教員紹介

ウェザビ・マーティン

准教授 Associate Professor

ウェザビ・マーティン(Weatherby Martin)
最終出身学校・学位 テンプル大学大学院
(M.Ed. TESOL, Teaching English to Speakers of Other Languages)
主な担当科目 Intensire English L/SⅠ、Intensire English L/SⅡ、基礎演習A、基礎演習B
専門分野
(現在の研究課題)
英語教授法、機能言語学、語用論、意味論
キーワード コミュニケーション、言語の学び方、意味の作り方、機能言語学

詳細情報&メッセージ

主要著作・論文 <学術論文>
1.“Man You Up”:A Systemic Functional Linguistic Description of the Development of Affiliation Between Characters in a Film,英知大学論叢サピエンチア聖トマス大学 48号, pp.91-134,2014年2月
2. Two Contemporary Approaches to Grammar and its Role in Language Learner Meaning,英知大学論叢サピエンチア聖トマス大学 47号, pp.200-216,2013年3月
3. Evaluation in the Curriculum Development Process, In A. M. Stoke (Ed.), On PAC7 at JALT2008: Shared Identities: Our Interweaving Threads, Conference Proceedings. Tokyo: Japan Association of Language Teachers, pp. 89-102, September, 2009(共著)(Brent Jones and Martin Weatherby)
4. An Analysis of Motivation Survey Data in EFL in Japan,英知大学国際言語研究室紀要言語文化 第11巻, pp.49-97,2008年3月
5. On the Development of Consciousness,大学論叢サピエンチア聖トマス大学42号, pp.215-234,2008年3月
6. Interestingly Strange: An Analysis of Elicitation and Narrative Interaction in an Extended EFL Discourse,英知大学国際言語研究室紀要 言語文化第10巻 pp.1-42,2007年3月
7. Objective Measurement of Items on a Subtest of Metapragmatic Comprehension,英知大学国際言語研究室紀要言語文化 第9巻, pp.19-37,2006年3月
8. An Analysis of Temporal Expressions in Extended EFL Learner Talk,英知大学論叢サピエンチア,39号, pp.215-234,2005年2月
9. Politeness Strategies in Pragmatic Interlanguage Production,英知大学論叢サピエンチア,38号, pp.115-121,2004年2月
10.“I Want to Kill Your Dog!”:The Speech Act of Complaints in EFL Pragmatics,英知大学国際言語研究室紀要言語文化 第2巻, pp.99-134,1999年3月
11. The Role of Suprasegmental Phonemes in English Language Education,大阪電気通信大学文学語学芸術研究15号, pp.29-37,1999年3月
12. Literature and Language Teaching,英知大学国際言語研究室紀要言語文化第1巻 pp.115-123,1998年5月

<教育教材>
Get It, Essay Writing:パラグラフの理解と実践,大阪教育図書,2013年3月(共著)門田 修平、時岡 ゆかり、伊藤 佳世子、Martin Weatherby
所属学会 日本全国語学教育学会、日本ムードル協会、日本語機能言語学会
趣味 ラグビー、スポーツ観戦
教育について パソコン、スマホやインターネットを生かして21世紀の環境で世界中とコミュニケーションをとる方法を学生と一緒に見つけて行きたいと思います。
受験生にひとこと (今までのような)勉強するための科目ではなく、自分の人生を変えられるぐらいのパワーを持つ道具として、外国語を身につけることを考えてほしい。
"If you talk to a man in a language he understands, that goes to his head.
If you talk to him in his own language, that goes to his heart."
                                      ―Nelson Mandela


学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス