経済学科

グローバル経済コース

世界の潮流を読み、語学力とグローバル社会で活躍する力を身につける。

将来の活躍フィールド

1商社、貿易業 2企業の海外部門、外資系企業 3外務公務員、NGO職員

世界の市場動向を見極め、利益向上につなげる。

地球規模での経済の動きを見通し、各国のマーケットに精通する人材として、国際間での商取引の活躍が期待されます。もちろん、外国語でのコミュニケーション能力も存分に発揮できます。

国境を感じさせないビジネス活動を展開。

語学力や異文化への理解力、国際経済や国際ビジネスの知識を生かして、例えば「海外に赴任し、現地人のスタッフと協力しながら、赴任先でのビジネスを推進する」といった職務を担うこともできます。

国際経済学の知識を世界の課題解決のために。

Sコース「公務員講座」を活用し、外務公務員をめざすことができます。また、NGOなどで国際経済の専門知識や高度な語学力を発揮し、世界が抱える諸問題に立ち向かうこともできるでしょう。

コースと連携するプログラム

GCP グローバルキャリアプログラム

国際ビジネスでの活躍をめざし、語学力や実務能力を高める。

ネイティブの講師による少人数での英語授業や、グローバルビジネスのプロセスを実体験しながら学べるプロジェクト型体験学習を展開。グローバルビジネスにおける実践力を身につけたい学生のためのプログラムです。

コースの特長

グローバル社会で求められる国際経済学の知識を学ぶ。

現代は国境を越えた「グローバル経済の時代」。一つの国の経済事件が、翌日あるいは当日のうちに世界中のマーケットに影響を与えます。そんな時代の経済活動に欠かせない、国際経済学の専門知識と異文化に対する理解力を養成。地球規模でのマーケットの働きをふまえた経営や貿易など、グローバル社会における企業活動についての知識も身につきます。

外国語での専門科目の講義で、実践的な語学力を修得。

グローバル社会での経済活動において、語学力に優れた人材の重要性は高まる一方です。このコースでは、外交や国際ビジネスなどで活躍できる人材を育成するため、外国語での経済学・経営学の講義科目も開講。ネイティブの教員による英語や中国語などの講義を通じて、ビジネスでも通用する高度な語学力と専門知識を同時に高めることができます。

国際的な経済活動における課題解決力を養う。

国際経済の仕組みや動きを理解するための経済学・経営学、さらには国際法・国際政治など、多様な学びを実践。経済学の基礎から、体系的に国際経済・経営・貿易まで、幅広い専門知識を修得し、グローバル社会における環境汚染や貧困・開発などの問題及び企業活動のさまざまな課題を見極め、柔軟に対応し、解決へと導くための力を育てます。

異文化理解力や国際感覚を、国際交流体験を通じて養う。

実践的な運用能力を修得できる、体験型の語学学習プログラムも充実。海外フィールドスタディなど、実際に日本を離れて異文化の中で体験学習に取り組むプログラムを通じて、外国語での実践的なコミュニケーション能力を身につけるとともに、グローバル人材としての豊かな国際感覚や異文化に対する理解力を、体感から養います。

学びTOPICS

1 カップラーメンの値上がりと、世界の経済の動きとの関係って?

数年前にインスタントラーメンが一斉に値上がりするなど、近年、食品の値段が上昇傾向にあることに気づいている人は少なくないでしょう。背景には、小麦などの原材料価格の世界的な高騰があります。原因は、新興国での需要拡大、世界各地での自然災害、食品市場への投機資金流入など、様々な要素が入り組んでのこと。世界の動きは、私たちの食卓にもつながっているのです。グローバル経済を学ぶことで、そのメカニズムを解明し、解決策を探っていく力を養うことができます。

2 企業や経済の発展は、環境問題を悪化させる?

環境問題は全世界のテーマ。経済活動を優先するあまりに、工場からCO2や大気汚染物質を多量に排出するといった行為があれば、どの国の会社であっても世界中から問題視されます。一方で、近年では欧州などを中心にCO2の排出権取引の制度化が進められ、企業の自発的な環境保全への取り組みも顕著化。
環境保全と経済活動は必ずしも相反するものではなく、実は環境保全のための取り組みがコスト削減と生産性向上につながるものでもあるのです。

履修モデル

※科目名称等は一部変更となる場合があります。



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス