教員紹介

藥袋 佳祐

助教

藥袋 佳祐 (MINAI,Keisuke)
最終出身学校・学位 慶應義塾大学大学院法学研究科
法務博士(専門職)(慶應義塾大学)
主な担当科目 日本と国際法、安全保障と国際法、国際紛争の平和的解決と国際法、International Relations and Law (Introduction to International Law)、基礎演習、専門演習、フィールド・プロジェクト
専門分野
(現在の研究課題)
武力紛争法、安全保障法
(戦後平和構築に関する法原則の研究、核兵器使用の違法性の法理研究)
キーワード 国際法、戦争観念、第二次世界大戦、国際連合、ハーグ法、戦争賠償、戦争犯罪、自衛権、核兵器
ホームページ http://researchmap.jp/k_mi_na_i/

詳細情報&メッセージ

主要著作・論文 <論文>
1.Keisuke Minai, What Legal Interest is Protected by the Right of Collective Self-Defense? The Japanese Perspective, 24(1) WILLAMETTE JOURNAL OF INTERNATIONAL LAW AND DISPUTE RESOLUTION 105 (2016).
2.Keisuke Minai, Qualitative Alleviation of War Reparations in Jus Post Bellum: Analysis of Travaux Preparatoires of Article 16 of the Treaty of Peace with Japan, 8(1) BALTIC JOURNAL OF LAW AND POLITICS 1 (2015).
3.Keisuke Minai, Restraining Reconciliation for Retribution in the Treaty of Peace with Japan: An Empirical Research of Jus Post Bellum, 7(4) JOURNAL OF POLITICS AND LAW 148 (2014).
4.Keisuke Minai, Emergence of Studies into Contemporary International Law with Regard to Rules and Principles for Peace-making: From the Perspective of Diachronic Analyses of Diplomatic Negotiations after the World Wars, 3(1) INTERNATIONAL LAW RESEARCH 86 (2014).
所属学会 国際法学会、世界法学会、国際人権法学会
教育・研究について 半学半教の精神で教育・研究活動に励みたいと考えます。
受験生にひとこと 大学では、勉め強いる「勉強」ばかりでなく、「学問」・「研究」を思う存分楽しみましょう。皆さんと一緒に研究できることを楽しみにしています。
フリーメッセージ 出会い、学び、遊び、感動し、挑戦し、失敗し、傷つき、探し、見つけ、喜び、多くの経験を重ねて下さい。96歳まで生きる人生を1日24時間に例えれば、大学生活は午前4時30分から5時30分までの間にあたります。多くの人がまだ夢の中か、ようやく目を覚まし始めるとき。まさに1日(人生)のためにこれから起きて動き出そうと心も身体も準備をする時間です。まだまだ寝惚けまなこで失敗しても許されます。いくらでもやり直しがききます。そして、最後に見た夢が素晴らしいもので心地よく目を覚ますことができれば、とても気分の良い1日を過ごすことができるでしょう。大学での沢山の経験が皆さんに爽快な目覚めをもたらしてくれるよう祈っています。


学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス