教員紹介

呉 志賢

教授 Professor

呉 志賢 (Chi-Hyon Oh)
最終出身学校・学位 大阪府立大学大学院 工学研究科
博士(工学)
主な担当科目 情報リテラシーⅠ、情報リテラシーⅡ、基礎演習A、基礎演習B、専門演習ⅠA、専門演習ⅠB、BLP特別演習ⅠA、BLP特別演習ⅠB、BLP特別演習ⅡA、BLP特別演習ⅡB、BLP特別演習ⅢA、BLP特別演習ⅢB、BLP特別演習ⅣA、BLP特別演習ⅣB、経営情報特論Ⅰ、経営情報特論Ⅱ
専門分野
(現在の研究課題)
経営工学、経営情報、情報管理、情報処理
(潜在的な嗜好に基づくユーザ誘導とコンテンツ流通システムの安定化に関する研究開発)
キーワード データ解析、人工知能、多変量解析、マルチエージェント

詳細情報&メッセージ

主要著作・論文 <論文・書評等>
1.Partially Exclusive Item Partition in MMMs-Induced Fuzzy Co-Clustering and its Effects in Collaborative Filtering, K. Honda, T. Nakano, C.-H. Oh, S. Ubukata and A. Notsu, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.19 No.6, pp.810-817, Dec. 2015
2.Dual Exclusive Partition in Fuzzy CoDoK and SCAD-based Fuzzy Co-clustering, C.-H. Oh and K. Honda, Procedia Computer Science, Edited by Junzo Watada, Lakhmi C. Jain, Robert J. Howlett, Naoto Mukai and Koichi Asakura, Volume 22, pp.800-809, Oct. 2013
3.Exclusive Partition in FCM-type Co-clustering and Its Application to Collaborative Filtering, K. Honda, C.-H. Oh, Y. Matsumoto, A. Notsu, H. Ichihashi, International Journal of Computer Science and Network Security, Vol. 12, No. 12, pp.52-58, Dec. 2012
4.An Empirical Study on the Influence of Personalized Recommendation for Internet Users, C.-H. Oh, K. Honda, A. Notsu and H. Ichihashi, International Journal of Computer Science and Network Security, Vol. 10, No. 11, pp.1-5, Nov. 2010
5.A Fuzzy Model-based Virtual Theme Park Simulator and Evaluation of Agent Action Models, C.-H. Oh, K. Honda and H. Ichihashi, International Journal of Computer Science and Network Security, Vol. 10, No. 2, pp.6-11, Feb. 2010
6.段階的可能性アプローチを用いた局所的な数量化分析法によるアンケートデータの分析,呉 志賢, 本多克宏, 市橋秀友, 牧瀬太一, 日本知能情報ファジィ学会誌, Vol.20, No.2, pp.255-264, 2008年4月
7.Quantification of Multivariate Categorical Data Considering Typicality of Item, C.-H. Oh, K. Honda and H. Ichihashi, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.11 No.1, pp.35-39, Jan. 2007
8.欠測したアンケートデータに対する局所的数量化分析,呉 志賢,大阪経済法科大学大学論集,第90号,pp.95-104, 2006年2月
9.Quantification of Multivariate Categorical Data Considering Clusters of Items and Individuals, C.-H. Oh, K. Honda and H. Ichihashi, Modeling Decisions for Artificial Intelligence, Lecture Notes in Artificial Intelligence 3558, ed. by V. Torra, Y. Narukawa and S. Miyamoto, Springer, Berlin, pp.164-171, Jul. 2005
10.マルチエージェントシステムにおける人工知能的アプローチ, 呉 志賢, 大阪経済法科大学総合科学研究所年報, 第23号, pp.19-25, 2004年3月
11.ファジィクラスタリングによる局所的マイナー成分の抽出と欠測値の推定, 呉 志賢, 本多克宏, 市橋秀友, 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), Vol.15, No.2, pp.239-242, 2003年4月
12.Missing Value Estimation by Local Minor Components, C.-H. Oh, K. Honda and H. Ichihashi, Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies, ed. by E. Damiani, R. J. Howlett, L. C. Jain and N. Ichalkaranje, IOS Press, Amsterdam, pp.235-239, Sept. 2002
13.共起関係行列からの包括的ファジークラスタ抽出, 呉 志賢, 望月耕治, 本多克宏, 市橋秀友, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J85-D-II, No.6, pp.1144-1146, 2002年6月
14.Knowledge Discovery from by Local Principal Components Independent of Arbitrary Factors, C.-H. Oh, K. Honda, H. Ichihashi, Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies Part 1, ed. by N. Baba, L. C. Jain and R. J. Howlett, IOS Press, Amsterdam, pp.17-21, Sept. 2001
15.支配的要因と独立な主成分を抽出するファジィクラスタリング法, 呉 志賢, 小松裕和, 本多克宏, 市橋秀友, 日本経営工学会論文誌, Vol.52, No.1, pp.20-29, 2001年4月
16.ファジィクラスタリングを用いたスイッチング線形判別, 呉 志賢, 大迫真実, 本多克宏, 市橋秀友, 日本ファジィ学会誌, Vol.13, No.1, pp.111-118, 2001年2月
17.ファジィクラスタリングを用いる外的基準に独立な局所的主成分の抽出法, 呉 志賢, 本多克宏, 新山隆一, 市橋秀友, 日本ファジィ学会誌, Vol.12, No.6, pp.826-834, 2000年12月
18.Competition between Strategies for a Market Selection Game, H. Ishibuchi, C.-H. Oh, T. Nakashima, COMPLEXITY INTERNATIONAL, On-line Journal: http://www.csu.edu.au/ci/, Vol.6, Jan. 1999
19.ファジーQ学習による市場選択ゲームの戦略獲得, 呉 志賢, 中島智晴, 石渕久生, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J81-D-II, No.6,pp.1306-1316, 1998年6月
20.呉 志賢, 中島智晴, 石渕久生, ファジーQ学習の性能評価, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J81-D-II, No.1, pp.194-197, 1998年1月

<学会報告・学術講演等>
1.Exclusive Condition on Item Partition in Fuzzy Co-clustering Based on K-L Information Regularization, K. Honda, C.-H. Oh and A. Notsu, Proc. of Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, Dec.2014, Fukuoka, Japan
2.Handling Very Large Cooccurrence Matrices in Fuzzy Co-clustering by Sampling Approaches, K. Honda, A. Notsu, C.-H. Oh, Proc. of 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, Nov. 2013, Daejeon, Korean
3.Dual Exclusive Partition in Fuzzy CoDoK and SCAD-based Fuzzy Co-clustering, C.-H Oh and K. Honda, 17th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems - KES2013, Volume 22, pp.800-809, Oct. 2013, Fukuoka, Japan
4.FCM-type Co-clustering with Exclusive Partition of Selected Items and Application to Collaborative Filtering, K. Honda, C.-H. Oh, A. Notsu and H. Ichihashi, Proc. 6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 13th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, pp.1327-1330, Nov. 2012, Kobe, Japan
5.A Fuzzy Model-based Community Simulator:COM-FUZZ, C.-H. Oh, K. Honda, A. Notsu and H. Ichihashi, Proc. of 12th International Symposium on advanced Intelligent Systems, pp.101-103, Sept. 2011, Suwon, Korea
6.A Study on Effect of User Preference Variety in Virtual Theme Park Simulation, C.-H. Oh, K. Honda, T. Yamamoto and H. Ichihashi, Proc. of World Automation Congress 2010, #175, pp.1-5, Sep. 2010, Kobe, Japan
7.ネットワークコミュニティにおける個人化された推薦の影響について, 呉 志賢, 本多 克宏, 野津 亮, 市橋 秀友, 第20回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, 2010年9月, 東京
8.代替案選択モデルを伴う仮想テーマパークシミュレータとユーザ嗜好のばらつきの影響, 呉 志賢, 本多 克宏, 市橋 秀友, 第26回ファジィシステムシンポジウム講演論文集CD-ROM, pp.135-136, 2010年9月, 広島
9.仮想テーマパークシミュレーションにおけるキャラクタを用いた満足度表現, 本多克宏, 山本剛史, 呉 志賢, 市橋秀友, 第52回自動制御連合講演会, No.B1-8, pp.1-2, 2009年11月, 大阪
