教員紹介

荒木 康代

教授 Professor

荒木 康代 (ARAKI, Yasuyo)
最終出身学校・学位 関西学院大学大学院社会学研究科
博士(社会学)
主な担当科目 演習ⅠA、演習ⅠB、演習ⅡA、演習ⅡB、演習ⅢA、演習ⅢB、中小企業経営論、経営学基礎
専門分野
(現在の研究課題)
経営史、経営社会学、人事管理、労働問題
キーワード 女性と経営、自営、起業、商家・商店

詳細情報&メッセージ

主要著作・論文 <単著>
2011年「大阪船場のおかみの才覚『ごりょんさん』の日記を読む」平凡社新書

<共著>
1.1997年「大阪市商店街調査・分析報告書」大阪市中小企業指導センター
2.1999年「枚方市商業の今日から明日へ 地域中小企業経営動向分析報告書」枚方市
3.2000年「環境経営学 循環型社会の企業経営」第4章環境問題と労働・労災」 税務経理協会
4.2001年「男女雇用機会均等法改正と中小企業の雇用をめぐる課題に関する調査研究報告書」中小企業診断協会

<論文>
1.2007年「『ごりょんさん』という権威―大阪船場における商家の主婦(女主人)についての考察」(ソシオロジ158号)
2.2008年「商店経営と家族生活―1950年代の大阪船場の住込みの事例から」(関西学院大学社会学部紀要106号)
3.2009年「自営という選択―戦前戦後の女性商業者の事例から―」(労働社会学研究)

<連載>
2013年~現在 「商家おかみの人づくり」(納税協会「ふれあい」)

<学会報告>
1.2006年「ごりょんさんの消滅―家業経営から近代的経営への変化のはざまで」(関西社会学会大会)
2.2007年「自営という選択―戦後創業の大阪船場の商店の事例から」(日本労働社会学会大会)
3.2008年「商家経営における女主人と女中の関係についての考察」(日本社会学会)
4.2009年“An examination of merchant families-tranition from managers to housewives‐”(国際人類学民族学会)
5.2009年“Shop reseach in 789Artzone”北京師範大学共同フォーラム
6.2010年「商家の日常生活における贈答について―昭和初期の商家の妻の日記から」 (比較家族史学会)
7.2014年“The power of wives of merchant families” 世界社会学会議
所属学会 労働社会学会、比較家族史学会、社会学会
趣味 映画鑑賞、音楽鑑賞、旅行
教育・研究について 近年、女性の活躍がしきりに叫ばれていますが、日本企業における女性の管理職比率はわずか11%と欧米諸国の30~50%に比べて圧倒的に低いのが現状です。しかし、戦前には、商店のおかみさんが店の経営を引っ張っている姿はごく普通に見られましたし、企業の社史には創業者の妻の功績について述べられているものが少なくありません。かつての商店経営では活躍できた女性がなぜ現代の会社では活躍できないのでしょうか。このような問題意識を持ちながら、戦前から現在に至る経営の変化について研究しています。
フリーメッセージ 失敗を恐れずに何事にもチャレンジしましょう!


学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス