Active Management
経済学部 経営学科
FACULTY OF ECONOMICS
Department of Business Administration

会計ファイナンスコース ACCOUNTING AND FINANCE

会計・財務・金融の実務能力を養い、公認会計士など高度専門職も視野に。

企業の資金活動が、国境を越えてグローバルに行われる現代。会計や簿記は、今や世界共通のビジネス言語といって差し支えありません。このコースでは、会計報告・資金調達・資金運用など、企業の資金活動について会計とファイナンスの観点から学修。企業活動を読み解く力を養うとともに経理・財務・税務の実務能力を身につけ、金融・保険業界のみならず、あらゆる業界で活躍できる会計・ファイナンスのスペシャリストをめざします。

  • 金融業界
  • 企業の
    経理・財務部門
  • 公認会計士
  • 税理士

関連する資格

  • 公認会計士
  • 税理士
  • ファイナンシャルプ・ランニング技能検定
  • ビジネス会計
  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト
  • 証券外務員

会計ファイナンスコースの特徴

01 企業経理や金融業界で活かせる力を
会計とファイナンスの観点から養う。

会計報告、資金調達、資金運用など、特に企業におけるお金の動きについて、会計とファイナンスの観点から学び、企業の経営活動を読み解く能力を養成。さらに体験型学修プログラムや、金融業界から実務家を招いての実務関連科目などを通じて、経理・財務や金融の高度な実務能力を養います。

企業財務論 企業財務論

企業財務論

資産設計の提案を行う、ファイナンシャル・プランニングに必要な「お金の知識(教育・住宅・老後の資金、社会保障、年金、保険、金融商品、税金など)」について学びます。

経済統計学 経済統計学

経済統計学

企業価値の向上にもつながる、企業の財務戦略について学修。資金の調達・運用や資本構成問題、投資の意思決定方法、企業の評価方法などへの理解を深めます。

02 ICTを駆使した企業分析を通じて
会計専門職に必要な実践力を養う。
ICTを駆使した企業分析を通じて会計専門職に必要な実践力を養う。 消費者行動論

「会計学特別演習」では、学生が興味を持った企業の財務情報を調べ、アクティブラーニング教室のICT設備を駆使してプレゼンを実施。学んだ知識を活かして実在する企業を分析し、社会でも活用されるICTツールで発表を行うなかで、より高いレベルの会計スキルと実践力が磨かれます。

03 公認会計士・税理士の資格取得を
Sコースとの連携で徹底サポート。

公認会計士・税理士といった国家試験合格をめざす学生には、Sコース「公認会計士講座」「税理士講座」でそれぞれ高度な専門教育と試験対策指導を徹底。正課授業でも、実践的な講義を展開し、難関突破を力強くバックアップします。

大学の授業では、簿記を修得するだけでなく、その知識を活用して、企業の活動や財務状況を読み解く方法なども学べます。また、Sコースの会計職講座も受講し、実践的な試験対策に取り組んでいます。積み重ねた学修は目標達成の自信になりました。

大平 夕さん

公認会計士短答式試験 合格 大平 夕さん 2014年3月 経済学部 卒業 高知市立高知商業高校出身

履修モデル

履修モデル

履修モデル一覧を見る

※この表は2015年度入学生のカリキュラムに基づいて作成したものであり、内容は一部変更となる場合があります。

履修系統図



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
KEIHO OPEN CAMPUS 2016