経済学部

総合政策コース

経済学的観点から現代を読み解き、社会課題の解決に取り組む。

経済学の専門知識を駆使して公共の福祉の実現や社会課題の解決をめざす人材を育てるコースです。地球環境、少子高齢化、財政再建、地域活性、格差解消、資源エネルギー問題など、現代社会の急務とされる諸問題はすべて経済活動の枠組みの中で起こっています。

総合政策コースでは、経済の基礎的な知識や経済学的な思考を学習した上で、それらを活かして「経済政策」「産業政策」「社会政策」「地域政策」といった各種政策に向き合い、その社会的影響を学びます。同時に、学びを行動につなげる力を磨くため、学外に出て活動する体験型学習を実施。地域社会や実業界の人々と交流を図りながら実際の問題解決に挑戦する機会をもち、社会で通用する実践的な課題解決力と行動力を養います。

主な進路
公務員、中学・高校の社会科教師、企業の企画・営業・管理部門

教育の特色

ページの先頭へ戻る

  • 「経済学」を中心に学ぶコース。
  • 経済に関する知識や経済学的な思考を修得するための専門科目。
  • 様々な経済問題とそれに対する取り組みの内容およびその社会的影響を学ぶための専門科目。
  • 市民、実業界の人々と交流しながら問題を解決する体験型学習のプログラム

コースの特徴

ページの先頭へ戻る

現代社会をとりまく様々な経済の問題を、経済学の視点から分析し、解決する力を養う。

経済における課題が山積している、現代の日本。雇用の回復、経済格差と貧困の解消、成長牽引産業の創出、人口の高齢化対策、子育てと仕事を両立させるための仕組みづくり、環境との調和、国と地方自治体の財政再建。これらの課題を解決していくため、政府・地方自治体、産業界、さらにはNPOを含む地域の有志などが、様々な取り組みを進めています。

総合政策コースでは経済学的な観点からこれらの課題解決に取り組める人材を養成。公共の福祉のために活躍できる公務員、中学校または高校で社会科教育に従事する教員、経済情勢や政策を見極めつつ企業で企画・管理・営業といった職域で活躍できるビジネスパーソンなどをめざすコースです。

学外での体験型学習プログラムの充実により、社会での実践力と行動力を備えた人材を育成。

経済の知識や経済学的な思考を学んだ上で、現実にある様々な問題とその対策について学習。具体的には、物価や雇用の安定および環境との調和を保ちつつ経済成長を図る「経済政策」「産業政策」、働く人の権利を保障するとともに老若男女すべての人々の生活保障を図る「社会政策」、国と政策との関わりのなかで地域固有の問題に取り組む「地域政策」などについて、その内容と社会的影響を学びます。

さらにこうした問題に対し、実際に足を踏み出して取り組めるアクティブな人材を育てるための体験型学習を充実。学外に出て、地域社会や実業界の人々と交流を図りながら実際の問題解決に挑戦することで、社会で通用する実践的な課題解決力と行動力を養います。

科目モデル

ページの先頭へ戻る

授業TOPICS

ページの先頭へ戻る

地域の企業や市民の方々と交流しながら、
社会の成り立ちや問題について
自ら考え、行動することで、学び取る授業。

「地域フィールドスタディ」では、大学の外に出て、実体験を通じて社会への理解を深める授業を実践。周辺の中小企業や工場を訪問したり、八尾市の自然や歴史にふれる催しに市民の方々とともに参加したり、といった取り組みを行っています。
例えば企業訪問の場合、事前に学生たちはその企業と業界の歴史や現状を研究し、「決して規模は大きくない会社だが、市場に対してどんな強みを持っているのか?」「どんな課題を抱えているのか?」などと自身で考え、訪問時に見学や質問を通じて考察。そして大学に戻ったあと、PowerPointで報告資料を作成し、どんなことが学べたかを発表しあう、という授業を展開しています。実社会にふれ、自ら考え、行動することで、社会での実践力がおのずと身につく授業です。

准教授 / 山垣 真浩

教授 / 山垣 真浩

教員紹介



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス