法学部

公務員コース

社会の秩序を守り、「公」に奉職する、行政の担い手として。

ひとくちに「公務員」といっても多様な種類がありますが、「一般行政職」と「警察官・消防官」に大別されます。公務員コースでは、この大別に対応して、二つの履修モデルを用意しています。

「一般行政職モデル」は、国や地方自治体の行政機関で市民のための行政機能を担う公務員です。行政法などの法律専門知識をはじめ、経済学を含めた幅広い知識を身につけると同時に、公務員に求められる行政的センスおよび高い倫理観を培います。「警察官・消防官モデル」は、市民生活の安全と社会秩序の維持を担う公務員です。高い精神力と倫理観、そして強靭な体力が求められます。

このコースでは、Sコース「公務員講座」との連携も強化しながら、「公」のために貢献する高い正義感と行動力を身につけ、公務員をめざします。

履修モデル

ページの先頭へ戻る

一般行政職モデル

「国家Ⅱ種」「地方上級」の公務員採用試験合格を目標に幅広く学修を進める。

主な進路
国家公務員、地方公務員

警察官・消防士モデル

憲法・民法・刑法・行政法を基本に、幅広い知識を学び、公務員に必要な素養を磨く。

主な進路
警察官、消防官

コースの特徴

ページの先頭へ戻る

市民全体の視点で行政を担う素養を、希望進路に応じた2つの履修モデルで育む。

「一般行政職モデル」では、国や地方自治体の行政機関の担い手となることをめざし、公務に求められる法律知識をはじめとする様々な専門知識を習得します。警察官や消防士をめざす「警察官・消防士モデル」では、これらの職務に必要な憲法・民法・刑法・行政法などの知識を中心に学習。また、どちらの履修モデルでも経済学など幅広い知識を身につけ、公務に携わる上で欠かせない倫理観・価値観も養います。

さらに演習等を通じて、「問題があればその対象の構造をとらえ、根幹の問題点を把握し、解決に導く」といった、実践的な課題発見力や解決力を養成。公職としての意識を高め、国や地域を支える公務員としての素養に磨きをかけていきます。

Sコース「公務員講座」とも連携した、公務員採用試験合格をめざす体系的な学習。

「憲法総論」「民法総則」「行政法Ⅰ・Ⅱ」「地方自治の法と政策」「刑法総論」などの専門科目のほか、公務員採用試験に関わる知識を共通教育科目で履修。「数的推理(数の性質)(確率と図形」「判断推理(論理)(図形)」「文章理解Ⅰ・Ⅱ」「資料解釈」といった科目や演習では、公務員に求められる分析力や判断力を身につけることができます。
また、「経法相互乗り入れ制度」による「地域生活と経済」「社会政策総論」などの学修は、より深く広い視野を磨くためにも有益。
さらにSコース「公務員講座」と正課授業との連携も強化しており、4年間で体系的な学習を進めます。「国家公務員採用Ⅱ種試験」「地方公務員上級採用試験」「警察官採用試験」「消防官採用試験」といった難関試験合格をめざし、きめ細やかにサポートできる体制を整えています。

科目モデル

ページの先頭へ戻る



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス