経済学部

会計・ファイナンスコース

世界共通のビジネス言語「会計」を学び、金融分析の専門家に。

会計・ファイナンスのスペシャリストをめざすコースです。経営学、商学を軸に企業の経営活動の理解を深めるとともに、企業におけるお金の動きを会計とファイナンスの視点から考え、企業活動を読み解く能力、経理・財務や金融の実務能力を養います。経済学・経営学と簿記の知識をもとに企業の資金活動について会計報告、資金調達、資金運用等の観点から専門的に学ぶ科目群の開講とともに、金融業界から実務家を招いた実務関連科目を複数開講。会計ファイナンスの基礎となる簿記を正課授業とSコース(会計職基礎講座)を通して1年次から集中的に学習し、1年次の終わりには日商簿記検定の2級合格をめざすと共に、正課授業とSコース「会計職講座」「税理士講座」の連携を通じた難関試験受験サポートにも注力しています。

主な進路
企業の経理・財務部門、金融機関、公認会計士、税理士

教育の特色

ページの先頭へ戻る

  • 「会計」と「ファイナンス」を中心に学ぶコース。
  • 1年次から専門教育を開始し、1年次に日商簿記検定2級合格を目標としたカリキュラム。
  • 講義科目で学んだ知識を実践する体験型学習プログラムの設置や、金融業界から実務家を招いた実務関連科目の開講。
  • 最難関国家試験(公認会計士・税理士)に対応したバックアップ体制。

コースの特徴

ページの先頭へ戻る

経営学、商学を軸に企業の経営活動を深く理解し、経理・財務や金融にかかわる実務能力を養う。

銀行や証券会社などの金融・保険業界のみならず、近年の企業では会計・ファイナンス部門の重要性が増す一方にあります。会計・ファイナンスの知識は企業経営と直結する専門知識であり、財務会計を学べば、企業や自治体などの活動を読み解き、課題解決に導く大きな力になると言えるでしょう。

会計・ファイナンスコースでは、経済学の基礎素養をもとに、経営学、商学を軸に企業の経営活動の理解を深めます。そして会計報告、資金調達、資金運用など、特に企業における資金活動について、会計とファイナンスの観点から学習し、企業活動を読み解く能力、経理・財務や金融の実務能力を養成。実社会で即戦力となる、高度な専門スキルを持った人材を育てます。

1年次より就職活動に備えてキャリア意識を高め、公認会計士・税理士など難関資格取得にも挑戦。

会計・ファイナンスの基礎となる簿記を、正課授業とSコース「会計職基礎講座」を通して1年次から集中的に学習。1年次の終わりには日商簿記検定の2級合格を目標としています。また全学的な取り組みの中、1年次よりキャリア意識を高め、就職活動に備えたキャリア関連演習を履修。経済学・経営学と簿記の知識をもとに、企業の資金活動について、会計報告・資金調達・資金運用等の観点から専門的に学ぶ科目群とともに、金融業界から実務家を招へいした実務関連科目を複数開講しています。さらに会計専門職をめざす学生には、正課授業「会計学特別演習」とSコース「会計職講座」「税理士講座」を通じて、難関国家資格試験合格に向けたサポート体制を整えています。

科目モデル

ページの先頭へ戻る

授業TOPICS

ページの先頭へ戻る

製品を作るのにどれだけのお金がかかるのか?
実践レベルでの工業簿記を学ぶ授業。

「簿記実践Ⅲ」の授業では、日商簿記検定2級の資格試験合格に向けた、工業簿記を学習します。主に取り組んでいるのは、製造業における原価計算。製品を作るのにどれだけの原価が必要か、具体的なケースから問題を解き、学生自身が解説をする、といった実践的な学びを実施しています。
ユニークなのは、出席をとる方法。毎回宿題が出され、その宿題と授業で出された問題、このニ点を授業の終わりに提出することで、初めて「出席」と見なされます。厳しいと感じる学生もいるようですが、そうした学生一人ひとりの習得レベルを見極め、これに応じたきめ細やかな個別指導が行われるため、学生たちは高いモチベーションを保ち続けています。

准教授 / 山根 陽一

准教授 / 山根 陽一

教員紹介



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス