教員紹介

朱 東平

教授 Professor

朱 東平 (ZHU,DongPing)
最終出身学校・学位 大阪市立大学大学院経済学研究科
博士(経済学)(大阪市立大学)
主な担当科目 ミクロ経済学I、ミクロ経済学II、ミクロ経済学演習A、ミクロ経済学演習B、演習IIA、演習IIB、ミクロ経済学特論I、ミクロ経済学特論II
専門分野
(現在の研究課題)
ミクロ経済学、産業組織論、企業経済学
(外国直接投資とホーム国およびホスト国の社会的厚生、外国直接投資 スピルオーバー R&D投資 輸出)

詳細情報&メッセージ

主要著作・論文 <著書>
1.『経済政策論』、立信会計出版社、1995
2.『従現代企業理論看所有制与効率』、上海財経大学出版社、1995
3.『原典で読む現代中国経済』(第6章,第15章執筆)、佐々木信彰編、東方書店、1994
4.『中国産業連関表――資料と解説――』(第4章1,2,6,7,8,9執筆)、佐々木信彰・田畑理一・金澤孝彰共編訳、晃洋書房、1991
5.(翻訳)『日本経済与財政政策―凱恩斯政策的忠告―』(星川順一著,晃洋書房,1995),立信会計出版社、1997

<論文・書評等>
1.「二部料金制契約、川下企業の競争モードと川上企業水平合併のインセンティブ」、大阪経済法科大学経済学会『経済学論集』、第34巻第1号、2011.3
2.「二部料金制契約と川下企業の均衡競争モード」、大阪経済法科大学経済学会『経済学論集』、第33巻第2・3合併号、2010.3
3.「情報の非対称性と企業の合併戦略に関する再考察―可変費用の導入」、大阪経済法科大学経済学会『経済学論集』、第32巻第1号、2008.12
4.「情報の非対称性と企業の合併戦略―国内合併か国際合併か」、大阪経済法科大学経済学会『経済学論集』、第31巻第2・3合併号、2008.3
5.「外国直接投資とホスト国企業のR&D投資」、大阪経済法科大学経済学会『経済学論集』、第30巻1号、2007.1
6.「輸出、ライセンシングと外国直接投資」、大阪市立大学経済学会『経済学雑誌』、第106巻3号、2005.12
7.「外国直接投資、ホーム国とホスト国の社会厚生」、大阪経済法科大学経済学会『経済学論集』、第27巻3号、2004
8.「スピルオーバー、費用格差と外国直接投資」、大阪経済法科大学経済学会『経済学論集』、第26巻3号、2001
9.「所有者のモニタリングと経営努力」、大阪経済法科大学経済学会『経済学論集』、第24巻3号、2001
10.「モニタリング、財市場の競争と経営努力」、大阪市立大学経済学会『経済学雑誌』、第100巻3号、1999
11.「公的企業の直接参入による外部性規制―規模に関して収穫一定の場合―」、大阪経済法科大学経済学会『経済学論集』、第22巻3号、共著、1999
12.「独占企業に対する規制政策と民営化」、大阪経済法科大学経済学会『経済学論集』、第21巻2号、1998
13.「混合複占市場における組合をもつ企業間の国際貿易と民営化効果」、大阪市立大学経済学会『経済学雑誌』、第98巻4号、共著、1997
14.「公開買付、バーゲニングと経営者のインセンティブ」、大阪経済法科大学経済学会『経済学論集』、第20巻1号、1996.6
15.「資産の平等分配は社会的余剰を最大にするか?」、大阪市立大学経済学会『経済学雑誌』、第95巻3・4号、共著、1994.11
16.「混合所有制度における均衡インセンティブ」、大阪市立大学経済学会『経済学雑誌』、第93巻5・6号、1993.3
17.「公的所有企業の非効率問題」、大阪市立大学経済学会『経済学雑誌』、第93巻2号、1992.7
18.(中国語)「穏定物価不宜以過度抑制経済増長率為代価」、上海財経大学『財経研究』、1994.8
19.(中国語)「股分制企業経営中的道徳風険」、『証券市場導報』、1994年4期
20.(中国語)「論社会主義市場経済下国有企業的改革思路」、上海財経大学『財経研究』、1994.2
所属学会 日本経済学会
趣味 読書、音楽鑑賞
受験生にひとこと 大学生活は自由です。これは自己責任の重さを意味します。


学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス