副専攻

情報副専攻

情報をどう使いこなすかが、いま、社会全体を解くカギ。

ビジネス社会での活躍に不可欠な情報活用力を磨くため学内環境を整備。

モノが価値を持つ時代から、情報が価値を持つ時代への移行が進む現在。これからのビジネスの現場では、情報の価値を認識し、さまざまなツールを用いてフル活用できる人が新しい流れをつくっていくとも言われています。大阪経済法科大学ではこのような社会に対応したスキルを培うため、情報収集からレポート作成、プレゼンテーションまで、日常的な研究・学習にコンピュータを存分に活用できる環境を整えています。もちろん就職活動やクラブ、ゼミ仲間とのやり取りなどにも用いることが可能です。また、情報副専攻での学びを通じてさまざまな情報関連資格の取得も支援しており、より深いレベルでシステムについて理解することができます。

多彩なプログラムと充実した情報システム環境。 未経験から社会で通用するIT人材へ着実にステップアップ

1年次から始まる「情報スキルプログラム」で基礎を習得。情報系資格やさらに高度な情報活用力を養成し、次代のビジネスを作り出す情報スキルを備えたIT人材を育成します。

1年次 情報スキルプログラム

パソコン操作からコンピュータシステムの基礎までを習得

「情報リテラシーA・B」「ハードウェア論」「ソフトウェア論」「ネットワーク論」「情報システム論」を受講。ICTの基礎知識と基本スキルを習得します。

2年次 情報スキルプログラム

ハード、ソフト、ネットワークを総合的に理解。情報系資格にもチャレンジ

2年次には、「情報科学演習」を受講。ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークを総合的に理解します。また、情報処理技術者の基礎スキル習得の証として、「ITパスポート試験」にもチャレンジします。

3年次・4年次

資格取得や特別プログラムでさらに技能を磨いていく

「ITパスポート試験」合格後は、「プログラミング実践」「データベース実践」などの情報関連科目を受講して、情報スキルを向上します。また、情報設備の整った専用ルーム「ICTラボ」で、Webサイトの運営やシステム開発、新しいITビジネス企画など、実践的な情報スキルを積むことも可能。「MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)」「基本情報技術者」などの資格にチャレンジする道もあります。

広がるキャリア

情報知識やスキルを身につけたIT人材として企業に就職。独立の道もひらける

プログラマ、システムエンジニア、Webデザイナー等として企業に就職。企業の情報部門に勤務したり、業務の現場で情報化推進を担う人材を目指すことができます。また、ITビジネス起業家、ITコンサルタントなどの道も開けます。

情報・経営情報分野カリキュラムについて

社会インフラとしての浸透目覚ましい情報通信技術(ICT:Information & Communication Technology)は、もはや企業・組織の活動において必要不可欠なものとなっています。現在、社会で活躍するためには、ICTを活用して付加価値のある知識や情報を生み出していく能力が必要となっています。本学では、情報・経営情報分野において、ICTを活用するための知識やスキルを習得する、さまざまな科目やプログラムを開講・実施しています。

情報・経営情報分野カリキュラムの説明



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
KEIHO OPEN CAMPUS 2016