参加貢献度を重視してほしい。
オフィスアワー 木 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、その他(環境関連問題について)


第1回 持続可能な社会に向けて

世界がもし100人の村だったら、地球環境問題、持続可能な社会

第2回 地球と自然環境

地球の生い立ち、大気、海と川、土と森、自然環境の変化

第3回 環境問題の実態(1)

公害問題・大気汚染・地球温暖化・オゾン層破壊・酸性雨

第4回 環境問題の実態(2)

森林破壊・砂漠化・生物多様性・都市生活と環境・廃棄物とゴミ処理場

第5回 環境問題の実態(3)

有害化学物質・ヒートアイランド現象・エネルギー消費の実態

第6回 環境と経済・社会(1)

環境をめぐる世界の動き-地球サミット・「アジェンダ21」・京都議定書

第7回 環境と経済・社会(2)

環境と社会-循環型社会・廃棄物とリサイクル・エネルギー対策・クルマ社会と環境・化学物質の環境リスク

第8回 環境と経済・社会(3)

環境と経営-環境マネジメント・CSR・環境報告書・環境会計・環境ビジネス

第9回 環境と経済・社会(4)

環境と商品-グリーン購入・製品の環境負荷低減・環境ラベル・環境配慮設計

第10回 暮らしと環境(1)

個人の暮らしと環境問題

第11回 暮らしと環境(2)

自然と共生した住環境

第12回 暮らしと環境(3)

暮らしの中の水、暮らしの中の廃棄物

第13回 暮らしと環境(4)

私たちができる環境貢献

第14回 環境と共生するために

一人ひとりの暮らしから、家庭や地域の暮らしから、自然と将来への責任

第15回 まとめ

これまでの授業での質問、感想、意見などを通じて、授業のまとめを行う。