Active Management.
経済学部 経営学科
FACULTY OF ECONOMICS
Department of Business Administration

経営学科の特長OVER VIEW

多彩な企業との協働プロジェクトで生きた経営学とビジネスを学ぶ。

「BLP特別演習」の起業・ビジネスクラスでは、企業との協働プロジェクトによる課題解決型の体験学修を展開。市場調査を行い、調査結果を分析して課題を抽出し、これを解決する広告やプロモーションイベントを企画して企業に提案。そして当日のイベント運用まで行うなど、実際のビジネスプロセスを体感するなかで、生きた経営学を学んでいます。

多彩な企業との協働プロジェクトで本格的にビジネスを体験。

BLP珈琲プロジェクトメンバーと東大阪市に本社がある
田代珈琲株式会社と協働で開発した「田代珈琲ぷりん」。

▲八尾市の伝統文化「河内木綿」の製品化に現代的発想で取り組み、世界に発信するなど、地域活性化を目標とする「河内木綿プロジェクト」。写真はウクライナの学生との交流会で藍染の伝統文化体験を行ったときの様子。

▲「ポップコーンパパ」を経営する(株)Dreamsと提携し、八尾市の特産品「八尾えだまめ」味のポップコーンを開発。「子供も大人も笑顔に」というコンセプトで企画された。

「真田幸村博」に山路ゼミが参加。
仕入れから販売まで学生たちが実践。

大阪市の天王寺公園で行われた「真田幸村博」に山路ゼミが参加。同ゼミでは第1回目のイベントから活動を続けており、5回目となった今回は真田幸村グッズのブース販売を担当しました。学生たちは自ら地元企業に連絡して商品の仕入れを交渉したほか、原価や売価、販売数量などCVP分析(損益分岐点分析)を行い事前準備。当日は担当ごとに販売、会計、イベント会場巡回の役割をこなしイベントの成功に一役買いました。

Sコースと連携した会計学特別演習で公認会計士・税理士をめざす。

公認会計士や税理士をめざす学生が数多く受講している「会計学特別演習」。国家資格試験の受験対策指導を行うSコース「会計職講座」と連携し、この演習では会計の役割について本質的な理解を深める理論の研究や、企業分析、プレゼンテーション等の社会での実践スキルの修得に取り組んでいます。例えば、自分が興味を持った企業について、有価証券報告書を読み込み、財務状況を調査・分析し、発表。資格試験だけでなく、あらゆるビジネスシーンで発揮できる知識や能力が身につきます。

コースと連携した会計学特別演習で公認会計士・税理士をめざす。

税理士(森永会計事務所 勤務)

在学中の資格取得やゼミでの学修が、卒業後の全学科合格につながった。

税理士をめざすと決めたのは大学4年生のとき。日商簿記検定2級を取得し、会計学のゼミで「財務諸表論」を学んでいたことで到達した決断でした。だから税理士試験に絞った学修は卒業後の開始です。専門用語に戸惑うことも少なく着実に全科目合格できたのは、大学時代に培った基礎のおかげです。現在、税理士として日々の業務に携わりながら、週2回大阪経済法科大学で非常勤講師を務めさせてもらっています。担当は日商簿記3級対策「初級簿記」の授業。単に目先の正解だけではなく、問題の背景から理解できる授業を心掛けています。

岡野彩可さん 2011年3月 経済学部卒業/大阪桐蔭高校出身

岡野 彩可 さん

2011年3月 経済学部卒業 / 大阪桐蔭高校出身

経営学×グローバル。国際ビジネスと英語を学び幅広い進路へ。

「Global Business Communication」をはじめとする、国際的な視野で経営学を学ぶ科目が充実。国際的なビジネス感覚と英語力を身につけることで、将来の進路選択の幅が大きく広がります。インターナショナルな企業で働くことを目標にする私は、さらに実力をつけるため、ニュージーランドへの1セメスター言語留学に挑戦しました。

森井 美咲 さん経済学部 経営学科2年生 / 大阪府 四條畷学園高校出身

広告やショップ経営などの分野での活躍をめざすなら、
消費者心理を学ぼう。

消費者の欲望や消費者に対する企業のアプローチについて学ぶ授業が「消費者行動論」。
「なぜブランドものを欲しがるのか?」「流行とは?」「効果的な広告とは?」など、心理学的な考察も取り入れ、理解を深めます。

広告やショップ経営などの分野での活躍をめざすなら、消費者心理を学ぼう。



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス