トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 日本史
   Japanese History
授業科目区分
共通教育科目・一般教養科目(人文分野)
担当者 林 英一(助教)
グレード G2
テーマ 「偉人」から学ぶ日本の歴史 
キーワード 網野史学,織田信長,豊臣秀吉,徳川家康,山田長政,横井庄一,小野田寛郎,小野盛
開講年度
2017
開講時期
春・秋
配当年次
1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 本授業の目的は、日本の歴史を人物中心に学ぶことにあります。とくに「偉人」と呼ばれる人に着目して、その虚像と実像を解明し、彼らを「偉い」、「偉くない」と評価する私たち自身の見方や歴史の再帰性にまで踏み込んで考察します。そうやって歴史上の人物は時代の産物でもあることを知り、その背景にある通史を理解することで、日本史を学ぶことが社会の役に立つことを示していきます。また通史を整理する過程で、歴史能力検定2級(日本史)レベルの知識を確認します。同検定2級を取得することには、国家資格である通訳案内士試験の筆記試験科目「日本歴史」が免除されるというメリットがあります。
履修条件
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 共通教育科目・一般教養科目(人文分野)の一つで、幅広い教養と国際感覚、論理的な思考力と豊かな表現力を身につけることに役立ちます。
学修の到達目標 歴史能力検定2級(日本史)レベルの知識と歴史的思考力を身につけます。また、授業で取り上げる「偉人」をみて、こうなりたい、なりたくないと考えることで、将来のキャリア意識の育成につなげます。さらに、史実を活用した、世代間対話を推進します。
授業の方法 テキストとPPTに基づき日本語で講義します。毎回授業内小課題を出し、学生の理解度を確認しながら進めます。また資料映像を流し、視覚的理解を促すことに努めます。
授業外の学修(予習・復習等) テキスト・参考書や関連書は、講義では十分に触れられない箇所も含めてよく読んでください。その他、映画、ドラマ、漫画などで歴史への関心を高めることをお勧めします。
テキスト・参考書 授業で使用するため、下記のテキストと参考書を購入してください。
笹山晴生他『アナウンサーが読む聞く教科書 山川詳説日本史』2013年、山川出版社
林英一『残留日本兵』2012年、中公新書
林英一『戦犯の孫』2014年、新潮新書
成績評価の基準・方法 授業内小課題(20%)、期末レポート(80%)で評価します。
履修上の注意事項など
この科目の履修にあたって 担当者開講の「日本史概論Ⅰ」、「日本近現代史」を聴講することで、相乗効果が期待できるでしょう。なお、担当者は歴検1級(日本史)を取得しています。
オフィスアワー 火 16:20~17:50 教務課(C号館1階) 授業の質問、メンタル支援


第1回 ガイダンス

歴史は「変わらない」、「変えられない」との先入観や固定観念を払拭する。

第2回 古代日本史への招待

古代日本史を政治史の観点から整理する。

第3回 中世日本史への招待

アニメ「もののけ姫」の世界観を通じて、中世社会史に触れる。

第4回 天下人(1)織田信長の虚像

信長はなぜ存在するのか、考える。

第5回 天下人(2)織田信長の実像

先行研究を概観し、虚像を修正する。

第6回 天下人(3)豊臣秀吉の虚像

秀吉は英雄か、侵略者か、考える。

第7回 天下人(4)豊臣秀吉の実像

先行研究を概観し、虚像を修正する。

第8回 天下人(5)徳川家康の虚像

家康は善玉か、悪玉か、考える。

第9回 天下人(6)徳川家康の実像

先行研究を概観し、虚像を修正する。

第10回 近世日本史への招待

近世日本史を政治史の観点から整理する。

第11回 山田長政の表象

山田長政は実在するか、考える。

第12回 近現代日本史への招待

近現代日本史を政治史の観点から整理する。

第13回 横井庄一と小野田寛郎

豊かな社会に「帰ってきた日本兵」の言動から、彼らが終戦を知らなかったのか、考える。

第14回 小野盛

「帰らなかった日本兵」の生活から、アジアの視点で日本史を捉え直す。

第15回 まとめ

これまでの講義を踏まえ、自身の将来のキャリアについて考える。