法律学科

ビジネス ローコース

ビジネス法とマネジメントを学び、企業の管理運営能力を身につける。

将来の活躍フィールド

1企業の営業・企画・管理部門 2金融・保険・証券会社不動産会社 3税理士、社会保険労務士

法律知識を活かして幅広い業界へ。

取引の際の契約書や保険約款などを読み解くための基本的な法律知識をはじめ、どのような企業においても、営業や企画などでの日常業務の中で生かせる法律知識は数多くあります。

資格の取得がキャリアアップに直結。

ビジネス関連の法知識に加え、FP技能検定や宅地建物取引主任者などの資格が生かせる業界です。資格講座を通じて資格を取得すれば、社会での信用度も高まり、より質の高い仕事ができるでしょう。

資格を有する専門職として企業経営をサポート。

法律の高い専門知識を身につけ、資格講座も活用することで、税理士や社会保険労務士の資格を取得。それぞれの分野のエキスパートとして、企業内でも、企業を顧客とする税理士事務所などでも活躍できます。

コースと連携するプログラム

BLP ビジネスリーダープログラム

法知識をビジネスの第一線で発揮するための実践力を養成。

BLPでは、高度なビジネス理論やスキルを修得するとともに、企業との連携によるプロジェクト型学習などに積極的にチャレンジ。正課授業で学んだ法知識を、実際のビジネスの場で発揮する実践力を磨くことができます。

コースの特長

法律とともに経済・経営を学び、ビジネスでの実践力を養う。

法律の知識を生かし、幅広いビジネス界での活躍をめざすコースです。法律の基本科目に加え、ビジネスに関連する法の知識を修得し、企業活動への理解を深めます。また「経法相互乗り入れ制度」により、経済学部の科目も履修。法学と経済学・経営学をあわせて学ぶことで、法学的な観点からビジネス活動を見通し、課題解決に取り組める力を養います。

税理士や社会保険労務士などをめざす「専門職モデル」。

税理士、社会保険労務士、FP(ファイナンシャル・プランナー)、宅地建物取引主任者など、専門の資格を持つスペシャリストとして、民間企業の法務・人事部門、経理・情報部門での活躍をめざす履修モデルが「専門職モデル」です。資格試験合格を目標に、六法科目をはじめとするさまざまな専門知識を修得しつつ、めざす資格に応じた学修を進めます。

幅広い業界で活躍できるビジネスと法知識を学ぶ「企業人モデル」。

「企業人モデル」は、将来、幅広い分野の企業で営業や企画職として働きたいと考えている人のための履修モデルです。さまざまな法律について、「担保」「保証」「代理」など、実質的なビジネス法律用語と照らし合わせながら学修。契約書や保険約款などの文書の読解力を養うとともに、企業経済ニュースを読み解き、ビジネスに役立つ力も身につきます。

資格取得も、就業力アップも。めざす将来に合わせてサポート。

法知識を実務に生かせるビジネスパーソンとして、さらにスキルアップを望む学生へのバックアップ体制も万全です。エクステンションセンターの資格講座では、税理士や社会保険労務士、FP、宅地建物取引主任者などの資格試験対策を実施。また、BLPでは高度なビジネス理論や実践スキルを修得でき、リーディングカンパニーなどへの就職の可能性を広げます。

学びTOPICS

1 契約書が読めないと苦労する?

例えば賃貸マンションに住む時など、学生でも契約書にふれる機会はあります。「長くて読むのが面倒」「読んでもよくわからない」などと言っていては、自分に一方的に不利な契約を交わすことになるおそれもあります。こうした契約書を読み解くには、法律の基礎知識を学び、用語について正しく理解することが一つのポイントになります。企業で仕事に取り組む中でも、当たり前のように登場する契約書。法律を学び、しっかりと読みこなす力を、ぜひ身につけてください。

2 倒産したはずの会社が活動を続けているのはなぜ?

大きな会社が経営破綻した、というニュースが流れたのに、その会社がずっと活動を続けているのに疑問を感じたことがありませんか? これは、民事再生法や会社更生法などの法律が適用されてのこと。
企業が倒産すれば、取引先や従業員など、多くの人々にマイナスの影響が及びます。もし存続できる可能性があるならば、影響をできるだけ少なくし、再生できる方法を追求するほうが社会にとって有益、と判断されてのことです。

科目モデル

※科目名称等は一部変更となる場合があります。



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス