トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 論理学
   Logic
授業科目区分
共通教育科目・一般教養科目(人文分野)
担当者 渡邉 浩一(准教授)
グレード G2
テーマ 議論に強くなるために
キーワード 定義する,論証する(三段論法),誤謬を見抜く
開講年度
2017
開講時期
配当年次
経済学部・法学部1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 「論理学」(logic)とは端的には「正しい思考の形式・法則についての学問」をいいます。そこから伝統的に、さまざまな内容の知識を学び進めていくにあたって誰もがあらかじめ身につけておくべき「予備学」と位置づけられてきました。
この授業では、そうした伝統を踏まえつつ、大学生ひいては社会人にとって必要な「議論」の技術の向上を目的として、とくに「定義する」「論証する」「誤謬を見抜く」訓練を行います。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 共通教育科目・一般教養科目(人文分野)の一科目で、「幅広い教養」や「論理的思考力」の育成に関わるものです。
学修の到達目標 1)概念を厳密に定義できる
2)各種の三段論法を識別し、自作できる
3)議論の弱点・誤りを見抜き、しかもそれを逆用できる
4)論理学という学問の意義を、自分の専門と結び付けて説明できる
授業の方法 講義と演習を交えたかたちをとります。毎回、板書ノートと簡単な復習課題の提出を求めますが(ワークシートを使用)、それらは翌週の授業時に評価をつけて返却します。
授業外の学修(予習・復習等) 毎回、板書ノートと簡単な復習課題の提出を求めます(ワークシートを使用)。
テキスト・参考書 1)テキストは特にありません。
2)参考書はひとまず下記のものを挙げておきます。
 ①千葉茂美・東 千尋・若山玄芳『論理学入門』(学陽書房 1974年)
 ②鈴木美佐子『論理的思考の技法Ⅱ 三段論法と誤謬』(法学書院 2008年)
成績評価の基準・方法 1)毎回の課題への取り組み(60%)
2)期末テスト(40%)
履修上の注意事項など シラバスを読んだうえで初回授業に臨むこと。
この科目の履修にあたって
(大前提)これまであまり勉強していない人には伸びしろがある
(小前提)〇△さんはこれまであまり勉強していない
(結 論)ゆえに、〇△さんには伸びしろがある
オフィスアワー 木 12:10~13:00 花岡コモンズ 授業の質問、国語の基礎、レポート作成支援


第1回 論理学ってどんな学問?

(鍵概念)ことば 思考 ロゴス
(課題)自分の専門と「論理学(logic)」の関わりを探る

第2回 論理学はことばをどう取り扱うか?

(鍵概念)概念と判断 文と命題 文法と論理
(課題)好きな本から「命題」を取り出してみる

第3回 文から何が導き出せるか?

(鍵概念)直接推論 換質
(課題)「対当の方陣」を作ってみる

第4回 「人間とは理性的動物である」

(鍵概念)カテゴリー 類と種 定義
(課題)好きなことばを厳密に定義してみる

第5回 議論の作法

(鍵概念)討論 問題 証明
(課題)問うにたる問題を立ててみる

第6回 「すべてスワンは白い」?

(鍵概念)例示 帰納 類比
(課題)科学者による証明の実例を調べてみる

第7回 「ゆえにソクラテスは死ぬ」

(鍵概念)間接推論 (定言)三段論法
(課題)自分で三段論法を作ってみる

第8回 4×4×4×4=?

(鍵概念)換位 格と式
(課題)自作の三段論法を変形してみる

第9回 Barbara, Ceralent, Darii, Ferio

(鍵概念)格式おぼえ歌
(課題)正しい三段論法の型を見きわめる

第10回 ヤマアラシのディレンマ

(鍵概念)仮言的三段論法 選言的三段論法
(課題)各種の三段論法を自作してみる

第11回 角のかわし方

(鍵概念)ディレンマ
(課題)ディレンマの実例を探してみる

第12回 その議論のどこが誤りか?

(鍵概念)誤謬 弁証論
(課題)わざと間違えてみる

第13回 正しさと確からしさ

(鍵概念)レトリック 詭弁
(課題)ありえない主張をそれらしくしてみる

第14回 論理学の現在

(鍵概念)記号論理学 プログラミング
(課題)コンピュータの仕組みを調べてみる

第15回 まとめ

授業の総括