副専攻

環境副専攻

環境問題に対する正しい知識と意識を養い、持続可能な社会をつくる。

多角的な側面から地球環境の現状を理解し、持続可能な社会づくりを担う環境リーダーを育成します。体験プログラムを重視したカリキュラムで、確かな意識と高い実践力を育みます。また、環境の専門知識を学修し、一定の環境知識を認定する「eco検定(環境社会検定試験)」にも挑戦することが可能です。

1・2年次からスタートする正課授業で基礎をマスター

1年次には、必須科目の「環境論」「地球と環境」「環境と社会」を履修。地球環境への理解を深めます。
2年次には「資源・エネルギーと環境」「環境と経営」など、より専門性の高い科目を受講。
多角的な視点で環境を考える力を養っていきます。

体験型プログラムで実践に学ぶ

総合科目で開講している各科目で環境問題の実態、環境問題と経済・社会の関わり、環境問題をめぐる世界の動きなどを学び、環境と共生する持続可能な社会づくりのための具体的な行動について考えます。また、環境フィールドスタディや環境演習などの体験型プログラムで、確かな意識と高い実践力を育み、幅広い環境知識の持ち主であることを認定する「環境社会検定試験」の合格をめざします。

広がるキャリア

総務担当、CSR担当、土地開発担当、都市計画担当等として幅広い企業に就職。各自治体の地域・環境部門担当者、環境NGO/NPO職員などへの道も開けます。

資格チャレンジ eco検定
正式名称は、「環境社会検定試験®」。合格者は、「エコピープル」と呼ばれ、各企業や自治体、NGO/NPO職員団体、一般市民として、環境と経済を両立させた社会作りへの貢献が期待されています。就職活動でのアピールポイントにもなります。
スタディ・ポイント 環境フィールドワーク
大阪府八尾市の環境NGO団体「環境アニメイティッドやお」との連携を通じて学ぶ、体験・実践スタイルの授業です。活動内容は、絶滅危惧種・ニッポンバラタナゴの飼育・保護、廃棄物問題に関わるボランティア活動など多岐にわたります。


学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
KEIHO OPEN CAMPUS 2016