トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 社会学
   Sociology
授業科目区分
共通教育科目・一般教養科目(社会分野)
担当者 樋口 くみ子(准教授)
グレード G2
テーマ 社会学の基礎理論を現実世界と結びつけながら学ぶ
キーワード 理論,方法論的個人主義,方法論的集団主義,文化的再生産論,近代化論,ジェンダー論,権力論,消費社会論
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  この授業では、社会学の基礎概念や独特の「社会学的なものの見方」について理解することを目的とし、他の社会諸科学との理論的学問的特徴の違いを明らかにする。具体的には、社会学の基礎概念を体系的に修得するため、家族、地域、職場・労働、社会集団等での具体的なテーマを取り上げ、関連付けて解説する。社会学の基礎理論を学ぶことで、身の回りに起こっている様々な社会現象を読み解く有効な基礎知識と方法を修得することが目標である。
履修条件
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目は教養部開講の共通教育科目のうち、一般教養科目(社会分野)になります。この科目では、学問分野の垣根を超えて、それぞれの専門科目のベースとなり、かつ、実社会で役立つ知識を身につけることができます。
 この科目は、各学部の学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
(国際学部)
1. グローバル化する現代社会の諸問題を理解し、理論と知識をもってその解決に向けて自ら考え、取り組む姿勢を身につけている。
(経済学部)
1. 日本語及び外国語の活用能力、数的処理能力、情報活用能力とともに幅広い教養及び国際感覚を身につけている。
(法学部)
4. 論理的な思考力と豊かな表現力とともに幅広い教養および実践感覚を身につけている。
学修の到達目標  次の二点を到達目標とします。
1. 社会学の基礎理論について、それが誕生した時代背景もふまえ理解している
2. 社会学理論を用いて身の回りの社会現象を説明できるようになる
授業の方法 (1) 基本的には講義形式で、パワーポイントを使って授業します。授業は労働・社会集団など身近な事例を挙げながら、そうした社会をどのようにとらえたらいいのか、各回で取り扱う理論について解説しながら考えていきます。
(2) 配布資料は穴埋め式になっているので、授業を聞きながら記述をしないと完成しません。
(3) 毎回、授業の終わりにリアクションペーパーを配布し、その日の講義内容で取り扱う理論に関する文献などを読み感想を書いてもらいます。リアクションペーパーの一部は匿名化したうえで翌週の講義の冒頭で紹介し、フィードバックしていきます。これらの双方向型の授業を通して、クラスの全員で多様な意見を交わし、社会学理論の体得を目指します。
(4) 欠席者のために、毎回の配布資料は授業終了後にWeb(IT’s Class等)でも配布予定です。
(5) ICTとしては、上記に述べた①パワーポイントによる授業の実施、②クリッカーの使用、③It’s classの活用を行います。
授業外の学修(予習・復習等) 1. 予習として、テキスト『〈私〉をひらく社会学 (大学生の学びをつくる)』で指定する箇所や事前に配布した資料は、次回の講義までに読んでおくこと
2. 復習として、毎回授業時に配布するレジュメや資料をよく読んでおくこと
3. 社会学はいわば、私たちが生きる社会のしくみを解き明かすうえで有効となる学問です。テキストや配布資料を通した予習復習に限らず、普段から新聞などのメディアを通して積極的に情報を収集し、この授業で学ぶ内容を日常生活とどのように結びつけることができるのか、意識的に考えていくことが推奨される
テキスト・参考書 ※テキストを参照した授業を行うことが多いため、テキストは必ず購入してください。ただし参考書は購入必須ではありません。参考書は、授業内容を超えて更に本格的に社会学を学びたい人にお薦めします。
テキスト:
豊泉周治・鈴木宗徳・伊藤賢一・出口剛司(2014)『〈私〉をひらく社会学 (大学生の学びをつくる)』大月書店(¥2,400+税)
参考書:
奥村隆(2014)『社会学の歴史Ⅰ――社会という謎の系譜』有斐閣
那須寿(1997)『クロニクル社会学――人と理論の魅力を語る』有斐閣アルマ
新睦人編(2006)『新しい社会学のあゆみ』有斐閣アルマ
同上(1984)『社会学のあゆみパート2』有斐閣新書
同上(1979)『社会学のあゆみ』有斐閣新書
成績評価の基準・方法 (1) 成績評価は授業中のリアクションペーパー(50%)、定期試験(50%)で行います。
(2) 定期試験では、「学修の到達目標」に掲げる二つの目標についての理解習熟度を問います。
履修上の注意事項など (1)毎回の配布資料をまとめて保管できるよう、フォルダーを用意しておくとよいでしょう。
(2)この授業は、「現代社会学」をより理論的に突き詰めた内容となっています。そのため、必須ではありませんが「現代社会学」と併せて受講することをおすすめします。
この科目の履修にあたって  普段私たちが暮らしている「社会」は、空気のような存在で、「当たり前」のものとして私たちの周りに存在しています。そして、そのなかで私たちは<自分らしい>生き方を追い求めて、将来に向かって進んでいます。
 しかし、異なる社会――例えば同じように見える日本社会ですら、そのなかには様々な文化が存在し、自分にとって「当たり前」のものは、他の人にとって「当たり前」でなかったりします。また、<自分らしい>生き方といっても、さまざまな社会的統制――例えば周囲から求められる男の子らしさ、女の子らしさの影響を受けたりしながら形成されていくものです。
 この授業ではそうした「当たり前」の「社会」をとらえなおし、<自分らしさ>の背後にあるさまざまな社会的統制や抑圧を社会学理論をもとにとらえなおしていくことで、今まで生きてきた人生をふりかえりつつもう一度自分をとらえなおし、さらにはこれからの社会で生き、これからの社会を考えていくための重要な基礎を提供します。この授業が終わる頃には、自分をはじめ、他の人をより理解できるようになることでしょう。
オフィスアワー 月 13:00~14:30 花岡コモンズ 授業の質問、メンタル支援
金 10:40~12:10 相談ラウンジ(八尾4階) 


第1回 オリエンテーション

社会学とはいかなる学問なのかを紹介し、各回の授業のテーマとその概要、授業の目標、方法、成績評価などについて説明する。資料は当日配布する

第2回 社会学の誕生――コント

社会学は近代社会の成立とともに生まれた新しい学問である。第2回講義では、それまで空気のような「当たり前」の存在であった「社会」に関心が向けられ、学問としての構想が練られていった背景を理解すべく、オーギュスト・コントに着目する。資料は当日配布する

第3回 社会と個人の関係をどう見るか1――デュルケム

目に見えない「社会」をどのようにとらえたらいいのだろうか?ここではのちの社会学に大きな影響力を与えた学者のうちデュルケムに着目し、その方法論について学ぶ。資料は当日配布する

第4回 社会と個人の関係をどう見るか2――ヴェーバー

目に見えない「社会」をどのようにとらえたらいいのだろうか?ここではのちの社会学に大きな影響力を与えた学者のうちヴェーバーに着目し、その方法論について学ぶ。資料は当日配布する

第5回 社会はどのように秩序だっているのか――パーソンズとマートン

1億2千万人が暮らす日本社会。これだけ多くの人々がある程度秩序だって生きる背景にはどのような社会的な構造があるのか、この点をとらえるためにパーソンズとマートンの理論を学んでいく。資料は当日配布する

第6回 格差と貧困の時代をどう見るか――マルクスと現代社会学

格差が拡大し、貧困が深刻化して久しい現代日本社会。派遣労働をはじめとした不安定な雇用形態が増加するなかで、働き、お金を稼ぐというこの社会をとらえる視点として、マルクスの理論について学ぶ。事前・事後学習のどちらでもよいので、テキスト2-20頁も併行して読んでおくこと

第7回 <自分らしい>生き方の背後にある選択原理――ブルデューの社会学

「<自分らしい>服装や習い事、お金の使い方、音楽の趣味などは、自分ひとりで選んだ結果である」――しかし、本当にそうなのか?ここではそういった常識的なものの見方をくつがえすべく、ブルデューの社会学を学ぶ。資料は当日配布する

第8回 <自分らしさ>を追求することの生きづらさ――ギデンズ、ベック、バウマン

江戸時代とは異なり、自分自身で職業選択ができるようになった現在。進路選択をはじめ、さまざまな場面で<自分らしい>選択を求められ、面接では<自分らしい>志望理由を求められる。このような社会を理解し、その背景で見えづらくなっている問題を可視化するためにも、ギデンズ、ベック、バウマンの議論について学んでいく。事前・事後学習のどちらでもよいので、テキスト146-164頁も併行して読んでおくこと

第9回 男として、女としての生きづらさを考える――ジェンダー論

日本は「ジェンダー格差指数」では世界144カ国中111位(2016年時点)と、世界の国々のなかでもとりわけ男女間の格差が大きい国となっている。そしてこの格差はなかなか改善されないままにいる。ここではそうした日本社会をとらえなおす視角を獲得すべくジェンダー論者の議論を摂取し学んでいく。事前・事後学習のどちらでもよいので、テキスト21-40頁も併行して読んでおくこと

第10回 監視カメラに囲まれた社会を考える――フーコーの権力論

駅や商店街を歩くと至る所で目にする監視カメラ。使うことが当たり前になったポイントカードやICカード。ここではそうした監視され、個人情報が管理される「当たり前」の社会をとらえなおすために、フーコーの権力論を学んでいく。事前・事後学習のどちらでもよいので、テキスト41-56頁も併行して読んでおくこと

第11回 社会のなかでつくられる欲望と消費――消費社会論

お金で買えない幸せがあることは分かりながらも、他方で新商品が出たらものを買わずにいられない。ここではそうした物を買うという行為をとらえなおすために、消費社会論について学んでいく。事前・事後学習のどちらでもよいので、テキスト77-94頁も併行して読んでおくこと

第12回 新たな社会の構築に向けて①民主主義の再考

自分たちが暮らす社会をよりよいものに変えていくことはいかに可能なのか。第12-14回では、新たな社会を紡ぎあげていく方法について学ぶ。そのなかで第12回は、民主主義政治に着目する。事前・事後学習のどちらでもよいので、テキスト166-184頁も併行して読んでおくこと

第13回 新たな社会の構築に向けて②公共空間を作り出す

自分たちが暮らす社会をよりよいものに変えていくことはいかに可能なのか。第12-14回では、新たな社会を紡ぎあげていく方法について学ぶ。そのなかで第13回は、公共空間に着目する。事前・事後学習のどちらでもよいので、テキスト185-202頁も併行して読んでおくこと

第14回 新たな社会の構築に向けて③ナショナリズムの再考

自分たちが暮らす社会をよりよいものに変えていくことはいかに可能なのか。第12-14回では、新たな社会を紡ぎあげていく方法について学ぶ。そのなかで第14回はナショナリズムについて考え直す。事前・事後学習のどちらでもよいので、テキスト203-221頁も併行して読んでおくこと

第15回 まとめ

第1~14回までの講義内容をまとめ、総括を行う。そして、現代社会をとりまく様々な事象に対してこれまで学んだ理論の数々をどのように応用して理解していけるのかを考えていく