トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 教育学
   Education
授業科目区分
共通教育科目・一般教養科目(人文分野)
担当者 鈴木 清稔(教授)
グレード G2
テーマ 「教育」、「学校」、「学ぶ」とは
キーワード 人間形成,教育,学校教育,教育を受ける権利
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  学生諸君は、保護者や教師にとっては「教育」の対象であり、「学校」に身を置きながら、なぜ学校というものがあるのか、なぜ教育されるのか、説明されることはない。そして、学校や教育について冷静、客観的に考える機会も少ない。
 そこで、この科目では、教育や学校を社会における人間の営みや組織や社会現象として捉えて、「教育」や「学校」を“対象化”して多面的に考察することを目的としている。
 授業は、ヒトという動物にとって、あるいは社会にとって「教育はどのような意味を持つ行為なのか」、「学校はどのような事情から発生したのか(それまでは存在しなかったのに)」など、教育や学校の来歴を紐解くことを通じて、教育や学校についての理解を深めることを目指して進める。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  共通教育科目の一般教育科目のうち人文分野の一つとして、人間や社会に関する知識を得るとともにそれらについて様々に考察することを通じて、幅広い知識・教養を身につけるための教養学修の一端を担う。
 また、教職課程履修者にとっては、教育職員免許法施行規則における「教職又は教科に関する科目」に属する科目であるので、教員免許取得のための取得単位にとして。カウントされる科目である。
学修の到達目標  教育は、人類社会において行われる営みであり、学校は、人類社会の歴史の中で作り上げられてきた組織である。どちらも、我々にとって日常よく耳にする言葉であり、目新しくもない「当たり前」の行為あるいは存在である。それだけに<そもそも教育とは、学校とは、何か>と考える機会もないかも知れない。
 しかし、改めて考えてみると、よく分からなくなるのではないだろうか。誰にも教育や学校に関わった経験があり、教育や学校については誰でもものが言える。一億総教育評論家の状況ではあるが、各人各様の発言はあっても知的なまとまりのある見解とはならない。
 そこで、この科目では、教育の来歴を紐解きながら、個人的な経験からしか見られなかった教育や学校を相対化しながら捉え直し、教育についての基本的な知識や理解を得ることを目標としている。
授業の方法  主に講義形式を取って授業を進める。多くの場合、板書の筆写とノート作りの助けとなるよう、サブノート形式のプリントを配布するので、受講生は、このプリントに板書と講義内容のメモを書き込んでノートを作成すること。
 また、授業時に、受講生自身が“主体的に活動”する部分として、10数分から20分くらい、新聞記事をなどの資料を読み、自分の考えたことなどを書く時間を設ける予定である。この資料や受講生のコメントについては、次の時間に解説や論評などを行う。(また、このとき扱う内容が授業内容と関連する場合があるので、積極的に取り組むこと。)

 授業に関する重要な連絡があるときは、授業時のアナウンスとナイス・ポータルの「連絡事項」をによって行う。
授業外の学修(予習・復習等)  講義ノート作りや、授業時の配布プリントに目を通すことなどにより、次の週までに復習すること。

 なお、ノートの作り方や配布プリントの整理については、授業中に助言する。
テキスト・参考書 テキストは指定しない。

参考書については講義中に随時、紹介する。
成績評価の基準・方法  学期末に試験を行う予定である。この試験の得点を主として成績評価(80%)を行い、授業中のコメント分(20%)を加味する。試験は、講義の内容や配付資料の内容から出題される。
履修上の注意事項など  受講するにあたっては、授業の妨げになるような行為は厳禁する。また、授業中には、積極的な「聞き」が必要である。試験問題も、授業を聴き、ノート作りをしなければ、答えられないものである。
この科目の履修にあたって  授業での配布物は各自、保存し、ノートや指示した資料は授業時に持参すること。

「教職又は教科に関する科目」に属する科目であるので、教員免許取得のための取得単位にとして。カウントされる科目である。したがって、教職課程の履修を考えている学生諸君は、入門的な科目と考えて履修してもらいたい。
オフィスアワー 月 13:00~14:30 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、大学院進学(教職系)、その他(教職課程)


第1回 教育について学ぶとは

・授業についてのオリエンテーション

・教育について考えたり、語ったりする際の留意点

第2回 言葉から考える「教育」

・教育という漢字やeducationという英語などの言葉から教育の古層についてふり返る


第3回 「教育」や「学校」のイメージ

・現在身の回りにいる人たちが持っている教育や学校に着いてのイメージから考える

第4回 人間と教育--1

・動物としてのヒトの特質

第5回 人間と教育--2

・動物としてのヒトにとって「学習」することの意味

第6回 社会・文化と教育--1

・社会にとって教育が果たす機能

・文化伝達と社会維持機能

第7回 社会・文化と教育--2

・社会の持つ様々な人間形成作用=社会化と「教育」との関係

・学校出現の一契機

第8回 文化の伝達と教育

・身近な文化の伝達について考える

第9回 社会化の諸相--1

・イニシエーションから<大人になること>について考える

第10回 社会化の諸相--2

・イニシエーションの喪失した社会で<大人になること>について考える

第11回 学校教育の制度化と「教育を受ける権利」--1

・学校へ行く「義務」から「教育を受ける権利」を保障する「義務」へ

第12回 学校教育の制度化と「教育を受ける権利」--2

・近代公教育の三原則と「教育を受ける権利」

第13回 学校教育の制度化と「教育を受ける権利」--3

・戦前日本の「義務」教育

第14回 日本国憲法と「教育を受ける権利」

・教育を受ける権利と憲法第26条に関わる諸問題

第15回 これからの「教育を受ける権利」と学校

・現在の学校制度のあり方に対する問題提起