経済学部

ビジネスマネジメントコース

企業経営を見通せる、創造的ビジネスリーダーを養成する。

経営的観点で物事を考え、企業経営に必要な分析・判断力と行動力を身につけるコースです。このビジネスマネジメントコースでは、経済学・経営学の専門知識を学ぶと同時に、「経法相互乗り入れ制度」を活かして社会と企業に関する法的枠組みを学習。経済と経営、そして法律との相乗効果により、包括的かつダイナミックに社会を牽引する、創造的ビジネスパーソンをめざします。

また、企業や地域社会の協力のもと、実際に現実の課題を解決するプロセスを経験し、生きた経済を学ぶ体験型学習を実施。あわせてICTアドバンストプログラムを選択履修することで、有益なコンピューター関連資格合格のためのスキルも身につけることができます。

主な進路
企業の企画・営業・管理部門、起業家、経営者

教育の特色

ページの先頭へ戻る

  • 「経営学」を中心に学ぶコース。
  • 企業経営と経営学的思考を修得するための専門科目。
  • 「経法相互乗り入れ」制度によるビジネス法務を学ぶための専門科目。
  • 市民や実業界の人々と交流しながら問題を解決する体験型学習のプログラム。

コースの特徴

ページの先頭へ戻る

経営上の問題点を捉え、戦略を立案できる、創造的ビジネスパーソンとなるための素養を磨く。

ビジネスマネジメントコースでは、経営学を中心に学ぶことで、ビジネスの課題に創造的で柔軟に対応できる思考方法と、プレゼンテーション能力等の実務技能を養成。経営学の専門知識に加え、「経法相互乗り入れ制度」によりビジネス法務も学び、社会と企業に関する法的枠組みについての理解も深めます。

また、あわせてICTスキル・プログラム(Information, Communication & Technology skill)を選択履修することによって、企業活動で役に立つコンピューター関連資格の合格のために必要な技能を獲得することができます。企業行動の目的や影響、課題について多角的に学ぶことで、経営上の問題点を捉え、戦略を立案できる、創造的なビジネス実務家がめざせます。

地域社会や企業と交流しながら課題解決する、ビジネスプロセスの体験型学習も実施。

経営戦略、マーケティング、ビジネス法務、ICTスキルなど、身につけた専門知識を、ビジネスの場でどう発揮することができるのか。これを実体験し、身をもってビジネスプロセスが学べる、体験型学習プログラムを豊富に用意しています。企業や地域社会の方々と交流しながら、課題を抽出、分析し、解決策を企画立案して、実践する。こうした体験を通じて、企業活動や起業に必要な意思決定能力や問題解決能力を培います。経営学の視点から現実の諸課題を分析し、諸問題に取り組めるアクティブな人材を、机上の論理だけでなく、体験をともなった学習によって育成。将来、企業でリーダーシップを発揮したい人や、経営者や起業家になりたい人のためのコースです。

科目モデル

ページの先頭へ戻る

授業TOPICS

ページの先頭へ戻る

商店街活性化というテーマに向け、
学生たちが実際の店舗企画・運営に挑戦。

「経営実践」では、学生たちがベンチャービジネスを立ち上げ、経営を実体験する授業を行っています。2010年度には、地元の瓢箪山商店街の方々の協力を得て、「商店街活性化に向け、新たな店舗を企画し、実際に出店する」という課題にチャレンジしました。
学生たちで意見を出し合い、現地マーケティング調査や業態の検討を重ねる授業風景は、企業の企画戦略会議そのもの。リーダーシップをとる学生は「社長」と呼ばれ、上級生の「社員」に対しても、時には厳しく自らの経営方針を訴えかけます。店舗運営を経験した学生たちからは「想定していたより来客が少なかった」「コスト管理の難しさがわかった」といった声が次々にあがるなど、失敗から学べたことも多かったようです。

講師 / 高砂 謙二

准教授 / 高砂 謙二

教員紹介



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス