教員紹介

金 哲雄

教授 Professor

金 哲雄 (KIM,Chul-Woong)
最終出身学校・学位 大阪府立大学大学院経済学研究科
博士(経済学)(大阪府立大学)
主な担当科目 経済史Ⅰ、欧米経済史、経済史特論、外国文献研究、研究指導Ⅰ、研究指導Ⅱ
専門分野
(現在の研究課題)
欧米経済史(ユグノーの経済史的研究)
アジア経済史(マックス・ヴェーバーの宗教社会学と韓国経済史)
キーワード 近代資本主義、プロテスタンティズム、儒教、移住

詳細情報&メッセージ

主要著作・論文 <著書>
1.『経済史へのアプローチ 改訂増補版』(単著)大阪経済法科大学出版部、2009年
2.『経済史へのアプローチ』(単著)大阪経済法科大学出版部、2004年
3.『ユグノーの経済史的研究』(単著)ミネルヴァ書房、2003年
4.『在日朝鮮人―歴史・現状・展望―』(共著)明石書店、1999年
5.『国際経済史』(共著)ミネルヴァ書房、1996年
6.『経済史―西と東―』(共著)泉文堂、1991年
7.『朝鮮の歴史と現状』(共著)緑蔭書房、1988年

<論文・書評等>
1.「デンマークにおけるユグノーの役割」大阪経済法科大学『経済学論集』第40巻第2号、2017年3月
2.書評 内田日出海・谷澤 毅・松村岳志編『地域と越境―「共生」の社会経済史―』『社会経済史学』第81巻第4号、2016年2月
3.「移民史とユグノーの経済活動」大阪経済法科大学『経済学論集』第38巻第2号、2015年3月
4.「オランダのユグノー印刷・出版業と『文芸共和国』」大阪経済法科大学『経済学論集』第37巻第2号、2014年3月
5.「マックス・ヴェーバーから見た韓国資本主義」大阪経済法科大学『経済学論集』第36号第2号、2013年3月
6.「ロンドンにおけるユグノーの国際ネットワーク」大阪経済法科大学『経済学論集』第35卷第2号、2012年3月
7.「韓国プロテスタンティズムにおける儒教の影響」大阪経済法科大学『経済学論集』第34巻第1号、2010年12月
8.「プロテスタンティズムと韓国資本主義」大阪経済法科大学『経済学論集』第33巻第1号、2009年12月
9.「『東アジア共同体』をめぐっての論議」大阪経済法科大学『経済学論集』第32巻第2・3号合併号、2009年3月
10.「韓国におけるマックス・ヴェーバー研究の歴史と現状」大阪経済法科大学『経済学論集』第32巻第1号、2008年12月
11.「西村孝夫著『イギリス東インド会社史論―イギリス東インド貿易及び貿易思想史への序論―』を再読する」大阪経済法科大学『経済学論集』第31巻第2・3号合併号、2008年3月
12.「韓国資本主義における儒教の歴史的根源―家産官僚制、家族制度を中心に―」大阪経済法科大学『経済学論集』第31巻第1号、2007年12月

<学会報告・学術講演等>
1.「EU(欧州連合)の歴史から何を学ぶか―「東アジア共同体」構想と関連して―」 大阪経済法科大学土曜市民講座、2016年1月23日
2.「フランスの図書館と私の研究」私立大学図書館協会関西地区相互利用担当者連絡会、大阪経済法科大学、2014年年9月16日
3.「東アジア共同体と環境問題―酸性雨、原発を中心に―」大阪経済法科大学21世紀社会研究所環境研究会、大阪経済法科大学、2011年12月20日
4.「マックス・ヴェーバーと韓国資本主義」第20回ニューパラダイム研究会、大阪府立大学経済学研究科、ナンバサテライト教室、2011年8月27日
5.「経済史から見た環境問題―「東アジア共同体」と関連して―」大阪経済法科大学21世紀社会研究所環境研究会、大阪経済法科大学、2010年12月7日
6.「西村孝夫先生を偲んで―西村孝夫『私の研究ノート』(『経済史―西と東―西村孝夫 先生古希記念論文集』泉文堂、1991年)の再読と私の研究―」大阪府立大学経済史研究会、大阪府立大学、2007年8月23日
7.「朝鮮王朝(李朝、1392―1910年)時代の反儒教的商業思想」大阪経済法科大学アジア研究所「国際ワークショップ」パネルディスカッション、大阪経済法科大学、2006年2月4日
8.「在日朝鮮人の経済活動―差別・規制を乗り越えて―」関西学院大学人権問題講演会、関西学院大学、1993年10月28日
9.「Economic Activities of Zainiti Koreans(在日朝鮮人の経済活動)」Association for Korean Studies in Europe 16th Conference(ヨーロッパ韓国学学会・第16回大会)、ドイツ・ベルリン、1993年4月19日
10.「??? ???? ??????(ウェーバーの儒教観と韓国資本主義)」第2回朝鮮学国際学術討論会、中国・北京大学、1988年8月25日
11.「亡命ユグノーのイギリス産業における役割」社会経済史学会第56回大会、同志社大学、1987年5月23日
12.「ユグノーとフランス初期資本主義―17世紀を中心に―」社会経済史学会近畿部会、神戸大学、1985年4月20日
所属学会 社会経済史学会、政治経済学・経済史学会、関西フランス史研究会
趣味 スポーツ観戦、音楽鑑賞、散策
教育・研究について 経済と宗教との関係、ユグノーなどの移民の経済的役割、最近では韓国経済、「東アジア共同体」に関心をもっている。学生に感動を与えることができる授業にしていきたい。
受験生にひとこと 本学で君の潜在的能力をフルに発揮させてください。
フリーメッセージ 時にはスローライフの大切さも忘れないでください。


学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス