トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 経済学
   Economics
授業科目区分
共通教育科目・一般教養科目(社会分野)
担当者 井上 勝雄(教授)
グレード G2
テーマ 現代経済社会の見方を学ぶ
キーワード GDPの生産・分配・支出面  ,名目と実質 ,消費・貯蓄・投資,有効需要 ,,資産と貨幣,債券価格と利子率 ,マネーサプライ,物価と賃金 ,国際収支と為替レート ,,失業とインフレ
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  経済学は大別すると、個別家計や企業の経済活動をテーマとするミクロ経済学と、国レベルの経済社会全体の動向とそのメカニズムをテーマとするマクロ経済学がある。本科目は入門的なマクロ経済学を取り上げて、現代経済社会をどのように捉まえるかを修得する。まず、経済学の課題と輪郭を説明した後、経済学の重要なキーワードの日常感覚と経済学的な定義の意味内容との違いを理解する。それを通して、経済社会を見る目を養い、経済活動のメカニズムの本質について考える力を身に付ける。きわめて基礎的な内容に限るけれども、様々な職業において業務を遂行する際、基本的に持ち合わせているべき経済学的素養を培うことになる。
履修条件
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  経済学部の他、法学部および国際学部の学生諸君が、大学入学後初めて学ぶ経済学として位置づけられる。講義は基礎的な内容に限るけれども、経済社会を見る目を養うべく、経済活動について、本質的・根本的なところから考える力を身につけるのを重視する。全学部に共通の社会科学領域における教養科目の重要な一つである。
学修の到達目標  経済学の課題を理解した上で、マクロ経済の重要なキーワードの日常感覚と経済学において意味するところの違いを把握する。そうすることで、主としてマクロ経済学の極めて基礎的な領域を理解し、経済社会の見方を根元的なところから修得する。将来どのような職業に就くとしても、必要不可欠な経済学的素養を身につける。
授業の方法  講義を中心にして、授業中の演習とホームワークを課す。次の週に先週の演習とホームワークの解説をして、受講生が講義内容の理解を定着させるよう授業を進める。講義テキストおよびレジュメの類、演習の解答例など教室で取り上げる資料は、IT's class中の教材にアップロードします。適宜、講義レジュメの図表、グラフなどの説明には、スクリーンを活用する。
授業外の学修(予習・復習等)  (1)予定される講義の講義レジュメは事前にダウンロードし、書籍の体裁に綴じて、受講時には必ず持参すること。(2)ホームワークの演習は、必ず実行して次の週に提出すること。(3)講義レジュメ、授業中およびホームワークの演習は、しばしば復習して、経済学の用語と考え方をしっかりと身につけていくこと。
テキスト・参考書 授業中に活用する講義テキスト・レジュメを配布する。参考書は、適宜、講義の中で指示する。
成績評価の基準・方法  成績評価の基準・方法は、毎回の授業には積極的に参加し、授業中の演習とホームワークを丁寧な叙述で着実に提出すること(30%)。中間テスト(30%)と定期試験(40%)を総合的に評価します。()内の%表示は総合的な評価に対する配分です。
履修上の注意事項など  毎回の授業には積極的に出席し、着実に復習をして、疑問点や質問したい事柄が生じたら、躊躇しないで、出来るだけ授業中に担当者に直接質問してください。
この科目の履修にあたって
オフィスアワー 木 14:00~14:30 教務課(C号館1階) 授業の質問、数学の基礎、レポート作成支援、キャリアと進路、メンタル支援、大学院進学(経済系)、その他(自己PR作成支援など)


第1回 ガイダンスおよび経済学の課題

授業運営と成績評価の方法などを中心に、授業ガイダンスを行った後、ミクロ経済学とマクロ経済学の主要な考察領域を解説する。そうした上で、マクロ経済学の基本的な命題である資源配分と所得分配などの重要な概念を講義する。

第2回 経済活動を眺める

経済学的にマクロ経済の見方を解説する。そのために、財・サービスの価値構成を例示し、他方で、簡単な投入産出表を解説する。そうした上で、一般に景気と言われるものとGDP(国内総生産)との関係を講義する。

第3回 経済活動水準を表す指標

前の週の講義内容を復習しつつ、経済活動水準を表すGDPの生産面、分配面、支出面を説明し、三側面の同等性を詳述する。

第4回 経済活動水準を表すGDPはどう決まるか

経済活動水準を表す最大重要な指標であるGDPの大きさはどのような要因で決まるか、そのメカニズムを講義する。

第5回 好況・不況はどう決まるか

一国の経済において、GDP水準がどのように決まるかのメカニズムを「有効需要の原理」に基づいて解説した前週に引き続いて、演習を通じて理解を深める。

第6回 不況からの脱出策

投資の乗数効果の議論を通して、政府支出をはじめ、投資需要の拡大によって、経済社会にどのような効果を及ぼすかについてを解説する。

第7回 本講義の前半部における復習

これまでの講義内容と、その理解のために取り組んできた演習についての復習。

第8回 マクロ経済学入門の中間時点でのまとめ

第1回から第7回までの授業内容の確認

第9回 経済の貨幣的側面を見る(1)

経済の貨幣的側面を見るため、貨幣の経済学的定義と、資産と貨幣の違いを説明し、両者を区別する利子率の意味を解説する。

第10回 経済の貨幣的側面を見る(2)

貨幣の需要要因を明らかにし、貨幣の供給面であるいわゆるマネーサプライ・マネーストックの意味と役割を解説する。

第11回 失業とインフレ

失業の発生と完全雇用への政策、インフレ・デフレのメカニズムを講義する。

第12回 国際収支統計

財サービスの国際的流れをどう把握するかを講義する。

第13回 為替レートが決まるメカニズム

財サービスと資本の国際的流れと、それらの価格としての為替レートがどのように決まるかを講義する。

第14回 本講義の後半部についての復習

授業後半部の講義内容と、その理解のために取り組んできた演習についての復習。

第15回 講義全体の総復習

講義全体を振り返り、マクロ経済をどう把握するかの核心を探る。