10.仮想テーマパークにおけるファジィモデルに基づくエージェントの行動分析, 呉 志賢, 本多 克宏, 市橋 秀友, 第19回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp.385-386, 2009年9月, 福島
11.Cluster Validation in k-Means Clustering Based on PCA-guided k-Means and Procrustean Transformation of PC Scores, T. Matsui, K. Honda, C. -H. Oh, A. Notsu, and H. Ichihashi, Proc. of 2009 IEEE International Conference on Fuzzy Systems, pp.1546-1550, Aug. 2009, Jeju, Korea
12.A Fuzzy Model-based Community Simulator for Behavior Analysis in Virtual Theme Park, C.-H. Oh, K. Honda and H. Ichihashi, Proc. of 2009 IEEE International Conference on Fuzzy Systems, pp.1557-1562, Aug. 2009, Jeju, Korea
13.単語の共起関係に基づくテキスト文書のクラスタリング, 呉 志賢, 本多 克宏, 市橋 秀友, 第18回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集CD-ROM, pp.555-556, 2008年10月, 広島
14.Variations of Fuzzy Clustering for Cooccurrence Matrix and Their Application to Text Analysis, C.-H. Oh, K. Honda, H. Ichihashi, Proc. of Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on advanced Intelligent Systems, pp.947-950, Sept. 2008, Nagoya, Japan
15.クラスタリング手法を用いたテキストマイニングの一例, 呉 志賢, 大阪経済法科大学 総合科学研究所年報 第27号, pp.87-91, 2008年3月, 大阪
16.Graded Possibilistic Approach to Fuzzy Clustering for Cooccurrence Matrix with Regularization by K-L Information, C.-H. Oh, K. Honda, H. Ichihashi, Proc. of 8th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, pp.330-333, Sept. 2007, Sokcho, Korea
17.共起関係行列に対するファジィクラスタリングのK-L情報量に基づく正則化, 呉 志賢, 本多 克宏, 市橋 秀友, 第23回ファジィシステムシンポジウム講演論文集CD-ROM, pp.282-283, 2007年8月, 愛知
18.可能性的制約を用いた共起関係行列に対するファジィクラスタリング, 呉 志賢, 本多 克宏, 市橋 秀友, 第22回ファジィシステムシンポジウム講演論文集CD-ROM, pp.153-154, 2006年9月, 北海道
19.可能性的な制約を用いた局所的な数量化分析法, 呉 志賢, 本多 克宏, 市橋 秀友, 第21回ファジィシステムシンポジウム講演論文集CD-ROM, pp.47-50, 2005年9月, 東京
20.Local Quantification of Multivariate Categorical Data Using Graded Possibilistic Approach, C.-H. Oh, K. Honda, H. Ichihashi, Proc. of 6th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, pp.476-479, Sept. 2005, Yosu, Korea
21.欠測値を含むカテゴリカルデータの局所的な数量化分析法, 呉 志賢, 本多克宏, 市橋秀友, 第49回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.265-266, 2005年5月, 京都
22.項目の分類を考慮した数量化法を用いたアンケートデータの分析, 本多克宏, 呉 志賢, 牧瀬太一, 福井祥文, 市橋秀友, 第49回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.627-628, 2005年5月, 京都
23.進化ゲームによる環境R&Dに対する環境政策の分析, 呉 志賢, 森本紘文, 前鶴政和, 進化経済学論集第9集, pp.299-304, 2005年3月, 神奈川
24.個体と項目の分割を考慮した局所的な数量化分析法, 呉 志賢, 本多 克宏, 牧瀬太一, 福井祥文, 市橋 秀友, 第14回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp.249-250, 2004年10月, 高知
25.異なるクラスタリングを用いたデータの部分構造を考慮する数量化分析1類の比較, 呉 志賢, 本多克宏, 市橋秀友, 第12回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp.511-512, 2002年11月, 佐賀
26.Nonlinear Discriminant Analysis of Categorical Data by Fuzzy c-Means Fixed Point Iteration, H. Ichihashi, R. Niiyama, K. Honda and C.-H. Oh, Proc. of SCIS & ISIS 2002, #24B4-1, Oct. 2002, Tsukuba, Japan
27.Fuzzy Clustering for Categorical Multivariate Data, C.-H. Oh, K. Honda, H. Ichihashi, Proc. of Joint 9th IFSA World Congress and 20th NAFIPS International Conference, pp.2154-2159, Jul. 2001, Vancouver, Canada
28.局所的マイナー成分を用いた欠測値の推定, 呉 志賢, 坂本興久, 本多克宏, 市橋秀友, 第45回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.489-490, 2001年5月, 大阪
29.分割表に対するファジィクラスタリング, 望月耕治, 呉 志賢, 本多克宏, 市橋秀友, 第45回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.493-494, 2001年5月, 大阪
30.Switching Linear Discriminant Using Fuzzy Cluster, C.-H. Oh, M. Osako, K. Honda, H. Ichihashi Proc. of 6th International Conference on Soft Computing, pp.843-848, Oct. 2000, Iizuka, Japan
31.Fuzzy Clustering Algorithm Extracting Principal Components Independent of Subsidiary Variables, C.-H. Oh, H. Komatsu, K. Honda, H. Ichihashi, Proc. of The IEEE-INNS-ENNS International Joint Conference on Neural Networks, Paper#41_01, Jul. 2000, Como, Italy
32.Parameter Specification for Fuzzy Clustering by Q-Learning, C.-H. Oh, E. Ikeda, K. Honda, H. Ichihashi, Proc. of The IEEE-INNS-ENNS International Joint Conference on Neural Networks, Paper#53_02, Jul. 2000, Como, Italy
33.Extraction of Local Principal Components Independent of Dominant Factors, C.-H. Oh, H. Komatsu, K. Honda, H. Ichihashi, 平成12年度日本ファジィ学会関西支部シンポジウム講演論文集, pp.23-24, 2000年7月, 大阪
34.Nearest Neighbor Fuzzy Clustering and Parameter Specification by Fuzzy Q-Learning, C.-H. Oh, E. Ikeda, K. Honda, H. Ichihashi, 平成12年度日本ファジィ学会関西支部シンポジウム講演論文集, pp.25-26, 2000年7月, 大阪
35.スイッチング回帰を用いる外的基準に独立な主成分の抽出法, 新山隆一, 呉 志賢, 本多克宏, 市橋秀友, 平成12年度日本ファジィ学会関西支部シンポジウム講演論文集, pp.45-46, 2000年7月, 大阪
36.Q学習による最近隣FCM法の重み係数の更新, 呉 志賢, 池田恵理子, 本多克宏, 市橋秀友, 第10回ソフトサイエンス・ワークショップ講演論文集, pp.36-37, 2000年3月, 滋賀
37.クラスタリングを考慮した外的基準から独立な主成分分析, 新山隆一, 呉 志賢, 本多克宏, 市橋秀友, 第10回ソフトサイエンス・ワークショップ講演論文集, pp.80-81, 2000年3月, 滋賀
38.ファジィクラスタリングによるスイッチング線形判別, 山川あす香, 大迫真実, 呉 志賢, 本多克宏, 市橋秀友, 第44回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.405-406, 2000年5月, 京都
39.補助変数に独立な主成分を抽出するファジィクラスタリング法, 小松裕和, 呉 志賢, 本多克宏, 市橋秀友, 第44回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.407-408, 2000年5月, 京都
40.ファジィQ学習による最近隣FCM法のパラメータ同定, 呉 志賢, 池田恵理子, 本多克宏, 市橋秀友, 第44回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.413-414, 2000年5月, 京都
41.クラスタリングと主成分分析の同時分析法によるPOSデータからの知識発見, 呉 志賢, 市橋秀友, 第9回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp.766-771, 1999年10月, 福井
42.クラスタリングと主成分分析による知識発見, 呉 志賢, 市橋秀友, 三好哲也, 平成11年度日本ファジィ学会関西支部シンポジウム講演論文集, pp.21-22, 1999年9月, 大阪
43.Approximate Realization of Fuzzy Mappings by Regression Models, Neural Networks and Rule-Based Systems, H. Ishibuchi, M. Nii, C.-H. Oh, Proc. of 1999 IEEE International Conference on Fuzzy Systems, pp.939-944, Aug. 1999, Seoul, Korea
44.Designing a Decision Making System for a Market-Selection Game, H. Ishibuchi, C.-H. Oh, T. Nakashima, Computing in Economics and Finance '99, CD-ROM, Jun. 1999, Boston, U.S.A.
45.ファジィ写像の近似表現のための様々な手法, 石渕久生, 新居 学, 呉 志賢, 第15回ファジィシステムシンポジウ講演論文集, pp.399-400, 1999年6月, 大阪
46.市場選択ゲームに対する最近傍識別器を用いた意思決定, 呉 志賢, 中島智晴, 石渕久生, 第43回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.385-386, 1999年5月, 大阪
47.市場選択ゲームに対する種々の戦略, 呉 志賢, 中島智晴, 石渕久生, 日本シミュレーション&ゲーミング学会第10回全国大会発表論文抄録集, pp.54-57, 1998年11月, 大阪
48.Competition between Strategies for a Market Selection Game, H. Ishibuchi, C.-H. Oh, T. Nakashima, Proc. of Complex Systems'98, pp.272-281, Nov. 1998, Sydney, Australia
49.Strategies for a Market Selection Game, H. Ishibuchi, C.-H. Oh, T. Nakashima, Proc. of The Second Asia-Pacific Conference on Simulated Evolution And Learning, Vol.2, Posters, Nov. 1998, Canberra, Australia
50.Performance Evaluation of Fuzzy Rule-Based Q-Learning, C.-H. Oh, T. Nakashima, H. Ishibuchi, Proc. of the 5th International Conference on Soft Computing and Information/Intelligent Systems, pp.195-198, Oct. 1998, Iizuka, Japan
51.ファジィQ学習による繰り返しゲームの戦略獲得, 呉 志賢, 中島智晴, 石渕久生, 第14回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp.241-242, 1998年6月, 岐阜
52.Initialization of Q-Values by Fuzzy Rules for Accelerating Q-Learning, C.-H. Oh, T. Nakashima, H. Ishibuchi, Proc. of 1998 IEEE International Joint Conference on Neural Networks, pp.2051-2056 May, 1998, Alaska, U.S.A.
53.繰り返しゲームを行う集団におけるGAによる戦略の発展, 中理達生, 呉 志賢, 中島智晴, 石渕久生, 第42回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.597-598, 1998年5月, 京都
54.市場選択ゲームにおける知識獲得, 呉 志賢, 中島智晴, 石渕久生, 第42回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.599-600, 1998年5月, 京都
55.Q学習の高速化のためのファジィルールを用いたQ値の初期化, 石渕久生, 中島智晴, 呉 志賢, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp.87-92, 1997年11月, 北海道
56.Fuzzy Q-Learning for a Multi-Player Non Cooperative Repeated Game,H. Ishibuchi, T. Nakashima, H. Miyamoto, C.-H. Oh, Proc. of 1997 IEEE International Conference on Fuzzy Systems, pp.1573-1579, Jul. 1997, Barcelona, Spain
57.ファジィ理論を用いたQ学習の性能向上, 呉 志賢, 中島智晴, 石渕久生, 第41回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.51-52, 1997年5月, 大阪
58.Improving the Performance of Q-Learning by Fuzzy Logic, H. Ishibuchi, C.-H. Oh, T. Nakashima, Proc. of International Symposium on Artificial Life and Robotics, pp.50-53 ,Feb. 1997, Beppu, Japan
59.ファジィQ学習による輸送計画問題の解析, 石渕久生, 宮本博充, 呉 志賢, 中島 智晴, 第6回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp.179-182, 1996年10月, 大阪
所属学会 IEEE、日本知能情報ファジィ学会
趣味 スポ-ツ観戦
教育・研究について 現在、潜在的な嗜好に基づくユーザ誘導とコンテンツ流通システムの安定化に関する研究開発を行っています。これらの研究を、出来るだけわかりやすく学生に伝えていきたいと思います。
受験生にひとこと 大学入試を受ける段階で本当に大学でやりたいことを見つけるのは難しいでしょう。しかし、どんなことがしたいかという、ある程度のビジョンは持つようにしましょう。
フリーメッセージ 自分が熱中できることを常に探し続けることは、大切なことです。そういった姿勢を持ち、いろんなことにチャレンジする気持ちを持つように心がけたいと思っています。そう考えると、大学時代は少し漫然と過ごしていたかもしれません。大学に入ったら、充実した4年間だったと思えるように、いろんなことに挑戦してください。


学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス