経営学科

会計ファイナンスコース

公認会計士など高度専門職を含め、会計・財務・金融の実務能力を身につける

将来の活躍フィールド

1企業の経理・財務部門、企業の経営管理部門 2銀行・信用金庫等の金融機関、証券・保険会社 3公認会計士、税理士

業界を問わず求められる人材として。

どのような業界においても、経理・財務・税務などの部門で、会計・ファイナンスの専門スキルが必要とされています。経営的観点で課題を分析・解決する力を発揮できれば、経営に直接関わる職域でも活躍できるでしょう。

資金計画や資産運用のエキスパートに。

専門スキルを生かし、銀行や信用金庫、証券会社、保険会社などで、顧客の資金計画や資産運用について提案やサポートする役割を担うことができるでしょう。ファイナンシャル・プランナー資格の取得も有効です。

高い専門性を発揮し、企業経営をサポート。

企業の監査やコンサルティング業務を行う公認会計士。税の専門家として、企業の税務や会計をサポートする税理士。国家資格を取得し、これらの専門職に就くという目標にも、このコースから第一歩を踏み出せます。

コースと連携するプログラム

Sコース「会計職講座」

難関国家試験合格をめざし、基礎から段階的に学修。

1年次の「会計職基礎講座」では、まず会計・ファイナンスの基礎となる簿記を集中学修。
2年次以降は「公認会計士講座」「税理士講座」でそれぞれ高度な専門教育と試験対策指導を行い、難関国家資格取得をサポートします。

コースの特長

金融・保険業界をはじめ、あらゆる企業が求めるスキル。

会計・ファイナンスのスペシャリストをめざすコースです。銀行や証券会社などの金融・保険業界だけでなく、どのような企業でも会計・ファイナンス部門の重要性は高まるばかり。会計・ファイナンスの知識は企業経営と直結する専門知識であり、財務会計を学べば、企業や自治体などの活動を読み解き、課題を解決に導く力に結びつけることができます。

1年次に日商簿記検定の2級合格をめざす。

会計・ファイナンスの基礎となる簿記を、1年次にしっかりと身につけられる体制を整えています。正課授業の簿記関連科目とSコース「会計職基礎講座」との連携により、集中的に学修。1年次の終わりには、日商簿記検定の2級合格を目標としています。資格取得は、就職活動においても自らの強みとすることができるでしょう。

経営活動を読み解く力を実務能力とともに育てる。

経営学、商学を軸に、企業の経営活動についての理解を深める学修を行いす。会計報告、資金調達、資金運用など、特に企業におけるお金の動きについて、会計とファイナンスの観点から学び、企業活動を読み解く能力を養成。さらに体験型学習プログラムや、金融業界から実務家を招いての実務関連科目等を通じて、経理・財務や金融の高度な実務能力を養います。

公認会計士・税理士の資格取得挑戦をサポート。

会計専門職をめざす学生には、2年次以降、正課科目とSコースの連携により、公認会計士・税理士といった資格試験合格のためのサポート体制を整備。正課の授業では、公認会計士や税理士、CFP(日本で取得できる最上級のファイナンシャル・プランナー資格)などの資格を持つ教員が、難関資格取得に向けた実践的な講義を展開します。

学びTOPICS

1ブランドの口紅、値段が高いのはなぜ?

百貨店で買う有名ブランドの口紅はすごく高いのに、ドラッグストアで買うセルフコスメの口紅はすごく安い。この価格の差は、材料費の違いというより、ブランドの口紅が多く費やしている広告宣伝費や研究費、人件費などのコストが価格に反映されているからなのです。いわゆる“ブランド力”に価値を見出す人は高い値段とは思わないでしょうが、こうした商品の価格が決まる仕組みを知っておけば賢い買い物ができるかもしれませんね。

2公認会計士と税理士、何がどう違うの?

この2つの職種の違いはわかりにくいのですが、税理士は「税務の専門」であり、主に税金の手続きや申告、財務諸表の作成などを行う仕事です。公認会計士は「会計監査の専門」であり、企業が公表する財務諸表が正しいかどうかをチェックする立場にあります。資格試験の内容も、税理士は税法中心なのに対し、公認会計士はさらに監査論、企業法、経営、経済などまで含む幅広いものとなっています。また、公認会計士は届出をすれば税理士としても登録可能。税理士と公認会計士を兼務するかどうかは人それぞれです。

科目モデル

※科目名称等は一部変更となる場合があります。



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス