法学部

法曹コース

法の正義を実現する「法律のプロ」をめざす。

法治国家である日本では法律が社会を支えていますが、社会構造が複雑化するなか、法曹三者(弁護士、裁判官、検察官)や司法書士、行政書士といった法律専門家の役割は年々高まりをみせています。

このコースでは、法と政治についての高度な専門知識を身につけ、正義と公平を旨とするリーガルマインドをもって、現代社会の法的諸問題と課題を解決する「法律のプロ」を育成します。いずれのモデルも、多彩な専門科目を通して、あらゆる課題に対応できる幅広い視野と教養、深い専門知識、ものごとを論理的に考える思考力や読解力・分析力を養成。専門的なテーマを追求していく演習や特講の授業では、応用力を伸ばすことが可能です。またSコース「法職講座」と正課授業との連携も強化し、4年間で体系的な学習を進める体制を整えています。

履修モデル

ページの先頭へ戻る

法科大学院進学モデル

法曹三者(弁護士、裁判官、検察官)を志す人に。
基礎からの徹底指導、Sコースとの連携で、法科大学院進学をめざす。

主な進路
裁判官、検察官、弁護士

準法曹モデル

司法書士、行政書士、裁判所事務官など、法律・行政の専門職へ。幅広い専門知識を身につけ、将来の目的に応じた試験対策もサポート。

主な進路
司法書士、行政書士、裁判所事務官、企業の法務担当

コースの特徴

ページの先頭へ戻る

「法科大学院進学モデル」「準法曹モデル」の2つの履修モデルで法のプロをめざす。

法律知識を駆使して法の正義を実現する、法のスペシャリストとしての知識やスキルを修得する法曹コース。このコースには、裁判官や検察官、弁護士になるために法科大学院(ロースクール)への進学をめざす「法科大学院進学モデル」と、司法書士や行政書士、裁判所事務官などをめざす「準法曹モデル」の2つの履修モデルを設置しています。

いずれも多彩な専門科目や演習を通じて、あらゆる課題に対応できる幅広い視野とリーガルマインドを身につけることが目的です。さらにスペシャリストとしての法律の高度な専門知識の習得に加え、徹底した文章・思考トレーニングにより、物事を論理的に思考して本質をとらえる力や読解力、分析力、そして豊かな表現力や社会性も育んでいきます。

基礎力だけでなく演習や特講で応用力アップ。 Sコース「法職講座」と連動し、難関受験にも対応。

法制度の骨格をなす、憲法・民法・刑法・商法(企業法)・民事訴訟法・刑事訴訟法の六法を学ぶことが中心となります。基礎力を身につけた上で、「法律がどのように適用され、問題解決に活かされるのか」を、過去の判例に基づいて考察。

法律は様々な解釈が可能なため、多角的な視点や深い洞察力、さらには法律の歴史や時代に沿った道徳観をふまえ、いかに正しく解釈できるかが重要です。テーマを追究していく演習や特別講座では、応用力も伸ばします。

また、Sコース「法職講座」との連携により、正課の授業に加え、難関国家試験受験に即した実践的な対策が行えます。

科目モデル

ページの先頭へ戻る



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス