経済学科

総合政策コース

政策立案能力を身につけ、企業や自治体で活躍する。

将来の活躍フィールド

1公務員 2中学校・高校の社会科教員 3企業の企画・営業・管理部門

公共の福祉のために、経済学の知識を生かす。

経済学的な思考方法から、よりよい社会を築く施策を立案・推進する、公共の福祉などに携わる行政の担い手としての活躍が期待されます。Sコース「公務員講座」により、採用試験対策にも取り組めます。

社会のあり方を紐解き、次代の担い手へと伝える。

社会の問題を見通す力を、教育の場で発揮。教職課程を選択することにより、中学校・高等学校の社会科教員免許状を取得でき、さらに「教員採用試験対策講座」により、採用試験合格に向けたサポートを無料で受けられます。

社会動向を見極め経営戦略に反映。

経済情勢や政策の動向を見通せる力を、ビジネス活動を円滑に進めるための戦略や施策に役立てることもできるでしょう。経営企画や営業企画、営業管理、営業推進など、さまざまな部門で活躍できます。

コースと連携するプログラム

Sコース「公務員講座」

公務員採用試験合格をめざし、入学時より準備をスタート。

1年次の「公務員基礎講座」から、3年次以降の「国家一般・地方上級講座」まで、体系的・段階的に公務員採用試験対策に取り組む体制を整備。コースでの学びと連携しながら、早期から着実に準備を進めていくことができます。

コースの特長

社会が抱える諸問題を経済学の観点から追究。

近年の日本では経済分野の専門家の力が必要とされる問題が増え続けています。雇用の回復、経済格差と貧困の解消、成長牽引産業の創出、人口の高齢化対策、子育てと仕事を両立させるための仕組みづくり、環境との調和。総合政策コースでは、経済学的な観点からこれらの課題を深く掘り下げ、解決に導いていくための力を養います。

現実の問題について対策や社会的影響を学修。

経済の知識や経済学的な思考を学んだ上で、現実にあるさまざまな問題とその対策について学びます。具体的には、物価や雇用の安定および環境との調和を保ちつつ経済成長を図る「経済政策」、働く人の権利を保障するとともに老若男女すべての人々の生活保障を図る「社会政策」などについて、その内容と社会的影響への理解を深めます。

行政やビジネスに生かせる経済学的な思考を修得。

このコースでは、経済学の知識とともに経済学的な思考方法をマスターし、その視点から現実の諸課題に取り組める実践力を養います。将来は、公共の福祉のために活躍できる公務員、中学校または高校で社会科教育に従事する教員、経済情勢や政策を見極めつつ企業で企画・管理・営業といった職域で活躍できるビジネスパーソンなどがめざせます。

社会での実践力を育てる学外での体験学習プログラム。

社会の問題に対し、実際に足を踏み出して取り組めるアクティブな人材を育てるための体験型学習プログラムを充実させています。学外に出て、地域社会や実業界の人々と交流を図りながら、実際の問題解決に挑戦。調査や分析、施策の企画・立案など、楽しく体験しながら学びとることで、社会で通用する実践的な課題解決力と行動力を養います。

学びTOPICS

1 女性の管理職がまだまだ少ないのはなぜ?

諸外国と比較して、日本では女性の管理職は決して多いとは言えません。男女雇用機会均等法により、女性の社会進出を妨げる障害はなくなったはずなのに、なぜなのでしょう? 原因として考えられるのは、これまで単に女性の労働条件の規制緩和だけ進めてきた政策。そのため近年では「本当に男女が同じ雇用機会を手にするには、男性側の労働条件も見直さなければ」といった動きが活発化しつつあります。例えば、実際に女性の管理職が数多く誕生している企業では、男性社員の育児休暇など、先進的な取り組みが見られます。より有効な政策をつくり出すためには、一方向からだけではなく、さまざまな角度から課題を見極めることが重要なのです。

2 社会の高齢化が進むと年金がもらえなくなるって?

ニュースなどで、日本人口の高齢化が進むことで、年金制度に支障が出るという話を聞いたことがあると思います。日本の年金制度は、働いてお金をよりたくさん稼ぐことができる若い世代の人たちからお金を集め、お年寄りにそのお金を分配する、という社会全体での助け合いの仕組みとして成り立っています。しかし高齢化が進んで若い人が減ると、集まるお金は少なくなり、お年寄りに分配するお金が不足するという事態に陥りかねないのです。この問題を解決するために、どのような観点を持って、どのような施策が必要か等についても、このコースで学ぶことができます。

履修モデル

※科目名称等は一部変更となる場合があります。



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス