法学部

国際関係コース

リーガルマインドと国際的な素養を磨き、世界へ。

グローバル化する現代社会では、国際的に活躍する場合はもちろん、国内企業で働く場合も国際法や国際政治学、国際取引法などの専門的な知識が求められます。国際関係コースでは、国際的な専門知識と豊かな国際感覚を身につけ、海外または国内で、世界を見据えた仕事や、国際問題に実践的に取り組むことができる人材を育成します。

めざす進路は、国際機関やNGO職員、あるいは国内外の企業におけるグローバルビジネスなど。世界が舞台となる進路ですから、法の精神に基づくリーガルマインドに加えて、外国語能力の修得や外国文化の理解が重要です。「国際法」「国際人権法」「国際政治学」「海外フィールドスタディ」といった主要科目や、より高度な発展科目を履修し、世界に通用する知識と思考力を養います。

履修モデル

ページの先頭へ戻る

国際公共モデル

国際関係の法学・政治学を体系的に学び、世界の諸問題と課題に取り組める国際公共人に。

主な進路
国際機関、NGO職員、外交官、通関士、自治体の国際交流担当

国際ビジネスモデル

グローバルビジネスでの活躍をめざし、法律と経済を世界的な視野で学ぶ。

主な進路
商社、貿易業、外資系企業、企業の国際法務担当

コースの特徴

ページの先頭へ戻る

「国際公共」「国際ビジネス」2つの履修モデルで世界をめざす。

「国際公共モデル」では、将来、国際機関やNGO職員、国や地方公務員として国際交流を担当するなど、国際公共的な職業にたずさわることをめざし、日本と世界の法と政治、国際問題、人権、環境など、広い範囲の専門知識を学びます。

グローバルビジネスでの活躍をめざす「国際ビジネスモデル」では、将来のキャリアを見据え、企業取引法や国際経済法などグローバルビジネスに関連の深い法律を中心に学びます。いずれの履修モデルも、基礎的科目から発展科目へと順次的・系統的に展開する学びを通して、国際関係に関する法学・政治学を体系的に学修し、これによって、リーガルマインドをもって、現代社会の国際的諸問題と課題を解決できる力を養うことをめざしています。

リーガルマインドと高い外国語能力を身につけ、国際関連の資格取得もめざす。

まずは「国際法Ⅰ」「国際人権法」「国際政治学」「NPO論」「海外フィールドスタディ」などの専門基本科目を履修。「国際法特講」「政治学特講」「企業法特講」「英米法政論」「中国法政論」「EUの法と政治」「英書購読」などの特色ある発展科目へと学びを深めつつ、演習での調査・整理・報告・討論等を通じて、国際関係に関する法学・政治学に関する学力の総合的発展を図ります。

また、このコースでは、どちらの履修モデルでも、高い外国語能力の修得や留学体験が重要で、TOEIC(R)など外国語関連資格もバックアップ。さらなるスキルアップをめざす人には、国際ビジネス関連資格をめざす人のためのエクステンション講座や、Sコース「大学院進学」との連携も強化しています。

科目モデル

ページの先頭へ戻る



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス