経済学部

開講科目

経済学部専門教育科目・学科基礎科目

経済学基礎 「経済学」に触れ、世界と日本の現状を経済学の視点から理解する 大島 真理夫、杉山 裕、谷花 佳介、中村 悦広
経済学基礎(編入生クラス) 「経済学」に触れ,世界と日本の現状を経済学の視点から理解する 中村 悦広
経営学基礎 ①経営とはどのような営みか
②企業とは何か
③経営におけるコスト計算
荒木 康代、北田 真紀、関 隆教、能塚 正義、引地 夏奈子
経営学基礎(再) 経営者の「思考」と「行動」からみる経営学 山路 崇正
法学基礎 経済学部1年生のための法学入門 岩村 等、金 泰明、大久保 紀彦

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・学科共通科目

ミクロ経済学Ⅰ 部分均衡分析の基礎 朱 東平
ミクロ経済学Ⅰ 市場のはたらきをを理解する 谷花 佳介
ミクロ経済学Ⅰ(Essential) 専門科目を学ぶための基礎を養うミクロ経済学 西 淳
ミクロ経済学Ⅱ 部分均衡分析から一般均衡分析へ 朱 東平
ミクロ経済学Ⅱ 効率的な資源配分について理解する 谷花 佳介
マクロ経済学Ⅰ 景気を回復させて、雇用や賃金を改善させる政策は何か。 G・バルダス
マクロ経済学Ⅰ 財・サービス市場に関する理解を深め、その需給均衡について学習する。 鈴木 遵也
マクロ経済学Ⅰ(Essential) 専門科目を学ぶための基礎を養うマクロ経済学 西 淳
マクロ経済学Ⅱ 財政政策と金融政策の効果 G・バルダス
マクロ経済学Ⅱ マクロ経済学における3つの市場の同時均衡のもとでの政策効果を学習する。 鈴木 遵也
社会経済学Ⅰ マルクス『資本論』を通して学ぶ資本主義の矛盾と革新性 山垣 真浩
社会経済学Ⅱ マルクス『資本論』を通して学ぶ資本主義の矛盾と革新性 山垣 真浩
経済史Ⅰ 経済史の理論 金 哲雄
経済史Ⅱ アジアを中心とした世界経済史 大島 真理夫
日本経済論Ⅰ 1990年代初頭までの戦後日本の経済成長を支えてきた,この国に特有の経済のあり方を考える 杉山 裕
日本経済論Ⅱ 「バブル崩壊」以降における日本経済の変容 杉山 裕
経済統計学Ⅰ 経済学のための統計学(1) ~ 記述統計の基本 ~ 井上 勝雄
経済統計学Ⅱ 経済学のための統計学(2) ~ 推測統計の基礎 ~

井上 勝雄
経営学総論Ⅰ 経営の実態を知り、企業とは何か、良い企業とはどのような企業か、企業の、そして企業における労働について考える 能塚 正義
経営学総論Ⅱ 経営学は企業の研究から組織の研究へと発展した。 経営学総論Ⅱでは、 経営学総論Ⅰを受けて、ドラッカーのマネジメント論を理解し、次いで組織とは何かについて、アメリカ経営学の業績から考察し、経営学総論のまとめとして経営者の役割について考えます。 能塚 正義
ビジネス統計学Ⅰ ビジネスの現場で使える記述統計学の初歩(単変量の分析)
深瀬 澄
ビジネス統計学Ⅰ(Essential) 仕事に役立つ統計学の基礎を学ぶ 中村 悦広
簿記論Ⅰ 商業簿記の「基礎的な考え方」と「その計算実践」を学習します。 髙橋 敏朗
簿記論Ⅰ(Essential) 専門科目を学ぶための基礎を養う簿記・会計 山根 陽一
簿記論Ⅱ 商業簿記の「基礎的な考え方」と「その計算実践」を学習します。 髙橋 敏朗
経済と民法 民法を知って経済に強くなる 田中 嗣久

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・経済理論

厚生経済学 パレート効率性を理解したうえで、政府部門の役割を経済学的に分析する。 鈴木 遵也
公共経済論 政府部門の活動を制度的に理解し、経済学を用いて理論的な側面から分析する。 鈴木 遵也
計量経済学Ⅰ 経済統計の計量分析 井上 勝雄
計量経済学Ⅱ 経済統計の計量分析 井上 勝雄
景気循環論 戦後日本経済と景気循環 宮本 良成
経済数学Ⅰ 一変数関数の微分法とその経済学への応用 森澤 理之
経済数学Ⅱ 多変数関数の微分法を習得して経済学の最適化問題を解く 森澤 理之
経済学特別講義 情報経済論
谷花 佳介

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・経済史

日本経済史Ⅰ 日本の経済近代化を可能にした歴史的前提条件の考察。およびその後の日本アジアで占めた位置(否定的面を含む)を規定した諸条件を考察する。 瀧澤 秀樹
日本経済史Ⅱ 近代(産業革命以後)の日本経済史。日本帝国主義の歴史的性格。 瀧澤 秀樹
欧米経済史 欧米における近代資本主義経済発展の歩み 金 哲雄

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・経済政策

経済政策論 ミクロ経済学の理論で、経済政策を評価する 中井 英雄
経済政策論応用 マクロ経済学の理論をマクロ経済政策に応用する。 中井 英雄
産業組織論(独占) 独占市場における企業行動の分析 前鶴 政和
産業組織論(寡占と競争) 寡占市場における企業行動の分析 前鶴 政和
環境経済学(理論) 「環境問題の経済学」、「〈環境問題と経済〉の学」 長沼 進一
農業経済論 今日の世界と日本の食料問題と日本の農業の現状について考える 江尻 彰
協同組合概論 日本の生活協同組合と農業協同組合(JA)の発展と課題 江尻 彰
地域経済 地域の「宝」をベースに地域経済の内発的発展について学ぶ 鎌倉 健
地域生活と経済 地域とつながる中小企業の経営革新 徳丸 義也
経済地理Ⅰ 産業の立地再編と地域変容-第1・2次産業を事例に- 安倉 良二
経済地理Ⅱ 産業の立地再編と地域変容-都市および第3次産業(サービス・商業・流通)- 安倉 良二
都市経済 日本の都市形成過程における経済的変容と都市政策との関連 三重 遷一
交通概論 現代経済における交通・運輸の把握と分析:<地域社会と交通政策> 松澤 俊雄
地域デザイン論Ⅰ 地域社会の現状把握と課題を見出す 髙橋 慎二
地域デザイン論Ⅱ 地域社会の課題の解決方法を探る 髙橋 慎二
経済政策特別講義 本講義の目標は、国際経済的視点からの日本経済のマクロ経済的理解であり、主要な経済的イシュー(=論点)をめぐってマクロ経済論を論じていく。 田畑 理一

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・財政・金融

財政学(財政と制度) 財政学の制度と理論-財政の機能、公共財の供給 粂井 淳子
財政学(経費と租税) 財政学の制度と理論-租税論の基礎と各論,理論と方法- 粂井 淳子
地方財政論Ⅰ 地方財政の役割と地域の経済厚生 粂井 淳子
地方財政論Ⅱ 地方財政の制度と課題 粂井 淳子
金融論Ⅰ 金融システムと資金循環 長沼 進一
金融論Ⅱ 家計部門と企業部門のファイナンス 長沼 進一
金融政策論 金融政策の理論と効果 長沼 進一
地域金融論 地域金融の全体構造把握 高砂 謙二

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・国際経済

国際経済学 国際貿易の基礎理論と貿易政策の効果 宮本 良成
国際経済学 グローバル経済としての国際経済の理論的・制度論的諸問題について基本的理解をはかりつつ講じる。
田畑 理一
世界経済論 世界経済論というものは本来世界の経済秩序について論じるものであろうが、世界の主要国、各国について考察する中から世界経済の秩序、その歴史と現状について考察する。その意味では、世界経済論を各国経済論の積み重ねとその総括と考える。 田畑 理一
世界経済論 戦後新しく編成された世界秩序と世界経済の構造的変化 梁 官洙
国際金融概論 国際金融の基礎の総合的理解 森中 由貴
国際金融システム論 国際金融システムの基礎の総合的理解 森中 由貴
発展途上国経済論 戦後発展途上国の成長構造とグローバル化の中での発展展望 梁 官洙
開発経済論 第二次世界大戦終了後の世界における新たな工業化。新興工業国登場の背景。グローバリズムと国民経済 瀧澤 秀樹
アジア経済概論 東アジアの経済成長の構造と展望 梁 官洙
中国経済論Ⅰ 中国経済発展の歴史的概観 木下 英雄
中国経済論Ⅱ 戦後日中経済関係の歴史と現代中国経済の諸側面 木下 英雄
韓国経済論Ⅰ 戦後(1945年8月15日以後)韓国経済の再建と初期工業化 梁 官洙
韓国経済論Ⅱ 経済開発計画の成果と問題 梁 官洙
アメリカ経済論 アメリカ経済の構造変化、それに対応する形で行われた経済政策を経済理論の観点から理解する。 谷花 佳介
ヨーロッパ経済論 常識的にはヨーロッパは西ヨーロッパのことを指しているが、実は中東欧(チェコ、ポーランドなど)およびロシア、ウクライナなどのCIS諸国も含まれる。従って、本講義では、EUとロシア・CISを扱うことになる。
本講義では、ヨーロッパ文明の源流から説き起こし、市民革命と産業革命を経てからのヨーロッパ世界の成立(19世紀)以後の政治、経済を講義する。
田畑 理一
国際経済特別講義 〈国際経済特論〉 戦後世界政治経済システムの成立と変化、東アジア経済発展の構造とグローバル経済システムの変化と展望について 梁 官洙

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・社会政策

社会政策 働く人々の労働と生活を守る社会政策(労働政策・社会保障政策)について学ぶ。 荒木 康代
労働経済学 仕事(労働)を経済学的に理解するための理論と,日本における働き方の現状を学ぶ 杉山 裕

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・経済学史

経済学史Ⅰ 経済学の歴史を学ぶことで、経済学の基本的な考え方を理解することがテーマです。 西 淳
経済学史Ⅱ 主に、マルクス、マーシャルとケインズの学説を通じて、経済学を学ぶ。 西 淳
社会思想 近代市民社会における「自由」と「公共」 北西 正人

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・経営学

経営組織 モチベーション、リーダシップ、カルチャーのの組織理論 崔 潤鎔
経営組織 個と組織のマネジメント 藤村 佳子
経営管理論Ⅰ 現代企業の構造、戦略、文化 崔 潤鎔
経営管理論Ⅰ アメリカ経営管理の形成と発展 坂本 清
経営管理論Ⅱ 現代企業の構造、戦略、文化 崔 潤鎔
経営管理論Ⅱ 日本的経営と現代の経営管理 坂本 清
労務管理論Ⅰ 組織のなかの人間行動を学ぶ 山路 崇正
労務管理論Ⅱ 働くことを管理するための制度と理論を学ぶ 山路 崇正
企業論Ⅰ 企業とは何か?;企業は誰のものか? 宮本 良成
企業論Ⅱ 企業とは何か? 宮本 良成
近代経営史 現代社会の成り立ちをビジネスの歴史から読み直す 崔 潤鎔
経営戦略論(企業戦略) 企業戦略の全体的な特徴や理論を理解すること 関 隆教
経営戦略論(事業戦略) 事業戦略の主要な理論や概念を理解すること 関 隆教
ベンチャービジネス論 成長ステージごとの実際と課題 髙橋 慎二
中小企業政策論 中小企業を主人公に日本の経済社会を考える 髙橋 慎二
中小企業経営論 働く場としての中小企業を考える 荒木 康代
経営工学概論 企業の生産活動に関連する基礎的手法への興味と実践力を培う。
市橋 秀友
コーポレートガバナンス論 企業の社会的責任とガバナンス 崔 潤鎔
国際経営概論 日本企業の国際経営をテーマに、刻々変化する国際ビジネス環境、企業の現状や課題、今後の動向について学びます。 仙波 慶子
経営学特別講義 〈経営学特論〉 経営学に関する基礎的知識の習得 髙橋 敏朗
経営学特別講義 〈経営学特論〉 企業のグローバル化に対応できる、「求められる人材」になろう 仙波 慶子

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・商学

流通産業論 流通を構成する産業や企業についての事例研究、現代の商業や流通の仕組みについての考察 杉林 弘仁
流通システム論 社会・経済・市場のなかで流通の果たす役割とは何か、商業や流通の仕組みについての考察 杉林 弘仁
消費者行動論 消費者の行動について、消費欲望、購買意思決定、マーケティングと消費者の相互作用、ブランド、広告、コミュニケーション、顧客満足について考える。 河野 公洋
市場戦略論 マーケティング戦略の競争側面からの考察と、企業経営の理解。 今光 俊介
マーケティング概論 マーケティングの基礎理論の理解 関 隆教
マーケティングリサーチ 経済・経営・社会調査のための「多変量解析」
深瀬 澄
広告心理論 広告作成のワークを通じた、コミュニケーション力及びプレゼンテーション力の養成 石川 靖之
社会心理学 人間社会の仕組みを理解し、社会心理学的な視点とはどのようなものかを学ぶ。 笹井 惠子
製品開発論 実践的グループワークを通じた、マーケティング能力の養成 石川 靖之
ホスピタリティ論 ホスピタリティの内容を深く理解し、実践する 矢島 正枝
観光論 観光現象の学問的理解 石本 東生
国際観光論 国際観光の動向と観光政策、観光まちづくりの発展・課題を把握する。 石本 東生
貿易論(貿易基礎) 外国為替と貿易の基礎 高砂 謙二
貿易論(貿易実務) 貿易実務の基礎 高砂 謙二
外国為替 外国為替と国際通貨制度…歴史、理論、現状 荒井 敏男
証券論 証券投資の基礎 長沼 進一
銀行論(銀行制度) 日本の銀行制度の実態把握 高砂 謙二
銀行論(銀行政策) 日本の銀行政策の実態把握 高砂 謙二
信用金庫論 地域金融の実態把握 高砂 謙二
保険論 リスク社会と保険(秋季集中講義9/5~9、保険業界寄附講座、大学コンソーシアム大阪単位互換科目、市民公開授業) 深瀬 澄
ファイナンシャル・プランニング ファイナンシャル・プランニングの基礎知識 藤原 久敏
現代産業論 業界再編が進展する現代産業において、業界を研究し、いかに働くかを考える
荒木 康代
国際ビジネス論  国際ビジネスの現場から学ぶ。 崔 潤鎔
ビジネスプレゼンテーション ビジネスで活用できるプレゼンテーション能力を習得する。 廣本 寿夫

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・会計学

初級簿記 商業簿記の基礎的な考え方の学習、計算実践。
日商簿記検定3級合格を目指します。
山根 陽一
初級簿記 商業簿記の基礎的な考え方の学習、計算実践。
日商簿記検定3級の合格を目指します。
岡野 彩可
初級簿記 日商簿記検定3級の取得を目指すために必要な最低限の簿記技能の習得 久多里 桐子
中級簿記 商業簿記の中級論点の学習、計算実践。平成28年2月に実施される日商簿記検定2級取得を目指します。 岩田 志郎
中級簿記 商業簿記の中級論点の学習、計算実践。平成28年2月に実施される日商簿記検定2級取得を目指します。 岡野 彩可
工業簿記 2月に実施される日商簿記検定試験2級合格に向けた、工業簿記・原価計算の基礎学力の構築と検定試験対策。 北田 真紀
工業簿記 日商簿記検定試験2級合格に向けた、工業簿記・原価計算の理論と手続きの学修および検定試験対策。 山根 陽一
上級簿記 日商簿記検定1級レベルの商業簿記を学ぶ。 引地 夏奈子
会計学Ⅰ 財務会計に関する基本的知識の習得 向山 敦夫
会計学Ⅱ 財務会計に関する基本的知識の習得 向山 敦夫
財務会計 会計処理の理論的背景の学習
山根 陽一
管理会計 管理会計の基礎を学ぶ 引地 夏奈子
原価計算 日商簿記検定試験1級の合格に向けて、工業簿記・原価計算の応用分野を学修します。 北田 真紀
税務会計Ⅰ 法人税法の基本論点と計算を学習します。 南 武博
税務会計Ⅱ 法人税法の基本論点と計算を学習します。 南 武博
会計監査 監査の基本を学習 髙橋 敏朗
経営分析Ⅰ 財務諸表分析に関する基礎的知識の習得 向山 敦夫
経営分析Ⅱ 財務諸表分析に関する基礎的知識の習得 向山 敦夫
会計学特別講義Ⅰ 〈会計学特論Ⅰ〉 会計学の基礎の習得 髙橋 敏朗
会計学特別講義Ⅱ 〈会計学特論Ⅱ〉 会計学の基礎の習得 髙橋 敏朗

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・経営情報

経営情報概論 企業経営における情報システムの役割とその活用方法を学ぶ 市橋 秀友
情報管理概論 現代社会における情報管理の方法と役割を学ぶ 呉 志賢
情報処理論(基礎理論) ビジネスで使えるExcel活用 岩見 真希
情報処理論(テクノロジ) ビジネスで使えるAccess活用 岩見 真希
情報処理論(マネジメント) 現代企業の経営とICTの活用に関する先進事例の解説・討議を行い、現状の仮題、今後の方向に関して検討を行う。
学習方法は、事例紹介(ビデオ等)・講師による解説と仮題提起から、グループワーク・全体発表を行う。最後に、講師によるフィードバックを行う。
廣本 寿夫
情報処理論(ストラテジ) 現代企業の経営におけるICTを活用した競争戦略に関する先進事例の解説・討議を行い、現状の仮題、今後の方向に関して検討を行う。 廣本 寿夫
情報セキュリティ 情報モラルと情報セキュリティ 岩見 真希
eビジネス論 e-ビジネスをキーワードに、21世紀に成功・成長するビジネスを鳥瞰し、グループで新規ビジネスを創造するために必要なノウハウを修得します。(幅広いビジネスモデルを理解すると共に、新しいビジネスを創造するために必要となる視点・観点とノウハウを習得する。「e-ビジネス論」では、新規ビジネスを企画する時に必要とする基礎ノウハウを修得します。
廣本 寿夫
eビジネス実践 21世紀に成功・成長するビジネスを鳥瞰し、グループで新規ビジネスを創造するために必要なノウハウを修得します。
(幅広いビジネスモデルを理解すると共に、新しいビジネスを創造するために必要となる視点・観点とノウハウを習得する。)
「eビジネス論」に引き続き、「eビジネス実践」では、実際に新規ビジネスモデルを企画し、プレゼンテーションを実施します。
廣本 寿夫

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・統計学

ビジネス統計学Ⅱ ビジネスの分析に Excelの「分析ツール」を使いこなす 深瀬 澄

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・体験型学習

経営実践Ⅰ まちづくりの事業企画と実践 服部 正志
経営実践Ⅰ 学習と調査そしてプロジェクトの企画実践 徳丸 義也
経営実践Ⅰ プロジェクトを通じた経営学の実践的学修 関 隆教
経営実践Ⅱ まちづくりの事業企画と実践 服部 正志
経営実践Ⅱ 学習と調査そしてプロジェクトの企画実践 徳丸 義也
経営実践Ⅱ プロジェクトを通じた経営学の実践的学修 関 隆教
地域フィールドスタディ まちの魅力発見とグループワークによる情報収集、プレゼンテーション 服部 正志
地域フィールドスタディ 地域活性化の手法やその問題点を、ケース・スタディとディスカッションによって学びます。 楠瀬 航
地域フィールドスタディ 都市における小売商業の業態と立地について考える 徳丸 義也
海外フィールドスタディ 1. 海外体験型集中コース(夏季、春季休業期間中どちらかに開講)
  ①ニュージーランド・オークランド及び周辺
  ②マレーシア・バンギ及び周辺
  ③韓国・ソウル及び周辺
  ④中国・延吉及び周辺
  ⑤ネパール・ボカラ及び周辺
  ⑥ミャンマー・ヤンゴン及び周辺
  ⑦ベトナム・ハノイ市及び周辺 
2. 国際学生交流セミナー(毎年8月中旬の約2週間)
菅原 絵美、赤城 永里子、梶村 美紀、伍 躍

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・専門外国語科目

Practical Business EnglishⅠ ビジネス実践英語, TOEIC 吉川 真理子
Practical Business EnglishⅡ ビジネス実践英語Ⅱ ― 基本から応用まで 横山 香奈
Practical Business EnglishⅢ ビジネス実践英語Ⅲ―応用編 横山 香奈
Economic Issues in EnglishⅠ 英語による経済・経営事情の学修 呉 志賢
Economic Issues in EnglishⅡ 英語による経済・経営事情の学修 呉 志賢
Global Business Communication 各国のビジネス事情と、大学生の職業観を英語で理解し、語る。 宋 南先
Global Strategic Management 戦略経営論の基礎を日本語と英語で学ぶ 松下 幸史朗
Business Economics 英語でマクロ経済と企業の経営の関係を勉強しよう。 G・バルダス
Financial and Investment Analysis 英語で株価・債券・投資リスク・貸出市場・利子率などについて勉強する G・バルダス
Japanese Economy 英語で日本経済の現状と将来の見通しについて勉強しよう。 G・バルダス
中国経済事情 中国語で中国経済を知ろう 朱 東平
韓国経済事情 戦後韓国経済発展過の構造とNIEs型成長の明暗 梁 官洙
外国書講読A 英文を通して現代社会と人間を理解する

神谷 明
外国書講読A フォード自動車会社と大量生産システムの形成 坂本 清
外国書講読B 英文を通して現代社会と人間を理解する 神谷 明
外国書講読B 科学的管理法の本質と諸結果 坂本 清

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・法学

経済と憲法 現代の経済問題と憲法および法 森 征樹
経営と法 経営に関連する法の全体把握 高砂 謙二

ページのTOPへ

経済学部専門教育科目・インターンシップ関連

インターンシップ(学外研修) インタ-ンシップ(就業体験学習)を通じて社会、働く意味、そして自分を知る。 深瀬 澄
海外インターンシップ 米国(カリフォルニア州マセッド/サンディエゴ)、中国(上海、天津)、韓国(ソウル)、タイ(バンコク)、ベトナム(ホーチミン)、マレーシア(クアラルンプールあるいはバンギ)の企業、学校などでの就業体験、ヨーロッパ(フランス、イタリア)での商品買い付け業務などうを内容とするインターンシッププログラムです。 裵 龍

ページのTOPへ

■技能資格の単位認定については、「単位認定制度」のページをご覧ください。



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
KEIHO OPEN CAMPUS 2016