経営学科

グローバルビジネスコース

国際ビジネスと英語を学び、企業の国際展開に求められる能力を身につける

将来の活躍フィールド

1商社、貿易業 2企業の海外部門、外資系企業 3旅行・観光会社、ホスピタリティ産業

語学力や国際関連知識を国際間の商取引で発揮。

国境を越えて売買契約を交わすビジネスには、外国語でのコミュニケーション能力や国際ビジネス知識が不可欠。さらに国際政治などの幅広い知識が、海外の取引先やマーケットについての理解を深める上で強みとなります。

国籍の異なる仲間とビジネス活動を推進。

企業の海外部門や外資系企業では、外国人の同僚や取引先とビジネスを進めることが当たり前。語学力や異文化への理解力、国際ビジネス知識などは、そうした中でリーダーシップを発揮できる力につながります。

世界に精通したサービスの担い手に。

ビジネス実践力や語学力、国際情勢を見通せる力は、世界を舞台とする観光の分野でも発揮できます。また、世界のお客様をもてなすホテルビジネスなどにおいても、活躍のチャンスが広がっています。

コースと連携するプログラム

GCP グローバルキャリアプログラム

体験を通じて生きた語学力と国際ビジネスでの実践力を磨く。

ネイティブの講師による少人数での英会話講座などを通じて、生きた語学力を養成。またプロジェクト型体験学習では、実際のグローバルビジネスを想定し、そのプロセスを実体験しながら学び、ビジネス実践力を養います。

コースの特長

世界を舞台に活躍できるビジネスパーソンを養成。

現代のビジネスに、国境はありません。日本国内で多くの外資系企業がビジネス活動を展開しているように、日本の企業もまた、世界各国に進出し、ビジネスチャンスを拡大し続けています。このコースでは、グローバルビジネスの観点から経営学を学修。現代グローバル社会を舞台に活躍できるビジネスパーソンを育てます。

外国語での専門学修が、ビジネスに通じる語学力を養う。

国際的ビジネスに携わる上で、外国語でのコミュニケーション能力は欠かすことができません。このコースでは、外国語を学ぶ科目に加え、外国語での経営学の講義科目も数多く開講。ネイティブの教員による英語や中国語などの講義を通じて、ビジネスシーンでも通用する高度な語学力と専門知識を同時に身につけることができます。

経済や政治など幅広い知識から世界を見通せる力を。

経営学・経済学の基礎から、体系的に国際経済・企業経営・貿易まで幅広い専門知識を修得。そうした中で国際経済の仕組みや動き、多国籍企業の経営活動への理解を深めるとともに、国際法・国際政治なども学修し、多角的・複合的な視点から、グローバル社会における企業活動のさまざまな課題を見極める力を養います。

留学やプロジェクト型学習など、体験から学べる機会も豊富。

希望者は全員、海外協定校への留学が可能。また、企業との連携によるプロジェクト型体験学習プログラムなど、実践を通じて学ぶプログラムも充実しています。他国の学生との国際交流やビジネスプロセスの実践など、体感から楽しく学ぶ中で、生きた語学力や異文化理解力、ビジネスシーンでの実践的な課題解決力などを、着実に養うことができます。

学びTOPICS

1 スマホの普及でモバイルアプリが世界的ビジネスに成長!?

全世界でヒットした、スマートフォン用ゲームアプリ『Angry Birds』。このアプリを開発したフィンランドのロビオ・モバイル社は、もともとは小さなベンチャー企業でした。スマホの世界的な普及によって世界中にユーザーが広がり、キャラクターグッズ展開もあわせ、収益は7000万ドルに達しているとのこと。アニメ化も計画されており、今後も収益は伸び続けることが予測されています。今や大企業だけでなく、小さな会社でも個人事業でも、世界中の人々を「お客様」と考える時代が到来しているというわけです。

2 インドの家庭用テレビは、大音量スピーカー搭載!?

インドでは、音楽や映画などをとても大きな音で楽しむ人が多い傾向にあります。そこでソニーは、インドに向けて輸出する家庭用テレビとして、大口径のスピーカーを搭載したモデルを開発。この策が当たり、インドでの薄型テレビ市場でシェア1位を獲得しました。また、電気などのインフラが充分に整備されていない国には、停電時の備えとしてバッテリー付きの冷蔵庫を開発し、輸出しているメーカーも見られます。全世界共通の製品をつくるのでなく、国や地域ごとの生活習慣や気候・風土をふまえた製品をつくることも、メーカーのグローバルビジネスの重要な戦略のひとつなのです。

履修モデル

※科目名称等は一部変更となる場合があります。



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス