教員紹介

塩谷 茂明

教授 Professor

塩谷 茂明 (SHIOTANI,Shigeaki)
最終出身学校・学位 神戸商船大学大学院商船学研究科
博士(工学)(広島大学)
主な担当科目 輸送論Ⅰ、輸送論Ⅱ
専門分野
(現在の研究課題)
輸送論、海洋大気環境、経済的航法
(輸送の三原則を統合した国際海上輸送システム創出の研究)

詳細情報&メッセージ

主要著作・論文 <著書>
1.Navigational Problem、(共著)、CRC Press、2013
2.輸送の三原則、(共著)、海文堂、2013
3.Marine Navigation and Safety of Sea Transportation、(共著)、CRC Press、2011
4.Advances in Computational Engineering Science、(共著)、Tech Science Press、1997
5.Computational Mechanics’95, Vol.1、(共著)、Springer、1995
6.長崎大学公開講座叢書6,雲仙普賢岳火山災害にいどむ ー長崎大学からの提言ー、(共著)、大蔵省印刷局、1993

(フルペーパー査読)
1.陸上から操舵号令発令による操船支援のシステム開発について、土木学会論文集B3(海洋開発)、Vol.72、No.2、pp.I_1117-I_1122、2016
2.瀬戸内海における危険物搭載船舶の交通調査について、土木学会論文集B3(海洋開発)、Vol.72、No.2、 pp.I_1123-I_1127、2016
3.Numerical Ship Navigation in a High Wind-Wave Situation, 14th International Conference on Computer Applications and Information Technology in the Maritime Industries, COMPIT2015, pp.1-11, 2015
4.Investigation on the Effects of a Sailing Ship Motion by Tsunami, OCEANS 2015, pp.1-5, 2015
5.沿岸から離れた海域における波浪特性と船舶運航への活用に関する基礎的研究、土木学会論文集B3(海洋開発)、Vol.71、No.2、 pp.I_185-I_190、2015
6.模擬体験用航海シミュレーションおよびシーナビのシステムに対する評価について、土木学会論文集B3(海洋開発)、Vol.71、No.2、 pp.I_197-I_202、2015
7.An Analysis on Ship Behavior Induced by the Great East Japan Earthquake Tsunami Based on AIS, 11th INTERNATIONAL CONFERENCE TRANSNAV 2015, pp.1-5, 2015
8.Effect of Ocean Current on Ship Navigation in East China Sea, Ocean Engineering, Volume 104, Pages 283-293, 1 August 2015
9.Study on Simulation of Ship Maneuvering in Arrival and Departure Using GIS,Proceedings of the European Navigation Conference 2014、Rotterdam, Holland,pp.1-12,2014.6
10.Effects of weather on container ship safety in a coastal area of Japan, Proceedings of International Sympojium INFORMATION ON SHIPS, pp.1-15, Hamburg, Germany, Sep. 4-5, 2014
11.Simulation of Vessel Evacuation after the Great Japan Earthquake in a Virtual Globe Environment, Proceedings of International Sympojium INFORMATION ON SHIPS, pp.1-11, Hamburg, Germany, Sep. 4-5, 2014
12.ANNALYSIS OF SEA SHOCK ENCOUNTERED BY A SHIP IN NORTH EAST JAPAN, Proceedings of 32nd International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE 2014, San Francisco, USA, pp.1-9, CD-ROM, June 8-13, 2014
13.NUMERICAL ANALYSIS OF FAILED FORECASTS OF WAVES UNDER LOW PRESSURES FROM VIEWPOINT OF SHIP OPERATION, Proceedings of 32nd International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE 2014, San Francisco, USA, pp.1-8, CD-ROM, June 8-13, 2014
14.Effects of weather and ocean on ship traffic in the eastern Seto Inland Sea, Journal of Japan Society of Civil Enginnes, Series B3, Ocean Engineering, Vol.70, No.2, pp.I_942-I_947, 2014
15.中東・北太平洋航路における全球数値予報モデルの海上風予測精度検証、日本航海学会論文集 第131巻、pp.48-56、2014
16.Relationship between Aspect Ratio and Flow Fields in a Rearing Tank, JOURNAL OF AERO AQUA BIO-MECHANISMS, VOL.4, NO.1, pp.2-7, 2015 pp.1-7, 2014
17.Small Craft Assistant Information System Based On GPS and Google Earth in Real Time, 32nd International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE 2013, CD-ROM, pp.1-7, June 9-14, 2013, Nantes, France, 2013
18.Current Situation and Difficulty of Wave Forecast from Viewpoint of Ship Management, Proceedings of the 32nd International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2013, pp.1-8, 2013
19.Estimation of Flow Fields in a Model of Rearing Tank for Marine Fish Larvae by Numerical Calculation, ISOPE2013 (International Ocean (Offshore) and Polar Engineering Conference), pp.1-6, CD-ROM, July, 2013
20.AISを用いた大阪湾の船舶航行実態解析に関する研究、土木学会論文集B3(海洋開発)、Vo.69、No.2、pp.I_616_-I_621、2013
21.AISを用いた航行船舶の入出港時の航路遵守に関する調査、土木学会論文集B3(海洋開発)、Vo.69、No.2、pp.I_622-I_627、2013
22.GISを用いた船舶出入港時の航海シミュレーションの研究、土木学会論文集B3(海洋開発)、Vo.69、No.2、pp.I_610-I_615、2013
23.データ分析から見た船舶運航における波浪予報の現状と課題について、土木学会論文集B3(海洋開発)、Vo.69、No.2、pp.I_61-I_66、2013
24.Observations of flow patterns in a model of a marine fish larvae rearing tank, Aquaculture Engineering, 57, pp.24-31, 2013
25.航行船舶が捉えた東日本震災時の海震の計測、沿岸域学会誌、Vol.26、 No.3、pp.117-128、2013
26.AISデータによる早期津波伝播予測の可能性に関する研究、沿岸域学会誌、Vol.26、No.3、pp.129-140、2013
27.実海域における荒天航海時の貨物船の運動性能について-オンボードデータによる運動および波浪特性の分析・推定-、日本船舶海洋工学会論文集、第18号、pp.167-175、2013、12
28.Numerical ship navigation based on weather and ocean simulation, Ocean Engineering 69, pp.44-53, 2013, 6
29.荒天航海時の船体運動と海上輸送の安全・効率性の関係について、日本航海学会論文集、第127号、pp.197-204、2012
30.国際海上輸送のための気象・波浪大規模予測システムの構築、日本航海学会論文集、第127号、pp.197-203、2012
31.Comparison of Wave Model Results Using Different Wind Reanalysis Data in the North Pacific, Proceedings of the Twenty-second (2012) International Offshore and Polar Engineering Conference, Rhodes, Greece, June 17-22, CD-ROM, pp.1-7, 2012
32.ANALYSIS OF SHIP EVACUATION IN TSUNAMI USING AIS DATA, One Year after the 2011 Great East Japan Earthquake, International Sympojium on Engineering Lessons Learned from the Giant Earthquake, March, 1-4, 2012, Tokyo Japan, CD-ROM, pp.1-8, 2012
33.The Study of Effective Communication of Water Depth Information for Prevention of Accidents in Marine Traffic, Fifth International Conference on Emerging Trends in Engineering & Technology (ICETET-12), IEEE, Himeji, Japan, 5-7, November, CD-ROM, pp.265-269, 2012
34.Study on presentation of Navigational information of atmospheric and ocean in voyage simulation for safety of a ship sailing in coastal sea area, Fifth International Conference on Emerging Trends in Engineering & Technology (ICETET-12), IEEE, Himeji, Japan, 5-7, November, CD-ROM, pp.259-264, 2012
35.A Study of Numerical Simulations of Ship Motions While Underway Using a Coastal Wave Database, International Journal of Offshore and Polar Engineering, Vol.22, No.1, pp. 38-45, 2012
36.北太平洋における有義波高の中長期変動と気候変動指数の関係、土木学会論文集B3(海洋開発)、Vo.68、No.2、pp.I_971-I_976、2012
37.全周囲カメラを用いた航海の安全支援のための視覚的情報提供に関する研究、土木学会論文集B3(海洋開発)、Vo.68、No.2、I_1191-I_1203、pp.1-6、2012
38.沿岸航海の安全支援のためのカーナビの利用と航海情報に関する研究、土木学会論文集B3(海洋開発)、Vo.68、No.2、I_1193-I_1198、2012
39.沿岸航海の安全のための航海シミュレーションにおける気象・海象に関する航海情報の提示の研究、土木学会論文集B3(海洋開発)、Vo.68、No.2、I_1187-I_1192、2012
40.気象・海象を考慮した数値ナビゲーションシステムの基礎的研究、日本船舶海洋工学会論文集、第16号、pp. 155-164、2012
41.航行船舶が遭遇した地震動の解析、第23 回海洋工学シンポジウム、日本海洋工学会・日本船舶海洋工学会、平成24 年8 月2, 3 日、CD-ROM、pp.1-6、2012
42.GISを用いた沿岸航海情報提示の基礎的研究 ―乗揚防止に有効な水深情報-、日本航海学会論文集、第128号、pp.167-173、2012
43.仔魚飼育モデル水槽内流れの数値計算、水産工学、第48巻、第2号、pp. 99-108、2012
44.AISデータを用いた簡易ナビゲーションシステムの設計、日本航海学会論文集、第124号、pp.79-86、2011
45.AIS データを船舶データに利用するレーダARPA シミュレータソフトウェアの開発、日本航海学会論文集、第124号、pp.87-94、2011
46.航海シミュレーションのための海上風及び波浪の数値計算、日本航海学会論文集、第124号、pp119-128、2011
47.モンスーン卓越海域における気象庁-GSM及びNCEP-GFSの海上風予測精度、日本航海学会論文集、第122号、 pp.145-152、2011
48.荒天時の船体運動と貨物損傷の関係について、日本航海学会論文集、第122号、pp.199-207、2011
49.ウェザールーティングにおける海洋モデル解像度の依存性‐北太平洋航路における海流‐、日本航海学会論文集、第122号、 pp.165-173、2011
50.津波警報発令時における湾内の船舶の避航・避泊行動に関する調査研究、日本航海学会論文集、第122号、pp.191-197、2011
51.仔魚飼育水槽内のフローパターンの観察、水産工学,39(3)、pp.99-108、2011
52.北太平洋における有義波高の中長期変動と気候変動指数の関係、土木学会論文集B3(海洋開発)」、Vol.67、No.2、pp.I_850-I_855、2011
53.塩谷茂明、牧野秀成、永吉優也、柳馨竹、嶋田陽一: 沿岸航海の安全のための航海シミュレーションに関する研究、土木学会論文集B3(海洋開発)、Vo.67、No.2、pp.I_838-I_843、2011
54.沖合波浪およびAISデータを用いたフェリー海難の事故分析に関する研究、土木学会論文集B3(海洋開発)、Vol.67、No.2、pp.I_832-I_837、2011
55.沿岸海上交通における海難防止のための航海情報支援に関する研究 ―水深情報―、土木学会論文集D3 (土木計画学)、Vol.67、No.5、I_1039-I_1047、2011
56.ANALYSIS OF SHIP BEHAVIOR IN TSUNAMI USING AIS DATA, Proceedings of International Sessions in Coastal Engineering, JSCE, Vol.2, pp.21-25, 2011
57.Parametric rolling prediction in irregular seas using combination of deterministic ship dynamics and probabilistic wave theory, Journal of Marine Science and Technology, Vol. 16, pp.294-310, 2011
58.A new weather-routing system that accounts for ship stability based on a real-coded genetic algorithm, Journal of Marine Science and Technology, Vol.16, pp.311-322, 2011
59.Comparison of Passage Time with Climate Index - Great Circle Route on the North Pacific, Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference, pp.1114-1119, 2011
60.沖合波浪およびAISデータを用いたフェリー海難の事故分析に関する研究、土木学会論文集B3(海洋開発)、Vol.67、No.2、I_832-I_837、2011
61.A Study of Numerical Simulations of Ship Motions While Underway Using a Coastal Wave Database, Journal of Offshore and Polar Engineering, Vol.22, No.4, pp.1-8, 2011
62.異なる再解析データを用いた波浪モデルの比較、日本航海学会論文集、第126号、pp.245-254、2012
63.気候変動指数を用いた北太平洋における航海時間と気候変動の関係:大圏航路, 土木学会論文集B3(海洋開発)、Vo.67、No2、pp.I_850-I_855、2011
64.航海シミュレーションのための海上風及び波浪の数値計算、日本航海学会論文集、第124号、pp.119-127、2011
65.荒天時の船体運動と貨物損傷の関係について、日本航海学会論文集、第125号、pp.199-207、2011
66.Estimation of a Maneuverability Index based on Data Assimilation, ANC 2011, pp.1-5, 2011
67.Basic Study On Construction Of Visual Evaluation System For Safety Ship Navigation, Proceedings of the OCEANS 2010 IEEE SYDNEY Conference & Exhibition, 24-27, May 2010, CD-ROM, pp.1-5, 2010
68.Development Of Radar Simulator Software Using AIS Data For Ship Data, Proceedings of the OCEANS 2010 IEEE SYDNEY Conference & Exhibition, 24-27, May 2010, CD-ROM, pp.1-5, 2010
69.試験塗料面上の海洋生物の付着及び剥離調査に関する研究、土木学会論文集B3(海洋開発)、 Vol.26、pp.759-764、2010
70.日本~北米間のウエザールーテイングー航海時間に注目した国際ハブ港湾-、日本航海学会論文集、第123号、pp.21-28、 2010
71.海上風と潮流の数値予測を考慮した航海シミュレーション、日本航海学会論文集、第123号、pp.53-60、2010
72.船舶を用いた防汚塗料面の海洋付着生物の調査法について-Ⅱ.、日本航海学会論文集、第122号、pp.756-764、 2010
73.航海時間と気候変動の関係 -大圏航路-, 日本航海学会論文集、日本航海学会論文集、第122号、pp.1-6、 2010
74.AIS 記録データを他船データに利用するレーダARPA シミュレータソフトウェアの開発、日本航海学会論文集、第122号、pp.53-59、2010
75.Development of Radar ARPA Simulator Software Reproducing an Actual Sea Area Situation ,The First GLOBAL CONFERENCER on innovation in marine technology and the future of MARITIME TRANSPORTATION, pp.401-409, Nov., 2010
その他多数あり

(アブストラクト審査・無審査読)
1.東日本大震災による岩手県中・南部主要港湾施設及び船舶の二年半後の津波被害復旧の実態調査、NAVIGATION、189号、pp.78-84、7、2014
2.東日本大震災による宮城県主要港湾施設及び船舶の二年半後の津波被害復旧の実態調査、NAVIGATION、189号、pp.85-93、7、2014
3.東日本大震災による青森県・岩手県北部主要港湾施設及び船舶の二年半後の津波被害復旧の実態調査、NAVIGATION、189号、pp.94-102、7,、2014
4.小型船舶の夜間入出港時における海難防止用の航海支援システム構築の基礎研究、第50回土木計画学研究発表会(秋大会)講演論文集、pp.1-7、2014
5.東日本大震災による宮城県主要港湾施設及び船舶の津波被害復旧の実態調査、日本航海学会誌NAVIGATION、第183号、pp.79-87、2013
6.東日本大震災による青森県・岩手県北部主要港湾施設及び船舶の津波被害復旧の実態調査、第183号、pp.88-96、2013
7.GISを用いたリアルタイムの出入港操船支援システ基礎研究、日本地理情報システム学会講演論文集、pp.1-7、CD-ROM、2013
8.輸送の三原則を統合した国際海上輸送システム創出の研究概要―Ⅵ.、日本船舶海洋工学会講演会論文集、第14号、pp.97-98、2012
9.ウェザールーティングシステムの構築:気象・海象の大規模数値計算、日本船舶海洋工学会講演会論文集、第14号、pp.99-101、2012
10.船体運動と気象海象データから見た国際航海の運航評価に関する基礎的研究、日本船舶海洋工学会講演会論文集、第14号、pp.107-110、2012
11.船舶機関における排ガス処理システムの開発とその効果の検証、日本船舶海洋工学会講演会論文集、第14号、pp.119-120、2012
12.東日本大震災による港湾施設・船舶の津波被害状況の調査、第2回震災検討会、日本航海学会、pp1-9、8月18日、2012
13.GISの海上交通工学への応用、第8回GIS コミュニティフォーラム、2012
14.輸送の三原則を統合した国際海上輸送システムの創出の研究―(最終報告)、日本航海学会誌NAVIGATION、第80号、pp.1-4、2012
15.船体運動から見た外航貨物船の安全性評価に関する実船データ分析、日本航海学会誌NAVIGATION、第80号、pp.1-6、2012
16.気象・海象の数値計算を考慮した航海シミュレーションの研究、日本航海学会誌NAVIGATION、第80号、pp.1-7、2012
17.沿岸域航行船舶の安全のためのGISによる航海シミュレーションの開発、第20回交通・物流部門大会 TRANSLOG2011講演論文集、pp.359-362、2011
18.Research on the Creation of International Maritime Transport that Integrates the Three Principles of Transport, 10th AMFUF, Asia Maritime and Fisheries University Forum, Manila, Philippines 13 to 15 October, pp.1114-1119, 2011
19.海上輸送の安全性支援のためのGISによる航海情報,日本航海学会NAVIGATION、第177号、pp.39-42、2011
20.東日本大震災による宮城県主要港湾施設及び船舶の津波被害実態調査、日本航海学会誌NAVIGATION、第178号、pp.53-63、2011
21.東日本大震災による茨城・岩手県の主要港湾施設及び船舶の津波被害実態調査、日本航海学会誌NAVIGATION、第179号、pp.44-51、2011
22.東日本大震災による青森・岩手県の主要港湾施設及び船舶の津波被害実態調査、日本航海学会誌NAVIGATION、第180号、pp.87-95、2011
23.輸送の三原則を統合した国際海上輸送システム創出の研究―Ⅳ.、日本船舶海洋工学会講演会論文集、 第12 号、pp.1-2、2011
24.インド洋-太平洋海域における気象庁-GSM 及びNCEP-GFS の海上風予測精度検証、日本船舶海洋工学会講演会論文集、 第12 号、pp.5-8、2011
25.航海時間の分布を用いたウェザールーチングの長期的経済評価、日本船舶海洋工学会講演会論文集、 第12 号、pp.11-14、2011
26.津波による船体運動の時系列解析、日本船舶海洋工学会秋季講演会論文集(CD-ROM)、第13号、pp.1-4、2011
27.輸送の三原則を統合した国際海上輸送システム創出の研究概要―Ⅴ.、日本船舶海洋工学会講演会論文集、 第13 号、pp.293-294、2011
28.東日本大震災の大津波による船舶の被害状況の調査、日本船舶海洋工学会講演会論文集、 第13 号、pp.295-298、2011
29.AIS データを用いた大津波警報発令時における船舶の避泊行動に関する調査研究、日本船舶海洋工学会講演会論文集、第13 号、pp.299-300、2011
30.国際海上輸送の安全性・効率性から見た貨物船の運航性能に関する研究、日本船舶海洋工学会講演会論文集、第13 号、pp.303-306、2011 輸送の三原則を統合した国際海上輸送システム創出の研究、平成23年度研究成果報告書、P341、2011
その他多数有り
所属学会 日本航海学会、日本船舶海洋工学会、日本土木学会、日本沿岸域学会、日本流体力学会、日本機械学会
趣味 読書、音楽鑑賞、園芸
教育・研究について 若い頃は海洋学・海洋工学「海の波」、中年の頃は船舶海洋工学・航海学「船舶数値流体力学」、最近は海上輸送の安心・安全、経済性、環境保全を統合した「国際海上輸送システム」の研究をしています。狭い分野にとらわれない、文理融合の総合的な研究です。それぞれの研究は個別でなく、太い幹で繋がって、枝葉と広がっています。最近、教育・研究とは、尽きることなく、無限に広がるものと感じています。その結果、一度興味を持つと、途中で抜けられなくなります。
受験生にひとこと 大学における教育・研究は無限に広がる世界です。できるだけ早く、自ら興味あるテーマを探す努力をして、それを深化させると、人生至極の充実感が得られます。我々は君たちをサポートします。
フリーメッセージ 目先の狭い視野で物事を考えるのでなく、これからはグローバルな文理融合の世界に対応して、活躍する社会人に育ってください。


学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス