教員紹介

澤野 義一

教授 Professor

澤野 義一 (SAWANO,Yoshikazu)
最終出身学校・学位 龍谷大学大学院法学研究科
博士(法学)(龍谷大学)
主な担当科目 憲法概論、憲法学I、憲法学II、憲法学III、平和学、演習IA、演習IB、演習IIA、演習IIB、演習IIIA、演習IIIB
専門分野
(現在の研究課題)
憲法(平和主義)
キーワード 平和憲法、非武装永世中立、原発の憲法問題

詳細情報&メッセージ

主要著作・論文 <著書>
1.『テキストブック憲法(第2版)』(共編著)法律文化社、2017
2.『脱原発と平和の憲法理論』法律文化社、2015
3.『北東アジアの平和構築』(共編著)大阪経済法科大学出版部、2015
4.『基本判例1 憲法(第4版)』(共著)法学書院、2014
5.『平和憲法と永世中立』法律文化社、2012
6.『21世紀の東アジア』(共著)大阪経済法科大学出版部、2010
7.『新自由主義の総括と格差社会』(共編著)いずみ橋書房、2009
8.『無防備平和』(共著) 高文研、2009
9.『新現代憲法入門 (第2版)』(共著) 法律文化社、2009
10.『平和憲法の確保と新生』(共著) 北海道大学出版会、2008
11.『平和主義と改憲論議』法律文化社、2007
12.『地球時代の憲法 (第三版)』(共著) 法律文化社、2007
13.『入門 平和をめざす無防備地域宣言』現代人文社、2006
14.『無防備地域宣言で憲法9条のまちをつくる』(共編著) 自治体研究社、2006
15.『基本法コンメンタール憲法 (第五版)』(共著) 日本評論社、2006
16.『平和・生命・宗教と立憲主義』(共編著) 晃洋書房、2005
17.『総批判改憲論』(共編著) 法律文化社、2005
18.『21世紀の平和学 (第2版)』(共著) 明石書店、2005

<論文・書評等>
1.「日本国憲法の制定背景と特質および先進性」社会主義659号、2017年
2.「書評: 魏栢良著『原子力商業利用の国際管理―原子力発電所を中心に』」大阪経済法科大学・21世紀社会総合研究センター年報2号、2017
3.「安倍政権の安保と改憲戦略を問うー『緊急事態条項』導入論を中心に」アジェンダ53号、2016年
4.「原発メーカーの原発製造等と輸出の『公序良俗』違反性―憲法との関連で」大阪経済法科大学・法学論集75号、2016
5.「安倍政権下の改憲戦略と安全保障政策の検討」大阪経済法科大学・法学論集74号、2015年
6.「自民党憲法改正草案の検討」大阪経済法科大学・法学論集72号、2014年
7.「原発と憲法―原発違憲論の考察」大阪経済法科大学・21世紀社会研究所紀要4号、2013年
8.「各国憲法の平和・安全保障方式と世界平和の樹立の課題」憲法研究所・上田勝美編『平和憲法と人権・民主主義』法律文化社、2012年
9.「憲法の『歴史的発展』史観に立つ憲法9条と永世中立論の再考」杉原泰雄・樋口陽一・森英樹編『戦後法学と憲法』日本評論社、2012年
10.「コスタリカの憲法と平和主義―歴史と概要」大阪経済法科大学・法学論集69号、2011年
11.[翻訳] ケネス・キノネス「朝鮮半島と北東アジアにおける恒久平和の構築」藤本和貴夫・宋在穆編『21世紀の東アジア』大阪経済法科大学出版部、2010年
12.「新たな自衛隊海外派兵法制定の動向-海賊対処法と恒久派兵法案の検討」大阪経済法科大学・法学論集68号、2010年
13.「田畑忍の憲法九条世界化論および非武装永世中立論」大阪経済法科大学・法学研究所紀要42号、2008年
14.「抵抗権」ジュリスト増刊『憲法の争点』、2008年

<学会報告・学術講演等>
1.「緊迫する朝鮮半島情勢と安倍9条改憲論の危険性」日本国際法律家協会関西支部、2017年8月
2.「書評: 礒村英司著『戦争する国にしないための中立国入門』」憲法・政治学研究会(京都)、2017年5月
3.「コスタリカ憲法の平和主義と非武装永世中立政策」立命館大学国際地域研究所重点プロジェクト「紛争・平和構築研究」平和主義研究会、2017年3月
4.「平和憲法と日本の核政策」憲法研究所(京都)・憲法大学講座、2016年7月
所属学会 日本公法学会、全国憲法研究会、憲法理論研究会、民主主義科学者協会法律部会、日本国際法律家協会、日本平和学会
趣味 音楽・絵画の鑑賞


学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス